9/14(土)開催【胃がんキャラバンin福岡】お申込み受付中!

ローブレナ(ロルラチニブ)


  • [公開日]2019.07.12
  • [最終更新日]2019.07.12

本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。

概要

一般名 ロルラチニブ
商品名 ローブレナ
治験薬コード
一般名英語表記 Lorlatinib
商品名英語表記 Lorbrena
種類 分子標的薬
種類 ALKチロシンキナーゼ阻害薬
投与経路 内服
適応がん種 ALKチロシンキナーゼ阻害剤に抵抗性又は不耐容のALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌

特徴

がん細胞増殖の伝達因子となるチロシンキナーゼ(チロシンリン酸化酵素)の一つにALK(未分化リンパ腫キナーゼ)があります。ローブレナは、既存のALKチロシンキナーゼ阻害剤(クリゾチニブ、アレクチニブ及びセリチニブ)に対して耐性となるALK融合タンパクのチロシンキナーゼ活性を阻害することにより、腫瘍の増殖を抑制すると考えられています。

ALKチロシンキナーゼ阻害剤に抵抗性又は不耐容のALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌に用いられます。

効能・効果

ALKチロシンキナーゼ阻害剤に抵抗性又は不耐容のALK融合遺伝子陽性の切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌

用法及び用量

通常、成人にはロルラチニブとして1日1回100mgを経口投与する。なお、患者の状態により適宜減量する。

重大な副作用

間質性肺疾患、QT間隔延長、中枢神経系障害、膵炎、肝機能障害

参考リンク

https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/4291055F1020

×