本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。

概要

一般名 ミトキサントロン
商品名 ノバントロン
治験薬コード
一般名英語表記 Mitoxantrone
商品名英語表記 NOVANTRON
種類 アントラキノン系抗がん性抗生物質
種類
投与経路 注射
適応がん種 急性白血病,悪性リンパ腫,乳癌,肝細胞癌

特徴

ノバントロンは抗がん性抗生物質のアントラキノン系に分類される抗がん剤の一種です。がん細胞が分裂する際に、最初に細胞核内にある遺伝子の本体であるDNAが合成され複製されますが、ノバントロンはDNAの二重らせん構造の鎖の間に入り込み、その合成を阻害します。

また、DNAの合成に関与する酵素であるトポイソメラーゼⅡの働きを阻害しDNAの複製を抑制することによってがん細胞を死滅させます。2017年2月現在、急性白血病(慢性骨髄性白血病の急性転化を含む)、悪性リンパ腫、乳癌、肝細胞癌に適応があります。

効能・効果

急性白血病(慢性骨髄性白血病の急性転化を含む)、悪性リンパ腫、乳癌、肝細胞癌

用法及び用量

・急性白血病(慢性骨髄性白血病の急性転化を含む)
通常、成人にはミトキサントロンとして1日1回2〜5 mg/m2(本剤1〜2.5mL/m2)を5日間連日、3〜4週間隔で静脈内にゆっくり投与する。

・悪性リンパ腫、乳癌
通常、成人にはミトキサントロンとして1日1回2〜4mg/m2(本剤1〜2mL/m2)を5日間連日あるいは1回8〜14mg/m2(本剤4〜7 mL/m2)を、3〜4週間隔で静脈内にゆっくり投与する。

・肝細胞癌
通常、成人にはミトキサントロンとして1日1回6〜12mg/m2(本剤3〜6 mL/m2)を、3〜4週間隔で静脈内にゆっくり投与する。なお、いずれの場合も年齢、症状により適宜増減する。

重大な副作用

うっ血性心不全、心筋障害、心筋梗塞、骨髄抑制、汎血球減少、間質性肺炎、ショック、アナフィラキシー

参考リンク

https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/4291402A1


人気記事