本ページは株式会社インテリムとオンコロで共同で作成しています。

概要

一般名 ドキソルビシン
商品名 アドリアシン
治験薬コード
一般名英語表記 doxorubicin
商品名英語表記 ADRIACIN
種類 アントラサイクリン系
抗がん性抗生物質
種類
投与経路 注射
適応がん種 1)がん化学療法後に増悪した卵巣癌
2)エイズ関連カポジ肉腫

特徴

アドリアシンは1967年に発見された最も代表的な抗がん剤のひとつで、抗がん性抗生物質と呼ばれる薬剤です。がん細胞のDNA合成を妨げるほか、DNAを切断してがん細胞を殺します。悪性リンパ腫のCHOP療法(シクロホスファミド+ドキソルビシン+ビンクリスチン+プレドニゾロン)をはじめとして、肺がん、消化器がん、乳がん、骨肉腫など抗がん剤治療の中心薬として広く用いられています。

副作用は吐き気・嘔吐の発生頻度が、シスプラチンに次いで高いとされています。骨髄抑制や脱毛が起こりやすい薬でもあります。また、心臓に障害を与えやすいのも特徴の1つで、総投与量が多いほど、発生頻度も重症度も高くなります。

効能・効果

1)がん化学療法後に増悪した卵巣癌
2)エイズ関連カポジ肉腫

用法及び用量

1)がん化学療法後に増悪した卵巣癌
通常、成人にはドキソルビシン塩酸塩として1日1回50mg/m2を1mg/分の速度で静脈内投与し、その後4週間休薬する。これを1コースとして投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。

2)エイズ関連カポジ肉腫
通常、成人にはドキソルビシン塩酸塩として1日1回20mg/m2を1mg/分の速度で静脈内投与し、その後2~3週間休薬する。これを1コースとして投与を繰り返す。なお、患者の状態により適宜減量する。

重大な副作用

筋障害髄抑制infusion reaction手足症候群口内炎機能障害質性肺疾患肺塞栓症深部静脈血栓症

参考リンク

https://www.pmda.go.jp/PmdaSearch/iyakuDetail/GeneralList/4235402A1


人気記事