PET検査とは、陽電子を利用した人体の断層撮影検査のことです。Positron Emission Tomographyの略で、陽電子放射断層撮影と言います。PET検査ではトレーサーとして放射性物質を用い、トレーサーが体内に分布する様子を画像で捉えることで主にがん、脳機能の診断に使用されます。代表的なトレーサーとして、人体のエネルギーとなるブドウ糖(グルコース)に放射性のフッ素を付けたフルオロデオキシグルコースがあります。がん細胞や脳はエネルギーを多く消費することから、フルオロデオキシグルコースが集積します。そこに集まった放射性フッ素を測定することで癌細胞の有無や、脳機能を測定することが出来ます。MRIやCT検査が病変部位を画像化して診るのに対し、PETは目的とする組織の機能を診ることに特化しています。


人気記事