423件の検索結果

進行中または転移している固形がんにおける実験薬BMS-986207単独およびニボルマブとの併用による安全性と有効性を評価するための調査免疫療法研究

本研究の目的は、実験薬BMS-986207の安全性と有効性を単独で、および進行または拡がっている固形がんにおけるニボルマブと組み合わせて評価することである。

治験の実施期間: June 26, 2025 ~ 詳細

固形腫瘍および非ホジキンリンパ腫患者におけるPDR001との併用によるNIR178の相2研究

この第2相研究の目的は、複数の固形腫瘍およびびまん性大細胞リンパ腫(DLBCL)におけるPDR001と組み合わせたNIR178の有効性および安全性を評価し、A2aRの阻害による免疫活性化を最適化するためのNIR178のスケジュール変動をさらに検討することである。

治験の実施期間: March 31, 2022 ~ 詳細

局所局所肝細胞がん患者におけるデュルバルマブおよびベバシズマブ療法との併用による経動脈性化学塞栓症(TACE)の評価に関するグローバル研究

局所局所肝細胞がん患者におけるデュルバルマブおよびベバシズマブ療法と組み合わせた経動脈化学塞栓症(TACE)を評価するためのグローバル研究

治験の実施期間: September 19, 2022 ~ 詳細

ジェネンテックおよび/またはF・ホフマン・ラ・ロシュ(株)主催のアテゾリズマブ研究に以前に登録した患者の研究

これは、オープンラベル、マルチセンター、エクステンションスタディです。 Genentechまたはロッシュ主催の研究(親研究)への参加中に、他の薬剤または比較剤と組み合わせて、テゾリズマブ単独療法またはテゾリズマブによる臨床的利益を受けている患者。治療を継続する資格があり、その研究へのアクセス権を持たない患者治療を局所的に行う場合、親スタディからロールオーバーした後も、このエクステンションスタディで引き続き研究治療を受ける可能性があります。

治験の実施期間: July 5, 2028 ~ 詳細

以前にトラスチズマブ・エタンシンを単独で治療した参加者、または親研究の一つで他の抗がん療法と組み合わせて治療した参加者のトラスチズマブ・エタンシンの安全拡張研究

これは、グローバルなマルチセンター、オープンラベル安全拡張スタディです。 Genentech/Roche 主催の親研究で他の薬剤と組み合わせて投与された単剤型トラストツツマブエムタンシンまたはトラストツツマブエムタンシンを受けた参加者は、親研究の閉鎖時に有効で有益性を引き出す。

治験の実施期間: September 20, 2029 ~ 詳細

PF-06873600を単剤とし、内分泌療法と組み合わせた安全性、薬物動態、薬力学的および抗腫瘍研究

単剤として投与した後、内分泌療法と組み合わせて投与したPF-06873600のオープンラベル、多センター、非ランダム化、複数投与、安全性、忍容性、薬物動態、および薬力学および臨床活性研究。この研究には、第1部単剤用量増加および内分泌療法の併用用量検出成分と、内分泌療法と組み合わせた第2部用量拡張の2つの部分が含まれている。

治験の実施期間: May 1, 2023 ~ 詳細

日本におけるRa-223による治療満足度

本研究は、「日本人の骨転移性CRPC患者はRa-223治療に満足しているのか、そしてどのような要因がそのような満足度を高めているのか」という研究の質問に答えることを目的としている。 また、Ra-223による治療中に前立腺がんに関する患者の不安を判定し、生活の質への影響を評価することを目的としています。

治験の実施期間: June 30, 2022 ~ 詳細

[IPSS-R中間、高または超高リスク骨髄異形成症候群(MDS)の被験者における低メチル化剤と組み合わせたMBG453の研究]

このフェーズIIは、IPSS-R中間、高リスクまたは非常に高リスクの骨髄異形成症候群(MDS)を有する成人被験者において、低メチル化剤(アザシチジンまたはデシタビン)に添加されたMBG453またはプラセボの多施設、ランダム化、二腕並列群、二重ブラインド、プラセボ対照研究である造血幹細胞移植(HSCT)または集中化学療法。

治験の実施期間: April 29, 2022 ~ 詳細

ALK 陽性非小細胞肺がん患者におけるアジュバントアレクチニブとアジュバントプラチナベースの化学療法の比較

この無作為化、活性制御、マルチセンター、オープンラベル、第 III 相の研究は、アジュバント設定における白金ベースと比較して、アレクチニブの有効性と安全性を調査するように設計されている。 実験腕の参加者は、24ヶ月間食物と一緒に摂取した600 mgでアレクチニブを投与する(BID)。 対照群の参加者は、4サイクル用に指定された白金ベースの化学療法レジメンの1つを受ける。 治療が完了した後、参加者は病気の再発まで病気の追跡を行います。 疾患の再発時に、参加者は死亡、同意の撤回、または研究終了のいずれか早い方まで生存率フォローアップを行います。

治験の実施期間: June 30, 2023 ~ 詳細

ペンブロリズマブ(MK-3475)研究で現在治療中またはフォローアップ中の進行腫瘍の参加者を対象とした長期安全性および有効性の延長研究 (MK-3475-587/KEYNOTE-587)

本研究の目的は、この延長研究にロールオーバーしたメルク・ペンブロリズマブに基づく以前の親研究の参加者におけるペンブロリズマブ(MK-3475)の長期的な安全性と有効性を評価することである。 この研究は、1)第1コースフェーズ、2)生存フォローアップフェーズ、または3)第2コースフェーズの3つのフェーズから構成される。 各参加者は、親スタディの完了時のスタディフェーズに応じて、次の 3 つのフェーズのいずれかでこのエクステンションスタディにロールオーバーします。 親研究で研究治療の第1コースフェーズにいた参加者は、本研究の第1コースフェーズに入り、ペンブロリズマブまたはペンブロリズマブベースの組み合わせによる最大35サイクルの研究治療を完了する。 親研究のフォローアップ段階(治療後または生存フォローアップ段階)にあった参加者は、この研究の生存フォローアップ段階に入ります。 親研究で第2コースフェーズに入った参加者は、本研究の第2コースフェーズに入り、ペンブロリズマブまたはペンブロリズマブベースの組み合わせによる最大17サイクルの研究治療を完了する。 ペムブロリズマブへのクロスオーバーが疾患の進行時に許可された親試験に由来するすべての参加者は、35回投与(約2年)のペンブロリズマブに適格であり得るが、対照群およびペンブロリズマブ上で進行中に進行し、潜在的なクロスオーバー参加者が評価されています。

治験の実施期間: May 10, 2028 ~ 詳細

進行固形腫瘍の参加者における単独療法としておよびペンブロリズマブ(MK-3475)との併用によるMK-4830の研究(MK-4830-001)

この研究には、線量のエスカレーション(パートA、B、C)と線量拡張(コホートA-L)の部分があります。用量のエスカレーションは、MK-4830単独療法投与(パートAおよびB)およびペンブロリズマブ(パートC)との併用における安全性、忍容性、および予備的有効性を評価することです。用量拡張は、ペンブロリズマブと組み合わせてMK-4830の客観的奏効率(ORR)を評価し、ペンブロリズマブおよび化学療法と組み合わせて投与されるMK-4830の安全性、忍容性およびORRを評価することである。この研究には正式な仮説検定はない。

治験の実施期間: November 18, 2024 ~ 詳細

急性リンパ芽球性白血病成人におけるポナチニブ対イマチニブの研究

本研究では、新たにフィラデルフィア染色体陽性急性リンパ芽球性白血病(Ph+ALL)と診断された成人では、ポナチニブまたはイマチニブの第一選択療法を受ける。 本研究の主な目的は、疾患の徴候を示さない各治療における参加者数を比較することである。 参加者は、ポナチニブまたはイマチニブの錠剤を毎日同時に投与し、強度低下化学療法を最大20ヶ月間服用する。その後、研究の中止基準を満たすまで、単剤療法(ポナチニブまたはイマチニブ)を継続する。

治験の実施期間: June 14, 2022 ~ 詳細

周術的ペムブロリズマブ(MK-3475)プラスネオアジュバント化学療法 vs 周術プラシーボプラスネオアジュバント化学療法(MIBC)に対するシスプラチン適格筋浸潤性膀胱がん(MK-3475-866/KEYNOTE-866)

シスプラチン適格患者における化学療法 vs プラセボからペムブロリズマブ+化学療法による術周囲ペムブロリズマブを評価するためのグローバル研究。

治験の実施期間: June 15, 2025 ~ 詳細

MCrPC被験者におけるAMG 160の安全性、忍容性、薬物動態および有効性

転移性去勢抵抗性前立腺癌(mCrPC)を有する成人被験者におけるAMG 160およびペムブロリズマブとの併用における安全性および忍容性を評価し、最大許容用量(MTD)または推奨第2相用量(RP2D)を決定する研究。

治験の実施期間: December 5, 2025 ~ 詳細

以前に治療されたc-Met+非小細胞肺がん被験者におけるテレソツマブベドチン(ABBV-399)の研究

この研究は、標的となる非小細胞肺がん(NSCLC)母集団を同定するように設計されており、c-Met(c-Met+)が2行目または3行目の設定(ステージ1)でテレソツマブベドチン療法に最も適しており、次にグループを拡張して、選択された個体群の有効性をさらに評価する()(ステージ 2)。

治験の実施期間: January 16, 2025 ~ 詳細

局所進行または転移性固形腫瘍の被験者におけるABBV-151の安全性、耐容性、薬物動態およびRP2Dを単剤として決定する研究

この研究では、単独療法として、およびABBV-181と組み合わせて投与されたABBV-151の推奨第2相用量(RP2D)を決定するとともに、ABBV-151の安全性、薬物動態(PK)、および予備的有効性を評価する。 この研究は、用量のエスカレーションと用量の拡張の2段階で構成されています。

治験の実施期間: April 23, 2023 ~ 詳細

再発および難治性多発性骨髄腫(RRMM)の被験者におけるbb2121対標準トリプレットレジメンの有効性と安全性の研究

これは、再燃および難治性多発性骨髄腫(RRMM)を有する被験者におけるbb2121と標準トリプレットレジメンの有効性と安全性を比較した多施設ランダム化オープンラベルフェーズ3研究である。 この研究は、RRMMで約381人の被験者をランダム化すると予想される。 約254人の被験者が治療アームAにランダム化され、約127人の被験者が治療アームBにランダム化される。

治験の実施期間: May 16, 2022 ~ 詳細

小細胞肺がん成人におけるAMG 757の安全性、耐容性、およびPKを評価する研究

小細胞肺がん被験者におけるAMG 757の安全性、忍容性、薬物動態を評価するための研究

治験の実施期間: May 31, 2023 ~ 詳細

再燃または難治性多発性骨髄腫の被験者におけるレナリドマイドおよびデキサメタゾンと組み合わせた週1回 vs 週2回のカルフィルゾミブを比較した研究

56 mg/m2の有効性の比較レナリドマイドおよびデキサメタゾン(KRd 56 mg/m2)との組み合わせで週1回投与されたカルフィゾミブは、レナリドマイドおよびデキサメタゾン(KRd 27 mg/m2)と併用して27mg/m2カルフィゾミブを複数の再燃または不応性の被験者で投与しました骨髄腫 (RRMM)治療の前行は1〜3行である。

治験の実施期間: December 31, 2022 ~ 詳細

高度悪性腫瘍患者におけるREGN2810 (抗PD-1) の安全性と薬物動態

本研究の主な目的は、進行悪性腫瘍患者におけるREGN2810の安全性、忍容性、薬物動態(PK)を評価することである。 この研究の二次目的は、REGN2810の免疫原性を評価することである。

治験の実施期間: May 24, 2026 ~ 詳細
« 1 2 3 4 5 ... 22 »

オンコロトライアルサーチとは

日本で実施しているがんの臨床試験(治験)を一括で調べることの出来る臨床試験(治験)検索システムです。

現在のところ臨床試験(治験)の情報は、UMIN、JAPIC、ClinicalTrial.govの3つのいずれかに登録がされており、それらはすべて公開されています。しかし、掲載されている情報は重複していたり、1サイトのみ掲載であるなど、統一されていないため、それぞれのサイトで検索をかけなければなりません。さらに、サイトによっては検索システムが使いにくいものや、英語での表記であることなどの問題があります。そのために自身が探そうとしている情報にたどり着くのが難しい現状があります。

オンコロトライアルサーチではこれらの問題点を解決し、患者さんやご家族が必要とする治験の情報にたどり着けるようするサービスを目指していきます。

※現在JAPICの治験情報について掲載調整中です。

臨床試験(治験)の情報があるだけでは十分ではありません

参加をしたいと思える臨床試験(治験)が見つかっても、実際に参加するためには、まだいくつかのステップが存在します。
具体的には、①情報を探す、②参加条件を確認する、③参加方法を知る、ことが必要となります。

オンコロ治験問合せ窓口へご連絡ください

オンコロでは参加を検討するに当たり、情報を必要としている方にむけて、臨床試験(治験)について相談いただける「治験問合せ窓口」を設けています。患者さんが臨床試験(治験)に参加できる可能性があるかどうかや、問合せ内容によってはより詳しい情報提供が出来る場合もございます。

治験お問合せ窓口について
電話番号:0120-974-268 (平日:10:00~18:30)
メールアドレス:info_oncolo@clinical-t.com

免責事項

オンコロトライアルサーチで検索する臨床試験(治験)情報は一般公開されているUMIN、ClinicalTrial.govに掲載されている情報となります。したがって、元サイトの更新状況によっては募集中と記載されていても終了となっている場合がある等、実際の状況と異なる可能性がございます。