本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。

概要

一般名 ソブゾキサン
商品名 ペラゾリン
治験薬コード
一般名英語表記 sobuzoxane
商品名英語表記 PERAZOLIN
種類 トポイソメラーゼ阻害薬
種類
投与経路 内服
適応がん種 悪性リンパ腫、成人T細胞白血病、リンパ腫

特徴

ペラゾリンはトポイソメラーゼ阻害薬に分類される抗がん剤で細胞核にある酵素(トポイソメラーゼ)の働きを阻害することによって、DNAの合成を妨げがん細胞の分裂を抑制します。悪性リンパ腫や成人T細胞白血病の治療に使われますが特に成人T細胞白血病は、免疫力が大きく低下するため、適応できる数少ない抗がん剤の一つです。副作用としては骨髄抑制、吐き気・嘔吐、下痢、口内炎、食欲不振、脱毛などが報告されています。

効能・効果

下記疾患の自覚的並びに他覚的症状の寛解
悪性リンパ腫、成人T細胞白血病リンパ腫

用法及び用量

ソブゾキサンとして、通常成人には1日1600Aを1回又は2回に分割、5日間連続経口投与し、2~3週間休薬する。これを1クールとして投与を繰り返す。
なお、年齢、症状により適宜増減するが、病期によっては1日2400Aまで増量できる。

重大な副作用

出血傾向、間質性肺炎

参考リンク

https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/4291004C1


人気記事