442件の検索結果

第一線進行胆道がん患者におけるデュルバルマブまたはプラシーボとゲムシタビン/シスプラチンとの併用(TOPAZ-1)

第一線進行胆道がん患者におけるデュルバルマブまたはプラシーボとゲムシタビン/シスプラチンとの併用(TOPAZ-1)

治験の実施期間: June 30, 2022 ~ 詳細

以前に未治療マントル細胞リンパ腫を有する被験者におけるベンダムスチンとリツキシマブ単独 vs アカラブルチニブとの組み合わせに関する研究

この研究では、以前に未治療のマントル細胞リンパ腫を有する被験者におけるアカラブルチニブとベンダムスチンおよびリツキシマブ(BR)との組み合わせによるプラセボプラスBRの有効性を評価している。

治験の実施期間: November 14, 2022 ~ 詳細

FLT3 変異 AMLを用いた新たに診断された小児患者における安全性、有効性および薬物動態を評価するためのミドストタウリンと化学療法との組み合わせによるグローバル研究

この研究では、新たに診断されたFLT3 突然変異した急性骨髄性白血病を有する小児科患者における標準的な化学療法と組み合わせたミドストウリンの安全性、有効性および薬物動態を評価する。この研究では、推奨される第 2 位用量を定義するパート1、および有効性を評価するパート2 ミドストウロンの安全性。 すべての患者は、2つの誘導ブロック、3つの統合ブロック、ミドストウリン連続的な治療からなる統合後の12サイクル、およびフォローアップ段階からなる同じ治療レジメンに従う。

治験の実施期間: August 18, 2025 ~ 詳細

胃および胃食道ジャンクション(GEJ)がんに対する治療としてのプラシーボプラスmFOLFOX6と比較したゾルベツキシマブ(実験薬物)プラスmFOLFOX6化学療法の有効性、安全性、耐容性の研究

クロウディン18.2陽性、HER2陰性、局所進行切除不能または転移性胃または胃食道接合腺がんの被験者におけるゾルベツキシマブ(IMAB362)+mFOLFOX6 vs プラセボ+mFOLFOX6の研究。 なぜこの研究が行われているのですか? SPOTLIGHTは、以下のいずれかを有する成人患者のための新しい臨床試験です: 切除不能の進行性胃がんまたはGEJがん 転移性胃がんまたはGEJがんこれらのタイプのがんには、固有のタンパク質(Claudin 18.2と呼ばれる)があります。 がん細胞を殺すためにタンパク質を標的とする治療法を使用できるかもしれません。 上記のいずれかのタイプのがんの患者では、mFOLFOX6(オキサリプラチン、ロイコボリン、フルオロウラシルと呼ばれる3つの化学療法の組み合わせ)が現在の治療法選択肢である。 本研究は、ゾルベツキシマブ(IMAB362)と呼ばれる実験薬をテストしている。 ゾルベツキシマブは、がん細胞死を引き起こすがん細胞上のクローディン18.2に付着する。 患者は、偶然に2つのグループのうちの1つに割り当てられ、以下のいずれかに与えられる: mFOLFOX6を伴うゾルベツキシマブ; または mFOLFOX6を有するプラセボプラセボは、実験薬のように見えるが、薬を含まない治療である。 この研究の目標は、mFOLFOX6を伴うゾルベツキシマブが、がんが悪化するのを阻止することによって患者が長生きするのに役立つかどうかを調べることです。

治験の実施期間: February 28, 2022 ~ 詳細

固形腫瘍を有する被験者におけるE7389リポソーム製剤の研究

E7389リポソーム製剤(E7389-LF)の最大許容用量(MTD)は、用量エスカレーション部分で決定される。 拡張第1部およびアデノイド嚢胞がん(ACC)、胃がん(GC)、食道がん(EGC)、および小細胞肺がん(SCLC)の参加者の乳がん参加者の用量エスカレーション部分で評価された治療レジメンを用いて安全性、薬物動態(PK)および有効性を評価する。拡張パート 2、3、4、5。

治験の実施期間: February 28, 2023 ~ 詳細

先端非小細胞肺がん参加者におけるヒト二特異性 EGFRおよびcMet 抗体 JNJ-61186372の研究

本研究の目的は、安全性と薬物動態を評価し、推奨される第 2 相線量(RP2D)レジメンを確立し、進行した非小細胞肺がん(NSCLC)の参加者におけるJNJ-61186372の予備効力を評価することである。

治験の実施期間: January 15, 2024 ~ 詳細

進行性尿路上皮がんおよび線維芽細胞増殖因子受容体遺伝子収差を持つ参加者を特定するための研究

本研究の目的は、尿路上皮がん(UC)および選択された線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)異常の参加者を記録腫瘍組織の分子検査を通じて特定することである。

治験の実施期間: April 4, 2023 ~ 詳細

局所進行または転移性固形腫瘍の被験者におけるABBV-151の安全性、耐容性、薬物動態およびRP2Dを単剤として決定する研究

この研究では、単独療法として、およびABBV-181と組み合わせて投与されたABBV-151の推奨第2相用量(RP2D)を決定するとともに、ABBV-151の安全性、薬物動態(PK)、および予備的有効性を評価する。 この研究は、用量のエスカレーションと用量の拡張の2段階で構成されています。

治験の実施期間: April 23, 2023 ~ 詳細

非ホジキンリンパ腫(NHL)および慢性リンパ性白血病(CLL)患者におけるJNJ-67856633の研究

本研究の目的は、再燃/難治性B細胞非ホジキンリンパ腫および慢性リンパ性白血病患者における推奨第2相線量レジメンまたはJNJ-67856633の最大許容線量を決定することである。

治験の実施期間: August 22, 2022 ~ 詳細

進行性非小細胞肺がんに対するバイオマーカー指向ペンブロリズマブ (MK-3475) ベースの併用療法に関する研究 (MK-3475-495/KEYNOTE-495)

本研究では、事前全身療法を行わない進行性非小細胞肺がん(NSCLC)の研究参加者に対するバイオマーカーベースのトリアージの有用性を調査する。 バイオマーカーベースの分類器(遺伝子発現プロファイル [GEP] および腫瘍変異負荷 [TMB])によって定義されたグループ内の研究参加者は、MK-1308、MK-4280、またはレンバチニブと組み合わせてペンブロリズマブを受けるようにランダム化される。 主な仮説は以下の通りである:MK-1308、MK-4280、またはレンバチニブのいずれかと組み合わせてペムブロリズマブを受けている参加者では、客観的応答率(ORR)は1)低いGEPおよび低いTMBの参加者間で5%を超え、2)低いGEPおよび高いTMBを有する参加者の間で20%を超える、3)高いGEPと低いTMBの参加者の間で20%以上、および4)高いGEPと高いTMBの参加者の間で45%を超える。

治験の実施期間: February 10, 2025 ~ 詳細

本研究では、早期NSCLC被験者に対する単独療法またはネオアジュバント治療として投与されたカナキヌマブまたはペムブロリズマブの効果を評価する。

単一の薬剤としてのペムブロリズマブのMPR率を評価することに加えて、ネオアジュバント治療として投与されたカナキヌマブの主要な病理学的応答(MPR)率。さらに、治療前、治療後、治療後のサンプルを比較することにより、腫瘍微小環境の動態が評価される。

治験の実施期間: November 10, 2022 ~ 詳細

以前に治療されたc-Met+非小細胞肺がん被験者におけるテレソツマブベドチン(ABBV-399)の研究

この研究は、標的となる非小細胞肺がん(NSCLC)母集団を同定するように設計されており、c-Met(c-Met+)が2行目または3行目の設定(ステージ1)でテレソツマブベドチン療法に最も適しており、次にグループを拡張して、選択された個体群の有効性をさらに評価する()(ステージ 2)。

治験の実施期間: January 16, 2025 ~ 詳細

赤血球輸血を必要とするESA素朴な被験者におけるIPSS-Rによる貧血治療におけるLuspatercept(ACE-536)対エポエチンアルファの有効性と安全性研究

本研究は、ヒト用医薬品の登録に関する技術要件の国際調和評議会(ICH)および適用可能な規制要件に準拠して実施されます。 これは、RBC輸血を必要とするESAナイーブな被験者におけるIPSS-Rによる貧血の治療について、luspatercept(ACE-536)とエポエチンアルファの有効性と安全性を比較するための介入型アクティブコントロール、オープンラベル、ランダム化フェーズ3研究である。 この研究は、スクリーニング期間、治療期間および治療後フォローアップ期間に分けられる。

治験の実施期間: September 30, 2022 ~ 詳細

この研究は、異なる種類のがん(固形腫瘍)患者における安全な用量BI 905677を見つけて検査することを目的

この試験の主な目的は、静脈内注入として与えられたBI 905677の最大許容用量(MTD)を決定し、BI 905677の開発におけるさらなる試験の推奨用量および投与スケジュールを決定することである。 MTDは、MTD評価期間中に用量制限毒性(DLT)を経験した患者の頻度に基づいて定義され、治療の最初のサイクルとして定義される。 スケジュールAを投与し、スケジュールBを投与するために別々のMTDが決定されます。スケジュールBへの採用は、スケジュールAのMTDに達した後に開始されます。 試験の二次的な目的は次のとおりです。 -BI 905677の薬物動態プロファイルを決定するには

治験の実施期間: October 29, 2021 ~ 詳細

以前に手術を受けたI-IIA 期の子宮頸がん患者における化学療法の併用または併用による放射線療法

このランダム化第 III 相試験では、化学療法による放射線療法を研究し、以前に手術を受けたI-IIA 期の子宮頸がん患者の治療において、放射線療法単独と比較してどれだけ効果があるかを調べる。 放射線療法は高エネルギーX 線を用い、腫瘍細胞を殺傷する。 シスプラチンなどの化学療法に使用される薬物は、細胞を殺すか、分裂するのを止めるか、または拡散を止めることによって、腫瘍細胞の増殖を止めるためにさまざまな方法で働く。 子宮頸がん患者の治療において、放射線療法と化学療法を併用する方が放射線療法単独よりも効果的かどうかはまだ分かっていません。

治験の実施期間: December 31, 2021 ~ 詳細

前立腺がん患者におけるAbemaciclib(LY2835219)の有無にかかわらず、アビラテロン酢酸+プレドニゾンの研究

この研究は、転移性去勢抵抗性前立腺がん患者において、アセテート・アビラテロン+プレドニゾンと共に投与された場合のAbemaciclibがどれほど安全かつ効果的であるかを確認するために行われている。プレドニゾロンは、地域の規制ごとにプレドニゾンの代わりに使用することができる。

治験の実施期間: December 13, 2023 ~ 詳細

この研究は、異なるタイプの進行がん(固形腫瘍)の患者における最良用量BI 908228を見つけることを狙う

フェーズIa-試験の用量エスカレーション部分の主な目的は、最初の治療サイクル中に毒性(DLT)を制限する用量を経験した患者の頻度、およびBI 90728 単独療法の拡張(RDE)の推奨用量に基づいて、最大許容用量(MTD)を決定することです。有害事象(AE)の発生と重症度を2つの異なるスケジュール(21日ごとに1回投与するアームA、28日ごとに1回投与するアームB)でモニタリングすることにより、その安全性と忍容性を評価する。 二次的な目的は、BI908228単独療法の薬物動態(PK)プロファイルの決定、および進行性または転移性固形腫瘍患者における抗腫瘍活性の予備評価である。 フェーズIb-試験の拡張コホートでは、主な目的は有効性を評価し、RDEにおける安全性およびPKプロファイルをさらに評価し、推奨フェーズ2用量(RP2D)を決定することです。

治験の実施期間: March 21, 2023 ~ 詳細

BI754091および754111との組み合わせで異なる用量のBI 90828 を検査するための異なるタイプの進行がん(固形腫瘍)患者における研究

フェーズIa-線量エスカレーション 用量エスカレーション部分の主な目的は、用量制限毒性(DLT)を経験した患者の頻度に基づいて、BI 754091およびBI 754111と組み合わせてBI 90728 の最大許容用量(MTD)を決定することであり、および/またはBI 907228のさらなる開発のための推奨用量を組み合わせて決定することであると、有害事象 (AE) の発生と重大度を監視することにより、BI 754091 および BI 754111 と組み合わせて BI 907828 の安全性と忍容性を評価します。 二次的な目的は、CmaxおよびAUC0-tzに基づくBI 90728、BI 754091およびBI 754111の薬物動態(PK)プロファイルの決定、および抗腫瘍活性の予備評価である。 フェーズIb-用量拡張 用量拡張部分の主な目的は、BI 907828、BI 754091、およびBI 754111の組み合わせの予備的な有効性を評価することです。 二次的な目標は、安全性、推奨膨張用量(RDE)でのPKプロファイルをさらに評価し、推奨フェーズII用量(RP2D)を決定することです。

治験の実施期間: September 9, 2022 ~ 詳細

進行固形腫瘍の参加者における免疫療法であるABBV-927およびABBV-181の研究

これは、ABBV-927の安全性、薬物動態および薬力学を評価し、単独療法またはABBV-181との併用療法として投与された場合のABBV-927の最大許容用量(MTD)または推奨フェーズ2用量(RPTD)を決定するために設計された用量エスカレーション研究である。進行性固形腫瘍。

治験の実施期間: February 25, 2022 ~ 詳細

高度な固形腫瘍に対するDS-1062aのヒトでの最初の研究

この研究は、他の治療によって治癒されていないNSCLCを有する参加者の一つのグループである。 それは、薬物がヒトで使用された初めてであり、2つの部分に分かれています。 部品の主な目的は次のとおりです。 投与量エスカレーション:安全性と忍容性を調査し、DS-1062a の最大許容用量(MTD)と推奨用量(RDE)を決定する 用量拡張:DS-1062a の安全性と忍容性を調査する この研究は最後に期待される 最初の被験者が登録されてから最後の被験者が研究から外れた時点までの約 2.5 年。 この研究では、治療サイクル数は固定されていません。 研究の治療の恩恵を受け続ける参加者は、次の場合を除き、継続することができます: 彼らは撤退 病気が悪化する 彼らは容認できない副作用を経験する。

治験の実施期間: January 1, 2024 ~ 詳細
« 1 2 3 4 ... 23 »

オンコロトライアルサーチとは

日本で実施しているがんの臨床試験(治験)を一括で調べることの出来る臨床試験(治験)検索システムです。

現在のところ臨床試験(治験)の情報は、UMIN、JAPIC、ClinicalTrial.govの3つのいずれかに登録がされており、それらはすべて公開されています。しかし、掲載されている情報は重複していたり、1サイトのみ掲載であるなど、統一されていないため、それぞれのサイトで検索をかけなければなりません。さらに、サイトによっては検索システムが使いにくいものや、英語での表記であることなどの問題があります。そのために自身が探そうとしている情報にたどり着くのが難しい現状があります。

オンコロトライアルサーチではこれらの問題点を解決し、患者さんやご家族が必要とする治験の情報にたどり着けるようするサービスを目指していきます。

※現在JAPICの治験情報について掲載調整中です。

臨床試験(治験)の情報があるだけでは十分ではありません

参加をしたいと思える臨床試験(治験)が見つかっても、実際に参加するためには、まだいくつかのステップが存在します。
具体的には、①情報を探す、②参加条件を確認する、③参加方法を知る、ことが必要となります。

オンコロ治験問合せ窓口へご連絡ください

オンコロでは参加を検討するに当たり、情報を必要としている方にむけて、臨床試験(治験)について相談いただける「治験問合せ窓口」を設けています。患者さんが臨床試験(治験)に参加できる可能性があるかどうかや、問合せ内容によってはより詳しい情報提供が出来る場合もございます。

治験お問合せ窓口について
電話番号:0120-974-268 (平日:10:00~18:30)
メールアドレス:info_oncolo@clinical-t.com

免責事項

オンコロトライアルサーチで検索する臨床試験(治験)情報は一般公開されているUMIN、ClinicalTrial.govに掲載されている情報となります。したがって、元サイトの更新状況によっては募集中と記載されていても終了となっている場合がある等、実際の状況と異なる可能性がございます。