※会場が変更になりました※(変更日:5月28日)

講師


国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科 呼吸器内科長
副院長 人材育成センター長
大江 裕一郎 先生

司会・進行


NPO法人肺がん患者の会ワンステップ
代表 長谷川 一男氏


がん情報サイト「オンコロ」
責任者 可知 健太

開催概要

セミナー名

『日本初!?EGFR陽性肺がん患者さんのためのセミナー~複雑化する治療に迷わないために~』

趣旨

昨今、EGFR陽性肺がん患者の治療に関する多くの知見が発表されており、患者・家族が理解に追い付いていないのが現状です。それを整理し、さらに6月上旬に開催される米国臨床腫瘍学会(ASCO2018)などで発表された最新知見を知る機会とします。

日時

2018年6月13日(水)開場:18:30 開演:19:00

タイムスケジュール

19:00~20:00 大江先生による座学
20:05~20:45 会場からの質疑応答

会場

 ※会場が変更になりました(変更日:5月28日)
日本橋ライフサイエンスハブ A 会議室(COREDO室町3 オフィス棟8階)

■住所:東京都中央区日本橋室町1-5-5
■ 東京メトロ銀座線・半蔵門線「三越前」駅より直結!
・ JR総武線「新日本橋」駅より直結
・ JR山手線・京浜東北線・中央快速線「神田」駅 南口より徒歩9分
・ JR山手線・京浜東北線・中央快速線「東京」駅 日本橋口より徒歩9分

参加対象

どなたでも参加可能/がん患者さん・そのご家族、医療者の皆さんのご参加をお待ちしております

参加費

患者・家族、医療者、一般の方 : 無料
製薬企業・CRO・ヘルスケア関連企業の方 : 5,000円(領収書を発行します)

定員

120名

参加申し込み方法

※申込の受付は終了いたしました。

大江先生への事前リクエスト

大江先生には以下の事項についてリクエストしております。ただし、内容が保証されているわけではなく、また、難しくなる可能性をご了承下さい。

EGFR陽性患者の標準療法
初回治療として、イレッサ、タルセバ、ジオトリフのどれを選ぶ基準はあるかなど。

転移がある場合はどうすればいいか?
全脳照射やガンマナイフから薬物療法するべきなのか、そのまま薬物療法なのか。

よくある有害事象とそのケア
薬剤ごとの毒性の特徴やそのケアのお話。

初回治療からタグリッソは使用できる?
エビデンスをもとにした忌憚ない意見。

T790M検査はいつ行うべき?何回もT790M検査を受ける意味はある?
検査のタイミングや回数を、再生検できない場合。

T790M陰性の場合、次治療で免疫チェックポイント阻害薬を受けれないか?
エビデンスをもとに、なぜ、使用しないのか。

・新しい治療について
Chackmate722試験(オプジーボ×ヤーボイ、オプジーボ×化学療法)、ARCHER1050試験(ダコミチニブ)、RELAY試験(タルセバ×サイラムザ)、AGAIN試験(第一世代EGFR-TKI→化学療法)、ADAURA試験(術後補助化学療法としてのタグリッソ)などについて。
タグリッソが奏効しなくなった場合の次の治療法は?
ASCO2018のアップデート情報。

*参加フォームに質問事項を記載いただければ事前に大江先生に共有します。

ライブ配信について

※申込の受付は終了いたしました。

共催

NPO法人肺がん患者の会ワンステップ
がん情報サイト「オンコロ」

×

この記事に利益相反はありません。

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »