【10月25日(金)/ 東京・日本橋】慢性リンパ性白血病(CLL)セミナー参加申込受付中!

低アルブミン血症


  • [公開日]2019.03.18
  • [最終更新日]2019.03.18

低アルブミン血症とは血液中に存在する蛋白質であるアルブミン濃度が、異常に低くなってしまう状態を指す。

アルブミンは肝臓で合成され、低アルブミン血症は慢性肝炎、肝硬変、肝不全などの疾患により、アルブミン産生の低下が原因になる。また、腎臓の糸球体の機能異常によるアルブミン喪失などにより起こることもある。

×