11/9(土)開催【胃がんキャラバンin松山】お申込み受付中!

【動画公開】いま改めて知る、胃がんと治療のこと 〜納得して、あなたにあったベストな治療を受けるために〜〜納得して、あなたにあったベストな治療を受けるために〜
認定NPO法人希望の会xオンコロ共催


  • [公開日]2018.10.10
  • [最終更新日]2019.07.30

セミナー動画

※この動画は2018年9月24日に認定NPO法人 希望の会とがん情報サイト「オンコロ」共催で行いましたセミナーの講義の部分を載せています。音声が聞き取りにくい箇所がございますことをご了承ください。

講師


国立がん研究センター東病院 消化管内科 医長
(先端医療開発センター 新薬臨床開発分野 併任)
設樂 紘平 先生

司会・進行


認定NPO法人 希望の会
理事長  轟 浩美氏


がん情報サイト「オンコロ」
責任者 可知 健太

開催概要

セミナー名

『いま改めて知る、胃がんと治療のこと 〜納得して、あなたにあったベストな治療を受けるために〜』

趣旨

胃がんと向き合うにあたっては、まず胃がんを知ること、そして治療の選択肢や可能性を知ること、
自分の立ち位置を知ること、正しい知識を持つことが何よりの力になります。

近年のがん治療の進歩は目覚ましく、胃がんにおいても、特定の遺伝子変異である
HER2(ハーツー)を標的とした治療薬ハーセプチンや、免疫のしくみを活用した免疫チェックポイント
阻害薬などの新しい薬剤が続々登場してきており、新たな治療の可能性も広がっています。

個別化するがん医療の時代、あなたに合った治療についてともに学びましょう。

講義の内容

設楽先生には、以下の内容でお話しいただきます。

・症状と検査
転移ステージ
・進行度別治療(ガイドライン)
抗がん剤とその後の手術
標準治療とは?
臨床試験とその評価指標
化学療法とその種類~化学療法を行った方が長生きできるのか~
・今使用できる分子標的薬HER2阻害薬血管新生阻害薬
・胃がんに対する免疫チェックポイント阻害薬
・マイクロサテライト性不安定性とは?その患者に対する免疫チェックポイント阻害薬
・新しい薬剤、ロンサーフ
・胃がんに対する個別化医療と実施中の治験
・早期からの緩和ケアが必要

×

リサーチのお願い


この記事に利益相反はありません。