「個人情報保護方針」及び「個人情報の取扱いについて」改訂のお知らせ

リムパーザ(オラパリブ)


  • [公開日]2019.07.11
  • [最終更新日]2022.07.14

本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。

概要

be

一般名 オラパリブ
商品名 リムパーザ
治験薬コード
一般名英語表記 Olaparib
商品名英語表記 Lynparza
種類 分子標的薬
種類 PARP阻害剤
投与経路 注射
適応がん種 白金系抗悪性腫瘍剤感受性の再発卵巣癌における維持療法BRCA遺伝子変異陽性の卵巣癌における初回化学療法後の維持療法、相同組換え修復欠損を有する卵巣癌におけるベバシズマブ(遺伝子組換え)を含む初回化学療法後の維持療法、がん化学療法歴のあるBRCA遺伝子変異陽性かつHER2陰性の手術不能又は再発乳癌、 BRCA遺伝子変異陽性の遠隔転移を有する去勢抵抗性前立腺癌、 BRCA遺伝子変異陽性の治癒切除不能な膵癌における白金系抗悪性腫瘍剤を含む化学療法後の維持療法

特徴

オラパリブはDNA修復、細胞死および分化制御などに関与している物質であるPARPを阻害することで一本鎖切断を担う塩基除去修復を妨げます。これにより修復されないDNAの一本鎖切断は、DNA複製の過程で二本鎖切断に至りますが、相同組換えができないがん細胞では、二本鎖切断を修復できずアポトーシスに至ります。

このような作用の仕組みによって細胞死が誘導されることで抗腫瘍効果を表すとされています。

効能・効果

白金系抗悪性腫瘍剤感受性の再発卵巣癌における維持療法
BRCA遺伝子変異陽性の卵巣癌における初回化学療法後の維持療法
相同組換え修復欠損を有する卵巣癌におけるベバシズマブ(遺伝子組換え)を含む初回化学療法後の維持療法
がん化学療法歴のあるBRCA遺伝子変異陽性かつHER2陰性の手術不能又は再発乳癌
BRCA遺伝子変異陽性の遠隔転移を有する去勢抵抗性前立腺癌
BRCA遺伝子変異陽性の治癒切除不能な膵癌における白金系抗悪性腫瘍剤を含む化学療法後の維持療法

用法及び用量

通常、成人にはオラパリブとして1回300mgを1日2回、経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。

相同組換え修復欠損を有する卵巣癌におけるベバシズマブ(遺伝子組換え)を含む初回化学療法後の維持療法の場合、ベバシズマブ(遺伝子組換え)との併用において、通常、成人にはオラパリブとして1回300mgを1日2回、経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。

重大な副作用

骨髄抑制、間質性肺疾患

参考リンク

https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/4291052F1027

×