本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。

概要

一般名 ラパチニブ
商品名 タイケルブ
治験薬コード
一般名英語表記 Lapatinib
商品名英語表記 Tykerb
種類 分子標的薬
種類 EGFR、HER2
投与経路 内服
適応がん種 乳癌

特徴

タイケルブは、HER2チロシンキナーゼ阻害剤という分子標的薬の一種です。がん細胞の増殖を促進するHER2(ErbB2)受容体が過剰に発現しているがんにに対して受容体の細胞内部分にあるチロシンキナーゼ部位に選択的に作用して、増殖シグナル伝達を阻害することにより、腫瘍の増殖抑制とアポトーシス誘導作用を示します。

2017年2月現在、HER2過剰発現が確認された手術不能又は再発乳癌に適応があります。通常、単独ではなく、フッ化ピリミジン系の代謝拮抗薬カペシタビン(ゼローダ)またはホルモン系に作用するアロマターゼ阻害薬と併用します

効能・効果

HER2過剰発現が確認された手術不能又は再発乳癌

用法及び用量

通常、成人にはラパチニブとして以下の用量を1日1回、食事の1時間以上前又は食後1時間以降に経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。
1.カペシタビンとの併用:1250mg
2.アロマターゼ阻害剤との併用:1500mg

重大な副作用

肝機能障害、間質性肺疾患、心障害、下痢、QT間隔延長、中毒性表皮壊死融解症、皮膚粘膜眼症候群、多形紅斑

参考リンク

https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/4291022F1


人気記事