異なる種類のがん(固形腫瘍)患者におけるこの研究は、ホルモン療法を併用するまたは併用しないアベマシクリブと組み合わせた安全な用量を見つけることを狙っている。 この研究では、肺がんおよび乳がん患者においてこれらの薬がどれくらい効果的かも検査されている。

治験の概要
コホート(A、B、CおよびD)を見つける各用量について:
コホートを発見する各用量の主な目的は、最大許容用量(MTD)/推奨相xentuzumabの用量(RP2D)を決定することであり、ホルモン療法(レトロゾール、アナストロゾール、充実)の有無にかかわらず、アベマシクリブと組み合わせた。 線量制限毒性(DLT)は、最初の治療サイクル中に評価され、MTD/RP2Dを評価する。
MTDに達しない場合、RP2D用量は、安全データおよびその他の利用可能な情報を考慮して決定されます。 これは運営委員会と合意します。
各拡張コホート(E、F、D1、D2)について:
拡張コホートの目的は、非小細胞肺がん(コホートE)患者におけるベマシリブと組み合わせたキントゥズマブの抗腫瘍活性を評価することである。
前アロマターゼに続いて進行した局所進行/転移ホルモン受容体陽性(HR+)乳がん患者の片腕拡張群におけるトリプレットの組み合わせキサントゥズマブ/アベマシクリブおよび胸腺の抗腫瘍活性を評価するために、コホートFを一時的に開放することができる阻害剤療法およびCDK4/6以前の阻害剤治療が含まれる。 コホートFは、進行中の臨床試験からの新たなデータによって示された場合にのみ開放される。
コホートD1およびD2の主な目的は、以前の内分泌療法で進行した局所進行/転移性HR+乳がん患者におけるトリプレット組み合わせキントゥズマブ、アベマシクリブおよび胸腺の抗腫瘍活性を評価することである。 コホートD1は、内臓転移を有する被験者の抗腫瘍活性を評価し、非内臓転移を有する被験者のコホートD2を評価する。
フェーズ
Phase 1
対象
新生物
乳腺腫瘍
治験薬
キントゥズマブ
アベマシクリブ
レトロゾール
アナストロゾールだ
フルベストラント
適格基準

            除外基準
            

            治験の実施期間
            
August 26, 2022 ~ 
試験公開情報(詳細情報)
NCT03099174

詳細情報:https://ClinicalTrials.gov/show/NCT03099174

場所
Aichi Cancer Center Hospital, Aichi, Nagoya, Japan
National Cancer Center Hospital East, Chiba, Kashiwa, Japan
Tokai University Hospital, Kanagawa, Isehara, Japan
National Cancer Center Hospital, Tokyo, Chuo-ku, Japan
Jananese Foundation for Cancer Research, Tokyo, Koto-ku, Japan
連絡

            被験者募集状況
            
Recruiting

<治験のお問い合わせ先について>


【問い合わせ先】
・Webサイト『オンコロ』:0120-974-268(平日:10:00~18:30)
・メールアドレス:info_oncolo@3h-ct.co.jp

【免責事項】
オンコロトライアルサーチで検索する臨床試験(治験)情報は一般公開されているUMIN、ClinicalTrial.govに掲載されている情報となります。したがって、元サイトの更新状況によっては募集中と記載されていても終了となっている場合がある等、実際の状況と異なる可能性がございます。