夏休み小児がんサバイバーキャリア学習支援事業「Camp Courage for Survivors 2017―小児がんを経験した先輩とつながろう」

小児がんや重い病気と闘う子どもたちとそのご家族を心の面で支援する認定NPO法人・シャイン・オン・キッズが8月2日3日、23日24日と以下の催しを開催いたします。夏休み、学校や部活の仲間を離れて、小児がんを経験した仲間や先輩と出会ってみませんか?

日時・テーマ

-第1回-
日時:8月2日(水)13:00-15:30
場所:慶應義塾大学病院 北棟ラウンジ
テーマ:「小児がんサバイバーJasonナビゲート大学生社会人に聞いてみよう」
ファシリテーター:田島圭佑さん慶應大学2年 学生団体MOP成長に愛をメンバー
第1回の参加お申込みはコチラ

-第2回-
日時:8月3日(木)13:30-16:00
場所:慶應義塾大学病院 臨床研究棟ラウンジ
テーマ:「入院中の仲間たちに思いを贈ろう ちからのブレスレット作り」
ファシリテーター:浦野正敬さん特別支援学校教諭 fellow tomorrowリーダー
第2回の参加お申込みはコチラ

-第3回-
日時:8月23日(水)13:00-15:30
場所:慶應義塾大学病院 北棟ラウンジ
テーマ:「英語番組でおなじみエリックさんと入院中の仲間に歌を作ろう」
ファシリテーター:執印優莉亜さん文京学院大学1年 国際小児がん経験者の会ワシントン派遣員
第3回の参加お申込みはコチラ

-第4回-
日時:8月24日(木)13:30-16:00
場所:慶應義塾大学病院 北棟ラウンジ
テーマ:「書道家 白石雪妃さんと 『書』に夢込め 世界へ発信 」
ファシリテーター:小泉亮さん横浜市立大学医学部3年 STAND UPメンバー
第4回の参加お申込みはコチラ

【特典】
●特典・その1
毎回ワークショップの最後にテーマに沿ったフィンガーフードのミニブッフェとドリンクで交流パーティがあります♪

●特典・その2
バンクオブアメリカ・メリルリンチの外国人社員やバイリンガル社員の方々とグローバルマインドを育てる英語ディスカッションが体験できます♪

内容

第1回・・・ 日本をコメディタッチに描くトークショー集団”Talk in Tokyo”のJasonがナビゲート。子どもの居場所作りに力を注ぐ慶応大生、特別支援学校の先生、医学生など、サバイバーでありながら自分の道を切り開く大学生、社会人の先輩たちが自分の経験を語り、参加する中・高生がぼんやりとしか見えなかったひとつの未来像を示してくれます。楽しく交流するための企画やフードも用意しました。

第2回・・・手術などの治療の山を迎えた子どもたちに、医療スタッフから応援の気持ちを込めて渡される「ちからのブレスレット」。このワークショップでは、同じものを1つ作り「誰かとつながっているよ」という意味を込めて、1つは入院中の仲間に送り、1つは自分の手元に置いておきます。アメリカ発のこの応援ブレスレットを、サバイバーで先生の浦野さんとシャイン・オンキッズのヘレン(イギリス出身)とともに作って、入院中の仲間に贈りませんか。

第3回・・・英語番組でおなじみのエリックさんは、いま、参加者の気持ちがこもった言葉を聞き出して歌を即興で作るワークショップをしているよ。学校や部活にあけくれる今の自分の心のつぶやきや、入院中の思い出を、フレーズにして曲にしよう。YouTubeで発信し、入院中の仲間にも歌を届けるよ。

第4回・・・最終回は、会議室を飛び出して、ネットで世界のサバイバーとつながるよ。パフォーマンス書道家 白石雪妃さんが、「書」でいまの気持ちを世界に発信すること教えてくれるから、自分にぴったりの漢字や言葉を見つけて、クールジャパンに生きるサバイバーの自分を表現しよう。

【対象】小児がん経験者の中学生・高校生、各回20名程度。一回だけでも、全部参加してもOKです。入院中の方も外出できる方はぜひご参加ください

【主催】認定NPO法人シャイン・オン・キッズ 慶應義塾大学小児外科

【協賛】バンクオブアメリカ・メリルリンチ 2017 年助成事業

※当日感染症の疑いのある方は出席をお控えください。

※お申し込みの方には詳しいご案内をお送りします。

申込み・お問い合わせ

【申込み】Peatixにてお手数ですが各回ごとのご登録をお願いします。 http://peatix.com/group/2014

【問い合わせ】NPO法人シャイン・オン・キッズ事務局 
tel: 03-6202-7263  E-Mail: boc@sokids.org


人気記事