【募集終了】小児がん経験者の方、研究のためのインタビューにご協力ください


  • [公開日]2016.06.27
  • [最終更新日]2019.03.27

本ページは北里大学大学院看護学研究科に所属する大学院生からの委託によるインタビュー募集となります。
「小児がん経験者の長期フォローアップにおける主体的な受診行動の障害となる要因」を研究テーマとし、受診行動をする際の障害となる要因を明らかにする研究を行うために、小児がん経験者の方を募集しております。
インタビューにご協力を頂いた方には謝礼をお渡し致します。

【インタビュー概要】

対 象:下記の①~⑤をすべて満たす方
① 小児がんと診断された年齢が15歳未満である。
② 小児がんと診断されてから5年以上経過している。
③ 現在、年齢が20歳以上であり40歳未満である。
④ 現在、小児がん以外の別の病気で内服や治療などの通院を必要としていない。
⑤ 現在から1年間以内に、小児がんに関する受診(経過観察など)をしていない。
 もしくは、今までに 1年間以上小児がんに関する受診をしていなかった経験がある。

目 的:小児がん経験者の長期フォローアップにおける主体的な受診行動の障害となる要因を明らかにする
方 法:対面でのインタビュー+フェイスシートの記入
日 時:6月27日~11月30日(ご希望の日時で実施可能です)
所用時間:90分程度(対面インタビューとフェイスシートの記入)
場 所:インタビュー対象者ご希望の場所(47都道府県内に限る)
謝 礼:10,000円
募集人数:10名(定員に達し次第、募集を打ち切らせて頂きます)

【お問い合わせ方法】

電話またはメールフォームにてお問い合わせください。
メールフォームの場合は題名の箇所に「小児がんインタビューについて」と記載ください。

【お問い合わせ先】

電話:0120‐974‐268
オンコロ問い合わせフォーム

【具体的なインタビュー内容について】

研究の方法は、長期フォローアップとしての受診状況や、受診を継続することが難しいと考えた経験の有無とその理由などについて、約 60 分インタビューをさせて頂きたいと思います。診断時の年齢や晩期合併症の有無などフェイスシートへの記入と研究の説明と合わせて 1 時間 30 分程度で終わる予定です。また、インタビューの内容は、ご了承いただけましたら録音をさせて頂きます。インタビューの場所は、研究協力者の方の意向を優先させていただきますが、もしご希望がない場合は、研究協力者の居住地域周辺で、プライバシーを確保するために個室を考えています。また、ご相談の上で調整させて頂きますが、なるべくお近くまで伺いたいと思っています。

【個人情報の保護と情報の管理について】

研究の過程で得たすべての試料・情報は、研究者と指導教員以外が見ることはありません。分析の過程では匿名化を行い、研究の発表の際にも研究対象者の個人が特定されるような試料・情報が公表されることはありません。研究で得られた試料・情報は、すべて施錠された場所に保管させて頂きます。録音したデータはロックのかかった外付けハードディスクに保存します。研究で得られた全てのデータは、本研究内のみで取り扱い、論文を投稿した時点で全て削除させて頂きます。また他の研究に利用しません。

×