化学療法とは、化学物質を用いて病原微生物や悪性腫瘍細胞を生体内で発育抑制あるいは死滅させる治療法のことをいいます。一般に化学療法というと、悪性腫瘍(がん)に対する薬物治療を指すことが多く、手術療法や放射線療法とともにがん治療の大きな役割を担っている治療法です。手術治療や放射線治療が、癌に対する直接的・局所的な治療であるのに対し、化学療法ではより広い範囲に治療の効果が及ぶことが期待できます。化学療法は抗がん剤単独で治療を行うこともありますし、手術治療や放射線治療などの他の治療と抗がん剤治療を組み合わせて行うこともあります。また、化学療法では一種類の薬剤だけを使う場合と、いくつかの種類の薬剤を組み合わせて治療する場合があります。薬の種類によって飲み薬のものや、点滴や注射のものがあります。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事