組織診とは組織型を調べる検査のひとつです。

細胞の塊(組織)を顕微鏡で検査します。細胞診断検査より情報量も多く、その組織に対しての診断の精度は高くなります。細胞診断検査に比べて、痛みや少量の出血を伴うなど身体的負担も若干多くなります。

注射針や内視鏡鉗子で微量組織を採取して顕微鏡レベルで組織を観察します。腫瘍の場合は、腫瘍の良悪性、腫瘍の種類、腫瘍の範囲、広がりの程度を診断します。

作成:株式会社インテリム
logo


人気記事