以前に2つ以上のTKIで治療されたABL001対ボスキニブで治療されたCML-CP患者の有効性の研究

治験の概要
この重要な研究の目的は、以前に少なくとも2つのATP結合部位TKIで治療されたCML-CP患者の治療におけるABL001の有効性とボスコチニブの有効性を比較することである。
最新のTKI療法に耐えられない患者は、スクリーニング時のBCR-ABL1比が0.1%を超えている必要があり、最新のTKI療法に失敗した患者は2013年のELNガイドラインに従って治療不全の定義を満たさなければならない。
ボスコチニブ治療中に治療不全が文書化されている患者では、最後の患者が研究でランダム化されてから96週間以内にアシミニブ治療に切り替えるオプションがある。
フェーズ
Phase 3
対象
慢性骨髄性白血病
治験薬
ABL001
ボースティニブ
適格基準

            除外基準
            

            治験の実施期間
            
October 6, 2021 ~ 
試験公開情報(詳細情報)
NCT03106779

詳細情報:https://ClinicalTrials.gov/show/NCT03106779

場所
Novartis Investigative Site, Nagoya, Aichi, Japan
Novartis Investigative Site, Toyoake city, Aichi, Japan
Novartis Investigative Site, Kashiwa, Chiba, Japan
Novartis Investigative Site, Kobe-shi, Hyogo, Japan
Novartis Investigative Site, Osaka Sayama, Osaka, Japan
Novartis Investigative Site, Suita city, Osaka, Japan
Novartis Investigative Site, Bunkyo ku, Tokyo, Japan
Novartis Investigative Site, Chuo-city, Yamanashi, Japan
Novartis Investigative Site, Akita, Japan
Novartis Investigative Site, Aomori, Japan
連絡

            被験者募集状況
            
Active, not recruiting

<治験のお問い合わせ先について>


【問い合わせ先】
・Webサイト『オンコロ』:0120-974-268(平日:10:00~18:30)
・メールアドレス:info_oncolo@3h-ct.co.jp

【免責事項】
オンコロトライアルサーチで検索する臨床試験(治験)情報は一般公開されているUMIN、ClinicalTrial.govに掲載されている情報となります。したがって、元サイトの更新状況によっては募集中と記載されていても終了となっている場合がある等、実際の状況と異なる可能性がございます。