本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。

概要

一般名 フルダラビンリン
商品名 フルダラ
治験薬コード
一般名英語表記 Fludarabine
商品名英語表記 Fludara
種類 代謝拮抗薬
種類 プリン拮抗薬
投与経路 内服
適応がん種 ●低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫マントル細胞リンパ腫
●貧血又は血小板減少症を伴う慢性リンパ性白血

特徴

フルダラは代謝拮抗薬という抗がん剤の一種です。がん細胞が分裂する際に、最初に細胞核内にある遺伝子の本体であるDNAが複製されますが、DNAは4つの塩基とよばれる化合物を材料にして複製されます。塩基の一つにプリン塩基がありますが、フルダラはプリン塩基に似せた構造をとっています。がん細胞のDNAが複製される際に、プリン塩基の代わりにフルダラが取り込まれると複製がうまくいかなくなり、がん細胞が死滅します。フルダラは錠剤と注射剤の2つの剤型があり、適応症が少し異なります。

2017年2月現在、錠剤は再発又は難治性の低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫・マントル細胞リンパ腫、貧血又は血小板減少症を伴う慢性リンパ性白血病、注射剤は錠剤の適応に加え、急性骨髄性白血病、骨髄異形成症候群、慢性骨髄性白血病、慢性リンパ性白血病、悪性リンパ腫、多発性骨髄腫における同種造血幹細胞移植の前治療の適応があります。

効能・効果

●再発又は難治性の下記疾患
低悪性度B細胞性非ホジキンリンパ腫マントル細胞リンパ腫
●貧血又は血小板減少症を伴う慢性リンパ性白血

用法及び用量

通常、成人にはフルダラビンリン酸エステルとして、40㎎ /m2(体表面積)を1日1回5日間連日経口投与し、23日間休薬する。これを 1 クールとし、投与を繰り返す。
なお、体表面積により、次の投与量を 1 日用量とする。ただし、患者の状態により適宜減量する

重大な副作用

骨髄抑制、間質性肺炎、精神神経障害、腫瘍崩壊症候群、重症日和見感染、自己免疫性溶血性貧血、自己免疫性血小板減少症、赤芽球癆、出血、膀胱炎、皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症、心不全、進行性多巣性白質脳症

参考リンク

https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/4229002F1


人気記事