再発白金耐性または不応性卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がんの治療におけるセディラニブマレ酸およびオラパリブまたは標準化学療法

治験の概要
このランダム化III/III相試験は、マレイン酸セジラニブおよびオラパリブが併用または別々に投与された場合にどれだけうまく機能するかを研究し、それらを、化学療法を受けた後に再発した(再発した)卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がんの患者の治療において、標準的な化学療法と比較します。白金(白金耐性)を含む薬物、または白金ベースの化学療法薬(白金耐火性)による治療中に増殖を続けた薬物。 マレイン酸セディラニブおよびオラパリブは、細胞増殖に必要な酵素を遮断することにより、腫瘍細胞の増殖を止めることがある。 化学療法で使用される薬物は、細胞を殺害、分裂の阻止、または増殖の阻止のいずれかによって、腫瘍細胞の増殖を止めるために、さまざまな方法で作用します。 マレイン酸セジラニブとオラパリブを併用すると、薬物単独または標準的な化学療法と比較して、がん細胞に多くの損傷を与えるかどうかはまだ分かっていません。
フェーズ
Phase 2
Phase 3
対象
卵管クリア細胞腺がん
卵管子宮内膜腺がん
卵管漿液性腺がん
卵管移行上皮がん
卵管未分化がん
卵巣クリア細胞腺がん
卵巣性子宮内膜腺がん
卵巣セロムキヌス癌
卵巣漿液性腺がん
卵巣移行上皮がん
卵巣未分化がん
原発性腹膜漿液性腺がん
再発卵管がん
再発卵巣がん
再発原発性腹膜がん
治験薬
セディラニブ
セディラニブ・マリアテ
オラパリブ
パクリタキセル
ペジル化リポソームドキソルビシン
アンケートの管理
トポテカン
トポテカン
適格基準

            除外基準
            

            治験の実施期間
            
June 30, 2023 ~ 
試験公開情報(詳細情報)
NCT02502266

詳細情報:https://ClinicalTrials.gov/show/NCT02502266

場所
Ehime University Hospital, Toon, Ehime, Japan
Hokkaido University Hospital, Sapporo, Hokkaido, Japan
Kagoshima City Hospital, Kagoshima City, Kagoshima, Japan
The Cancer Institute Hospital Of JFCR, Koto-ku, Tokyo, Japan
Kindai University, Osaka, Japan
Saitama Medical University International Medical Center, Saitama, Japan
National Cancer Center Hospital, Tokyo, Japan
連絡

            被験者募集状況
            
Recruiting

<治験のお問い合わせ先について>


【問い合わせ先】
・Webサイト『オンコロ』:0120-974-268(平日:10:00~18:30)
・メールアドレス:info_oncolo@3h-ct.co.jp

【免責事項】
オンコロトライアルサーチで検索する臨床試験(治験)情報は一般公開されているUMIN、ClinicalTrial.govに掲載されている情報となります。したがって、元サイトの更新状況によっては募集中と記載されていても終了となっている場合がある等、実際の状況と異なる可能性がございます。