本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。

概要

一般名 トラスツズマブ
商品名 ハーセプチン
治験薬コード
一般名英語表記 Trastuzumab
商品名英語表記 HERCEPTIN
種類 分子標的薬
種類 抗HER2抗体
投与経路 注射
適応がん種 ・乳癌
・胃癌

特徴

ハーセプチンは抗HER2抗体という分子標的薬の一種で、悪性度の高い腫瘍細胞に多く発現しているHER2という受容体に結合して、その細胞を死滅させることによって抗腫瘍効果を発揮する薬剤です。
HER2は細胞の増殖シグナルに関与する受容体で、乳がんや胃がんの一部で正常より過剰に発現している場合、増殖が速く治療に対する反応が乏しいことがわかっていました。

ハーセプチンはHER2受容体に結合し、細胞障害性T細胞を呼び寄せて腫瘍細胞を殺すADCCと呼ばれる作用と、抗体が結合することにより補体と呼ばれる物質の力を借りて細胞を殺すCDCと呼ばれる作用によって、HER2を細胞表面に発現している細胞のみを攻撃する薬剤です。

2017年2月現在、HER2過剰発現が確認された乳癌、HER2過剰発現が確認された治癒切除不能な進行・再発の胃癌に適応があります。

効能・効果

・HER2過剰発現が確認された乳癌
・HER2過剰発現が確認された治癒切除不能な進行・再発の胃癌

用法及び用量

HER2過剰発現が確認された乳癌にはA法又はB法を使用する。
HER2過剰発現が確認された治癒切除不能な進行・再発の胃癌には他の抗悪性腫瘍剤との併用でB法を使用する。

A法:通常、成人に対して1日1回、トラスツズマブ(遺伝子組換え)として初回投与時には4mg/kg(体重)を、2回目以降は2mg/kgを90分以上かけて1週間間隔で点滴静注する。

B法:通常、成人に対して1日1回、トラスツズマブ(遺伝子組換え)として初回投与時には8mg/kg(体重)を、2回目以降は6mg/kgを90分以上かけて3週間間隔で点滴静注する。
※初回投与の忍容性が良好であれば、2回目以降の投与時間は30分間まで短縮できる。

重大な副作用

心障害、心不全、アナフィラキシー、間質性肺炎、肺障害、白血球減少、好中球減少、血小板減少、貧血、肝不全、黄疸、肝炎、肝障害、腎障害昏睡、脳血管障害、脳浮腫、敗血症

参考リンク

https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/4291406D3


人気記事