【9月27日(金)/ 東京・日本橋】小細胞肺がんセミナー参加申込受付中!

エムプリシティ(エロツズマブ)


  • [公開日]2019.07.08
  • [最終更新日]2019.07.17

本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。

概要

一般名 エロツズマブ
商品名 エムプリシティ
治験薬コード
一般名英語表記 Elotuzumab
商品名英語表記 Empliciti
種類 分子標的薬
種類 SLAMF7抗体
投与経路 注射
適応がん種 多発性骨髄腫

特徴

エロツズマブはSLAMF7という細胞表面のタンパク質と結合する抗体薬です。SLAMF7は抗体を産生する形質細胞やNK(ナチュラルキラー)細胞で発現しています。多発性骨髄腫は形質細胞由来のがんであり、がん化してもSLAMF7を発現しています。エロツズマブが多発性骨髄腫細胞のSLAMF7と結合すると、抗体依存性細胞傷害(ADCC)活性により多発性骨髄腫細胞を破壊します。

また、エロツズマブがNK細胞のSLAMF7と結合すると、NK細胞を直接活性化するので、多発性骨髄腫細胞への攻撃がさらに促進されます。国内では、2016年9月28日に再発又は難治性の多発性骨髄腫の適応で、レナリドミド及びデキサメタゾンとの併用で承認されました。

効能・効果

再発又は難治性の多発性骨髄腫

用法及び用量

レナリドミド及びデキサメタゾンとの併用において,通常,成人にはエロツズマブ(遺伝子組換え)として1回10mg/kgを点滴静注する。28日間を1サイクルとし,最初の2サイクルは1週間間隔で4回(1,8,15,22日目),3サイクル以降は2週間間隔で2回(1,15日目)点滴静注する。

重大な副作用

Infusion reaction、感染症、リンパ球減少、間質性肺疾患

参考リンク

https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/4291434D1020

×