423件の検索結果

この研究は、異なるタイプの進行がん(固形腫瘍)の患者における最良用量BI 908228を見つけることを狙う

フェーズIa-試験の用量エスカレーション部分の主な目的は、最初の治療サイクル中に毒性(DLT)を制限する用量を経験した患者の頻度、およびBI 90728 単独療法の拡張(RDE)の推奨用量に基づいて、最大許容用量(MTD)を決定することです。有害事象(AE)の発生と重症度を2つの異なるスケジュール(21日ごとに1回投与するアームA、28日ごとに1回投与するアームB)でモニタリングすることにより、その安全性と忍容性を評価する。 二次的な目的は、BI908228単独療法の薬物動態(PK)プロファイルの決定、および進行性または転移性固形腫瘍患者における抗腫瘍活性の予備評価である。 フェーズIb-試験の拡張コホートでは、主な目的は有効性を評価し、RDEにおける安全性およびPKプロファイルをさらに評価し、推奨フェーズ2用量(RP2D)を決定することです。

治験の実施期間: March 21, 2023 ~ 詳細

進行固形腫瘍におけるペンブロリズマブと組み合わせたMK-1308の安全性、薬物動態(PK)、有効性(MK-1308-001)

本研究では、進行固形腫瘍の参加者にペンブロリズマブと組み合わせて使用した場合、MK-1308の用量を増強する場合の安全性、忍容性、薬物動態(PK)、および予備有効性を評価する。

治験の実施期間: June 25, 2022 ~ 詳細

高度な固形腫瘍に対するDS-1062aのヒトでの最初の研究

この研究は、他の治療によって治癒されていないNSCLCを有する参加者の一つのグループである。 それは、薬物がヒトで使用された初めてであり、2つの部分に分かれています。 部品の主な目的は次のとおりです。 投与量エスカレーション:安全性と忍容性を調査し、DS-1062a の最大許容用量(MTD)と推奨用量(RDE)を決定する 用量拡張:DS-1062a の安全性と忍容性を調査する この研究は最後に期待される 最初の被験者が登録されてから最後の被験者が研究から外れた時点までの約 2.5 年。 この研究では、治療サイクル数は固定されていません。 研究の治療の恩恵を受け続ける参加者は、次の場合を除き、継続することができます: 彼らは撤退 病気が悪化する 彼らは容認できない副作用を経験する。

治験の実施期間: January 1, 2024 ~ 詳細

再発白金耐性卵巣がんの治療のためのパクリタキセル対パクリタキセルを用いたVB-111の研究(OVAL)

この第3相ランダム化多施設研究の目的は、再発白金耐性卵巣がん患者において、VB-111およびパクリタキセルとプラセボおよびパクリタキセルを比較することである。

治験の実施期間: December 2022 ~ 詳細

限られた病期小細胞肺がん患者の治療におけるアテゾリズマブの併用または併用による化学放射線療法

この第III相試験では、アテゾリズマブの併用または併用しない化学療法および放射線療法(化学放射線療法)が限限期小細胞肺がんの患者の治療にどの程度うまく機能するかを研究しています。エトポシド、シスプラチン、カルボプラチンなどの化学療法に使用される薬物は、細胞を殺すか、分裂を止めたり、拡散するのを止めることによって、腫瘍細胞の増殖を止めるためにさまざまな方法で働きます。放射線療法では、高エネルギーX線を使用して腫瘍細胞を殺傷し、腫瘍を縮小します。アテゾリズマブなどのモノクローナル抗体による免疫療法は、身体の免疫系ががんを攻撃するのに役立ち、腫瘍細胞の増殖および拡がり能力を妨げる可能性があります。アテゾリズマブの有無にかかわらず化学放射線療法を行うと、限られた病期小細胞肺がんの患者の治療に効果がある可能性があります。

治験の実施期間: December 28, 2026 ~ 詳細

治癒治療後の再発HCC患者のリスクが高い場合、デュルバルマブ単独またはベバシズマブと組み合わせた有効性と安全性の評価

再発のリスクが高い肝細胞がん患者におけるデュルバルマブの有効性と安全性をベバシズマブまたはデュルバルマブ単独と組み合わせて評価するためのグローバル研究。

治験の実施期間: May 31, 2023 ~ 詳細

再発または難治性小細胞肺がんの参加者におけるABBV-011単独およびブジガリマブ(ABBV-181)との併用による研究

これは、再燃または難治性小細胞肺がん(SCLC)の参加者において、単一の薬剤として、およびブジガリマブ(ABBV-181)と組み合わせて、ABBV-011の多施設オープンラベルフェーズ1研究である。この研究は3つの部分からなる。パートAは単剤ABBV-011用量探索レジメンコホートであり、その後にパートB、単剤ABBV-011用量拡張コホートが続く。次にパートC、ABBV-011およびブジガリマブ(ABBV-181)のエスカレーションおよび拡張コホートを組み合わせた。

治験の実施期間: July 29, 2024 ~ 詳細

特定のKRAS突然変異を認める固形腫瘍の被験者におけるAMG 510の安全性、耐容性、PK、有効性を評価する研究(コードブレーク100)

KRAS p.G12C変異体進行固形腫瘍を有する成人被験者におけるAMG 510の安全性および忍容性を評価する。 KRAS p.G12C変異体進行固形腫瘍を有する成人被験者における最大許容線量(MTD)および/または推奨相2用量(RP2D)を推定する。

治験の実施期間: November 11, 2024 ~ 詳細

AMG 176 再発または難治性の多発性骨髄腫および再発または難治性の急性骨髄性白血病の被験者におけるヒト試験で初めて

治験の実施期間: July 31, 2023 ~ 詳細

パン腫瘍ニボルマブロールオーバー研究

本研究の主な目的は、治療およびフォローアップの参加者におけるニボルマブの長期的安全性を検討することである。

治験の実施期間: August 25, 2025 ~ 詳細

再発白金耐性または不応性卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がんの治療におけるセディラニブマレ酸およびオラパリブまたは標準化学療法

このランダム化III/III相試験は、マレイン酸セジラニブおよびオラパリブが併用または別々に投与された場合にどれだけうまく機能するかを研究し、それらを、化学療法を受けた後に再発した(再発した)卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がんの患者の治療において、標準的な化学療法と比較します。白金(白金耐性)を含む薬物、または白金ベースの化学療法薬(白金耐火性)による治療中に増殖を続けた薬物。 マレイン酸セディラニブおよびオラパリブは、細胞増殖に必要な酵素を遮断することにより、腫瘍細胞の増殖を止めることがある。 化学療法で使用される薬物は、細胞を殺害、分裂の阻止、または増殖の阻止のいずれかによって、腫瘍細胞の増殖を止めるために、さまざまな方法で作用します。 マレイン酸セジラニブとオラパリブを併用すると、薬物単独または標準的な化学療法と比較して、がん細胞に多くの損傷を与えるかどうかはまだ分かっていません。

治験の実施期間: June 30, 2023 ~ 詳細

小児におけるNTRK 融合腫瘍の治療に対するラロトレクチニブの安全性と有効性の検査に関する研究

この研究は、小児におけるラロトレクチニブと呼ばれるがん薬の安全性を検査するために行われている。 がんは特定の遺伝子(NTRK1、NTRK2またはNTRK3)に変化していなければなりません。 ラロトレクチニブは、がん細胞におけるこれらのNTRK 遺伝子の作用を阻止するため、がんの治療に使用することができます。 最初の研究部分(フェーズ1)は、ラロトレクチニブの用量レベルが子供にとって安全であるか、薬物がどのように吸収され、身体によって変化するか、がんが薬物にどれだけ反応するかを決定するために行われる。 第 2の研究部(第 2 相)の主な目的は、ラロトレクチニンブによる治療に対して異なる種類のがんがどれだけ良好で、どのくらいの期間で反応するかを調べることである。

治験の実施期間: September 22, 2026 ~ 詳細

クローディン18.2(CLDN18.2)陽性、転移性膵腺がんの被験者における第一線治療としてNab-パクリタキセルおよびゲムシタビン(Nab-P + GEM)と組み合わせたIMAB362の抗腫瘍活性および安全性を評価するための研究

本研究の目的は、Nab-P + GEMと組み合わせてゾルベツキシマブの推奨相2用量(RP2D)を確認し、全生存率を決定し、併用治療の安全性および忍容性を評価することである。 この研究はまた、ゾルベツキシマブ、Nab-PおよびGEMの他の抗腫瘍作用、腫瘍マーカーおよび薬物動態(PK)を評価する。

治験の実施期間: September 30, 2024 ~ 詳細

高度悪性腫瘍患者におけるMAK683の安全性と有効性

このフェーズI/II研究の目的は、びまん性大細胞リンパ腫(DLBCL)などの進行悪性腫瘍患者におけるMAK683の安全性、抗腫瘍活性、薬物動態(PK)プロファイルを評価することです。上咽頭がん(NPC)または他の進行性固形腫瘍。これ以上の有効な標準治療は利用できない。

治験の実施期間: October 20, 2022 ~ 詳細

[進行固形腫瘍患者におけるDKY709単独またはPDR001との併用による安全性と有効性の研究]

これはフェーズI/Ib、オープンラベルスタディです。 エスカレーション部は、以前に抗PD-1/PD-L1療法を受けたNSCLCまたは黒色腫を有する被験者、またはNPCを有する被験者におけるPDR001と組み合わせたDKY709およびDKY709の安全性および忍容性を特徴付ける。 特定の治療群に対するMTD/RDの決定後、用量拡張は、MTD/RDにおける各レジメンの安全性、忍容性、PK/PD、および抗腫瘍活性をさらに評価する。

治験の実施期間: April 14, 2023 ~ 詳細

進行悪性腫瘍患者におけるNZV930とPDR001および/またはNIR178との併用によるNZV930の相I/Ib研究。

この研究の目的は、進行がん患者における実験的投薬 NZV930 単独およびPDR001および/またはNIR178と併用した場合の安全性、忍容性および予備的抗腫瘍活性を評価することである

治験の実施期間: September 16, 2022 ~ 詳細

赤血球輸血を必要とするESA素朴な被験者におけるIPSS-Rによる貧血治療におけるLuspatercept(ACE-536)対エポエチンアルファの有効性と安全性研究

本研究は、ヒト用医薬品の登録に関する技術要件の国際調和評議会(ICH)および適用可能な規制要件に準拠して実施されます。 これは、RBC輸血を必要とするESAナイーブな被験者におけるIPSS-Rによる貧血の治療について、luspatercept(ACE-536)とエポエチンアルファの有効性と安全性を比較するための介入型アクティブコントロール、オープンラベル、ランダム化フェーズ3研究である。 この研究は、スクリーニング期間、治療期間および治療後フォローアップ期間に分けられる。

治験の実施期間: September 30, 2022 ~ 詳細

限局性腎細胞がん患者におけるニボルマブとイピリムマブ対プラシーボの組み合わせの比較

この研究の目的は、ニボルマブとイピリムマブの組み合わせが、腎臓の部分的または完全な切除を経験した患者におけるがんの再発を遅らせたり予防したりするのに安全で効果的であるかどうかを判断することにある。

治験の実施期間: July 2, 2024 ~ 詳細

ゾルベツキシマブ(IMAB362)プラスCAPOXとクロウディン(CLDN)による被験者の第一選択治療としてのプラシーボプラスCAPOXとの比較、18.2-陽性、HER2陰性、局所進行切除不能または転移性胃または胃食道ジャンクション(GEJ)腺がん

本研究の目的は、進行自由生存率(PFS)によって測定されたゾルベツキシマブ+カペシタビンおよびオキサリプラチン(CAPOX)とプラセボ+CAPOX(第一選択治療として)の効力を評価することである。 この研究はまた、ゾルベツキシマブの有効性、安全性および忍容性、ならびに生活の質への影響を評価する。 ゾルベツキシマブの薬物動態(PK)およびゾルベツキシマブの免疫原性プロファイルも評価される。

治験の実施期間: June 30, 2022 ~ 詳細

再発または難治性多発性骨髄腫参加者におけるヴェネトクラックス、ダラツマブおよびデキサメタゾン(ボルテゾミブの有無にかかわらず)との併用療法の研究

これは、再燃または難治性多発性骨髄腫の参加者におけるこれらの組み合わせの安全性、忍容性および有効性を評価するために、ボルテゾミブ併用療法と併用しないベネトクラックス、ダラツムマブ、およびデキサメタゾンの研究である。研究は3つの異なる部分で構成されます:パート1には、daratumumab およびデキサメタゾン(vendD)と組み合わせてベネトクラックスを受けるT(11; 14)陽性再燃/耐火性(R/R)多発性骨髄腫の参加者が含まれます。パート2には、ベネトクラックスを受けるR/R多発性骨髄腫の参加者が含まれますダラツムマブ、ボルテゾミブ、デキサメタゾン(venDVD)との併用。パート3には、t(11; 14)陽性R/R多発性骨髄腫の参加者が含まれており、ダラツムマブとデキサメタゾン(vendD)またはダラツムマブ、ボルテゾミブ、デキサメタゾン(DVD)との組み合わせでベネトクラックスを投与する。 パート1とパート2は、非ランダム化であり、増加するベネトクラクス用量は、ダラツマブとデキサメタゾンの固定用量(パート1a)または固定用量のダラツマブ、ボルテゾミブ、デキサメタゾン(パート2a)で投与される用量エスカレーション段階から開始されます。各用量エスカレーション段階の後には、シングルアームのオープンラベル拡張段階が続きます。パート3には、ダラツマブとデキサメタゾン(vendD)またはダラツムマブ、ボルテゾミブ、デキサメタゾン(DVD)と組み合わせて、ヴェネトクラックスを投与した参加者がランダム化されたオープンラベル拡張フェーズが含まれます。

治験の実施期間: June 26, 2025 ~ 詳細
1 2 3 4 ... 22 »

オンコロトライアルサーチとは

日本で実施しているがんの臨床試験(治験)を一括で調べることの出来る臨床試験(治験)検索システムです。

現在のところ臨床試験(治験)の情報は、UMIN、JAPIC、ClinicalTrial.govの3つのいずれかに登録がされており、それらはすべて公開されています。しかし、掲載されている情報は重複していたり、1サイトのみ掲載であるなど、統一されていないため、それぞれのサイトで検索をかけなければなりません。さらに、サイトによっては検索システムが使いにくいものや、英語での表記であることなどの問題があります。そのために自身が探そうとしている情報にたどり着くのが難しい現状があります。

オンコロトライアルサーチではこれらの問題点を解決し、患者さんやご家族が必要とする治験の情報にたどり着けるようするサービスを目指していきます。

※現在JAPICの治験情報について掲載調整中です。

臨床試験(治験)の情報があるだけでは十分ではありません

参加をしたいと思える臨床試験(治験)が見つかっても、実際に参加するためには、まだいくつかのステップが存在します。
具体的には、①情報を探す、②参加条件を確認する、③参加方法を知る、ことが必要となります。

オンコロ治験問合せ窓口へご連絡ください

オンコロでは参加を検討するに当たり、情報を必要としている方にむけて、臨床試験(治験)について相談いただける「治験問合せ窓口」を設けています。患者さんが臨床試験(治験)に参加できる可能性があるかどうかや、問合せ内容によってはより詳しい情報提供が出来る場合もございます。

治験お問合せ窓口について
電話番号:0120-974-268 (平日:10:00~18:30)
メールアドレス:info_oncolo@clinical-t.com

免責事項

オンコロトライアルサーチで検索する臨床試験(治験)情報は一般公開されているUMIN、ClinicalTrial.govに掲載されている情報となります。したがって、元サイトの更新状況によっては募集中と記載されていても終了となっている場合がある等、実際の状況と異なる可能性がございます。