日本におけるRa-223による治療満足度

治験の概要
本研究は、「日本人の骨転移性CRPC患者はRa-223治療に満足しているのか、そしてどのような要因がそのような満足度を高めているのか」という研究の質問に答えることを目的としている。 また、Ra-223による治療中に前立腺がんに関する患者の不安を判定し、生活の質への影響を評価することを目的としています。
フェーズ

            対象
            
前立腺癌
治験薬
塩化ラジウムの同位体 (Xofigo, BAY88-8223)
適格基準
20歳以上の年齢(日本の成熟年齢)
男性、CRPCと診断されました
最新の画像検査法に基づく骨転移が2個以上あり、内臓転移がみられなかった
東部共同腫瘍学グループの業績状況(ECOG-PS)0-1,終末期緩和ケアではない
CRPC療法の1行目、2行目、または3行目のいずれかでRa-223治療を受けることを医師に検査して指定
書面によるインフォームドコンセントを提供している
平均寿命が6ヶ月以上
除外基準
ルーチンの臨床診療以外の介入を伴う調査プログラムへの参加
現在、登録時にCRPCまたは新規ホルモン療法(エンザルタミド、アセテートアビラテロン)に対する化学療法を受けている場合
以下の条件のいずれかに該当する場合:
新規アンドロゲン欠乏療法(ADT)(例:LHRHアゴニストおよびアンタゴニスト、抗アンドロゲン、エストロゲン)の4週間以内に、または初回Ra-223注射前に新規治療を開始する予定
過去4週間以内の抗がん化学療法による治療、または1回目のRa-223注射前に計画された、または4週間以上前に投与された抗がん化学療法による有害事象(AE)からの回復不良(CTCAEグレード>2)
過去24週間の骨転移の治療のためのストロンチウム89、サマリウム153、レニウム186またはレニウム188による全身放射線療法
以前の半体外放射線療法
臨床所見および/または磁気共鳴画像法(MRI)に基づく差し迫ったまたは確立された脊髄圧縮
登録時のその他の悪性腫瘍の存在
そうでない場合は、医師の診察によって参加することができないとみなさ
治験の実施期間
June 30, 2022 ~ 
試験公開情報(詳細情報)
NCT03315260

詳細情報:https://ClinicalTrials.gov/show/NCT03315260

場所
Many Locations, Multiple Locations, Japan
連絡

            被験者募集状況
            
Recruiting

<治験のお問い合わせ先について>


【問い合わせ先】
・Webサイト『オンコロ』:0120-974-268(平日:10:00~18:30)
・メールアドレス:info_oncolo@3h-ct.co.jp

【免責事項】
オンコロトライアルサーチで検索する臨床試験(治験)情報は一般公開されているUMIN、ClinicalTrial.govに掲載されている情報となります。したがって、元サイトの更新状況によっては募集中と記載されていても終了となっている場合がある等、実際の状況と異なる可能性がございます。