本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。

概要

一般名 レトロゾール
商品名 フェマーラ
治験薬コード
一般名英語表記 letrozole
商品名英語表記 Femara
種類 ホルモン療法薬
種類 アロマターゼ阻害薬
投与経路 内服
適応がん種 閉経後乳癌

特徴

レトロゾールはアロマターゼ阻害薬に分類されるホルモン療法薬の一種です。乳がんのリスクとして女性ホルモンの一つであるエストロゲンが知られています。エストロゲンは主に卵巣から分泌されますが、閉経を迎えると卵巣からの分泌がストップし、代わりに副腎という臓器から分泌されるようになります。

エストロゲンは男性ホルモンであるアンドロゲンから変換されて作られますが、この変換に関わる酵素がアロマターゼです。レトロゾールはアロマターゼの働きを阻害し、エストロゲンの産生を抑えることによって乳がんの進行を抑えます。2017年2月現在、閉経後乳癌に適応があります。

効能・効果

閉経後乳癌

用法及び用量

通常、成人にはレトロゾールとして1日1回2.5mgを経口投与

重大な副作用

血栓症、塞栓症、心不全、狭心症、肝機能障害、黄疸、中毒性表皮壊死症、多形紅斑

参考リンク

https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/4291015F1


人気記事