本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。

概要

一般名 クリゾチニブ
商品名 ザーコリ
治験薬コード
一般名英語表記 Crizotinib
商品名英語表記 XALKORI
種類 分子標的薬、チロシンキナーゼ阻害薬
種類 EML4-ALK
投与経路 内服
適応がん種 非小細胞肺癌

特徴

ザーコリはチロシンキナーゼ阻害薬と呼ばれ、がん細胞の増殖にかかわる分子を狙い撃ちする分子標的薬の一種です。肺がんのタイプの一つである非小細胞肺がんではALK遺伝子に変異を持つものが5%存在することがわかっています(EML4-ALK融合遺伝子変異といいます)。

この遺伝子変異があると細胞増殖にかかわるチロシンキナーゼという酵素タンパク質の働きが異常に高まり、細胞増殖の命令が過剰に出されがん細胞が増殖します。ザーコリはこのチロシンキナーゼの働きを阻害しがん細胞の増殖を阻害します。2017年2月現在、ALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌に適応があります。

用法及び用量

通常、成人にはクリゾチニブとして 1 回250 mgを 1 日 2 回経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。

重大な副作用

間質性肺疾患、劇症肝炎、肝不全、肝機能障害、QT間隔延長、徐脈、好中球減少症、白血球減少症、リンパ球減少症、血小板減少症、心不全

参考リンク

https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/4291026M1


人気記事