234件の検索結果

ALK、ROS1、またはNTRK1-3再配列を有する進行性固形腫瘍患者におけるレポレクチニブ(TPX-0005)に関する研究

フェーズ1の用量漸増により、ALK、ROS1、NTRK1、NTRK2、またはNTRK3を有する進行性固形悪性腫瘍の成人被験者に投与されるレポレクチニブの第1サイクルの用量制限毒性(DLT)、最大耐量(MTD)、生物学的有効用量、および第2相推奨用量(RP2D)が決定されます。遺伝子再配列。 ミダゾラムDDIサブスタディでは、CYP3A誘導に対するレポレクチニブの効果を調べる。 フェーズ2では、ROS1、NTRK1、NTRK2、またはNTRK3の遺伝子再配列を有する進行固形腫瘍の各被験者集団拡大コホートにおけるレポレクチニブの盲検独立中央レビュー(BICR)によって評価された、確認された全奏効率(ORR)が決定される。第2の目的には、ROS1、NTRK1、NTRK2、またはNTRK3の遺伝子再配列を有する進行固形腫瘍の各拡大コホートにおけるレポレクチニブの奏効期間(DOR)、応答時間(TTR)、無増悪生存(PFS)、全生存(OS)および臨床的利益率(CBR)が含まれる。

治験の実施期間: December 31, 2022 ~ 詳細

限られた病期小細胞肺がん患者の治療におけるアテゾリズマブの併用または併用による化学放射線療法

この第III相試験では、アテゾリズマブの併用または併用しない化学療法および放射線療法(化学放射線療法)が限限期小細胞肺がんの患者の治療にどの程度うまく機能するかを研究しています。エトポシド、シスプラチン、カルボプラチンなどの化学療法に使用される薬物は、細胞を殺すか、分裂を止めたり、拡散するのを止めることによって、腫瘍細胞の増殖を止めるためにさまざまな方法で働きます。放射線療法では、高エネルギーX線を使用して腫瘍細胞を殺傷し、腫瘍を縮小します。アテゾリズマブなどのモノクローナル抗体による免疫療法は、身体の免疫系ががんを攻撃するのに役立ち、腫瘍細胞の増殖および拡がり能力を妨げる可能性があります。アテゾリズマブの有無にかかわらず化学放射線療法を行うと、限られた病期小細胞肺がんの患者の治療に効果がある可能性があります。

治験の実施期間: December 28, 2026 ~ 詳細

旧オシメルチニブに追従するEGFRm+/MET+ NSCLC中のオシメルチニブプラスサボリティニブ

本研究(SAVANNAH研究)は、オシメルチニブによる治療後に進行しているEGFRm+およびMET+、局所進行または転移性のNSCLC患者におけるサボリティニブと組み合わせたオシマーチニブの有効性を調査する。

治験の実施期間: May 27, 2024 ~ 詳細

III~IV期または再発子宮内膜がんにおける通常の化学療法治療(パクリタキセルとカルボプラチン)への免疫療法薬ペンブロリズマブの添加試験

この第III相試験では、III期またはIV期の子宮内膜がん、または再発した(再発した)子宮内膜がん患者の治療において、ペンブロリズマブ、パクリタキセル、カルボプラチンの併用がパクリタキセルおよびカルボプラチン単独と比較してどの程度有効であるかを研究している。ペンブロリズマブなどのモノクローナル抗体による免疫療法は、体の免疫系ががんを攻撃するのを助け、腫瘍細胞の増殖と拡がりの能力を阻害することがあります。パクリタキセルとカルボプラチンは、この種のがんに対する通常の治療法の一部として使用される化学療法薬です。この研究の目的は、これらの薬剤に免疫療法を追加することが、このがんの治療に対する通常のアプローチよりも良いか悪いかを評価することです。

治験の実施期間: June 30, 2023 ~ 詳細

上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害剤(TKI)再燃間葉-上皮転移因子(MET)増幅非小細胞肺がん(NSCLC)におけるテポチニブ+オシメルチニブの研究

本研究では、進行性または転移性のNSCLC参加者の第3世代EGFR阻害剤オシメルチニブと組み合わせたMET阻害剤テポチニブの抗腫瘍活性、安全性、忍容性、薬物動態(PK)を評価する。

治験の実施期間: November 30, 2022 ~ 詳細

化学療法およびベバシズマブと組み合わせたデュルバルマブ治療、進行性卵巣がん患者における維持デュルバルマブ、ベバシズマブおよびオラパリブ治療が続く。

本研究は第III相ランダム化二重盲検多センター研究で、ケアの標準白金ベースの化学療法およびベバシズマブと組み合わせてデュルバルマブの有効性および安全性を評価し、続いて維持ジュルバルマブおよびベバシズマブまたはデュルバルマブ、ベバシズマブおよびオラパリブと組み合わせて評価する。進行性卵巣がんと診断された。

治験の実施期間: June 23, 2023 ~ 詳細

FLT3 変異 AMLを用いた新たに診断された小児患者における安全性、有効性および薬物動態を評価するためのミドストタウリンと化学療法との組み合わせによるグローバル研究

この研究では、新たに診断されたFLT3 突然変異した急性骨髄性白血病を有する小児科患者における標準的な化学療法と組み合わせたミドストウリンの安全性、有効性および薬物動態を評価する。この研究では、推奨される第 2 位用量を定義するパート1、および有効性を評価するパート2 ミドストウロンの安全性。 すべての患者は、2つの誘導ブロック、3つの統合ブロック、ミドストウリン連続的な治療からなる統合後の12サイクル、およびフォローアップ段階からなる同じ治療レジメンに従う。

治験の実施期間: August 18, 2025 ~ 詳細

多発性骨髄腫の被験者におけるCC-220単剤療法の用量、安全性、耐容性、有効性を決定する研究

これは、マルチセンター、マルチカントリー、オープンラベル、フェーズ1b/2a用量エスカレーション研究です:CC-220モノTのための線量エスカレーション(パート1)、DEXとDARAとの組み合わせでCC-220、DEXとCFZとの組み合わせでDEXおよびBTZおよびCC-220と組み合わせたDEXおよびCFZと組み合わせたCC-220。新たに診断された多発性骨髄腫のDEXおよびBTZと組み合わせた再発耐火性多発性骨髄腫およびCC-220との組み合わせでCC-220モノT、CC-220のためのRP2D(パート2)の拡大。

治験の実施期間: May 1, 2026 ~ 詳細

パン腫瘍ニボルマブロールオーバー研究

本研究の主な目的は、治療およびフォローアップの参加者におけるニボルマブの長期的安全性を検討することである。

治験の実施期間: August 25, 2025 ~ 詳細

根治的前立腺全摘除術の候補である高リスク、限局性または局所的に進展した前立腺がん患者のアパラタミドに関する研究

この研究の目的は、高リスクの限局性または局所進行前立腺がんの参加者において、根治的前立腺全摘除術の前後にアンドロゲン除去療法(ADT)プラスアパルタミドによる治療が病理学的完全応答(pCR)率および転移の改善につながるかどうかを判定することである。 ADTプラスプラセボと比較して、無料生存(MFS)、。

治験の実施期間: April 22, 2024 ~ 詳細

進行固形腫瘍の被験者におけるABBV-399の安全性、薬物動態(PK)、および予備有効性を評価する研究

これは、単剤療法としてのABBV-399の安全性、薬物動態(PK)、および予備的有効性を評価する1/1bのオープンラベル研究であり、c-Metを発現しそうな進行固形腫瘍を有する被験者におけるオシメルチニブ、エルロチニブ、ニボルマブおよびニボルマブとの組み合わせで評価する。 単独療法用腕、腕A、腕Dの入学は閉鎖されています。

治験の実施期間: December 8, 2023 ~ 詳細

再発および難治性多発性骨髄腫(RRMM)の被験者におけるbb2121対標準トリプレットレジメンの有効性と安全性の研究

これは、再燃および難治性多発性骨髄腫(RRMM)を有する被験者におけるbb2121と標準トリプレットレジメンの有効性と安全性を比較した多施設ランダム化オープンラベルフェーズ3研究である。 この研究は、RRMMで約381人の被験者をランダム化すると予想される。 約254人の被験者が治療アームAにランダム化され、約127人の被験者が治療アームBにランダム化される。

治験の実施期間: September 22, 2026 ~ 詳細

周術的ペムブロリズマブ(MK-3475)プラスネオアジュバント化学療法 vs 周術プラシーボプラスネオアジュバント化学療法(MIBC)に対するシスプラチン適格筋浸潤性膀胱がん(MK-3475-866/KEYNOTE-866)

シスプラチン適格患者における化学療法 vs プラセボからペムブロリズマブ+化学療法による術周囲ペムブロリズマブを評価するためのグローバル研究。

治験の実施期間: June 15, 2025 ~ 詳細

初期期非小細胞肺がん患者における定位体放射線療法後のデュルバルマブ対プラシーボ

これは、切除されていない臨床病期I/IIリンパ節陰性(T1 ~ T3N0M0)NSCLCを有する患者におけるSoC SBRT 後のデュバルマブ対プラセボの有効性および安全性を評価する第 III 相無作為化、プラセボ対照二重盲検多中心研究である。

治験の実施期間: June 23, 2025 ~ 詳細

ペンブロリズマブ(MK-3475)研究で現在治療中またはフォローアップ中の進行腫瘍の参加者を対象とした長期安全性および有効性の延長研究 (MK-3475-587/KEYNOTE-587)

本研究の目的は、この延長研究にロールオーバーしたメルク・ペンブロリズマブに基づく以前の親研究の参加者におけるペンブロリズマブ(MK-3475)の長期的な安全性と有効性を評価することである。 この研究は、1)第1コースフェーズ、2)生存フォローアップフェーズ、または3)第2コースフェーズの3つのフェーズから構成される。 各参加者は、親スタディの完了時のスタディフェーズに応じて、次の 3 つのフェーズのいずれかでこのエクステンションスタディにロールオーバーします。 親研究で研究治療の第1コースフェーズにいた参加者は、本研究の第1コースフェーズに入り、ペンブロリズマブまたはペンブロリズマブベースの組み合わせによる最大35サイクルの研究治療を完了する。 親研究のフォローアップ段階(治療後または生存フォローアップ段階)にあった参加者は、この研究の生存フォローアップ段階に入ります。 親研究で第2コースフェーズに入った参加者は、本研究の第2コースフェーズに入り、ペンブロリズマブまたはペンブロリズマブベースの組み合わせによる最大17サイクルの研究治療を完了する。 ペムブロリズマブへのクロスオーバーが疾患の進行時に許可された親試験に由来するすべての参加者は、35回投与(約2年)のペンブロリズマブに適格であり得るが、対照群およびペンブロリズマブ上で進行中に進行し、潜在的なクロスオーバー参加者が評価されています。

治験の実施期間: May 10, 2028 ~ 詳細

高リスク非筋肉浸潤性膀胱がん(HR NMIBC)におけるペムブロリズマブ(MK-3475)のカルメットゲリン(BCG)との併用による有効性と安全性 (MK-3475-676/KEYNOTE-676)

本研究は、BCG単独療法と比較して、BCGと組み合わせたペムブロリズマブの抗腫瘍効果および安全性を評価することを目的としており、適切なBCG誘導後に持続的または再発する人事NMIBCに参加している。 主な仮説は、ペムブロリズマブとBCGの組み合わせは、in situ(CIS)がんの参加者のBCGと比較して、中枢病理学的レビューによって評価された完全応答率(CRR)が優れているというものである。

治験の実施期間: December 31, 2025 ~ 詳細

肝細胞がん(HCC)および外科的切除または局所アブレーション後の完全な放射線学的反応(MK-3475)とアジュバント療法としてのペムブロリズマブ(MK-3475)対プラシーボの安全性と有効性(MK-3475-937/KEYNOTE-937)

本研究では、肝細胞がん(HCC)の参加者の補助療法としてのペムブロリズマブ(MK-3475)対プラセボの安全性および有効性を評価し、外科的切除または局所アブレーション後の完全な放射線学的反応を評価する。 この研究の主な仮説は、盲目の独立中央レビュー(BICR)によって評価された1)再発無生存(RFS);および2)全生存(OS)に関してアジュバントペムブロリズマブがプラセボよりも優れているというものである。

治験の実施期間: June 30, 2025 ~ 詳細

早期子宮頸がんにおけるセンチネルリンパ節生検の国際的検証研究

SENTICOL IIIは、早期子宮頸がんにおけるセンチネルリンパ節(SLN)マッピング技術を検証するために設計された大規模プロスペクティブ多施設国際ランダム化研究である。この「検証研究」では、SLN(実験群)が陰性の患者とSLN+骨盤リンパ節郭清(PLN)が陰性の患者(参照群)の転帰を比較します。 参加センターで開発される「品質保証」プログラムがあり、外科医の資格、病理学的資格、SLN超音波検査、手順の標準化などの詳細な要件と、「安全アルゴリズム」の尊重が含まれます。

治験の実施期間: May 2027 ~ 詳細

前立腺がん患者におけるAbemaciclib(LY2835219)の有無にかかわらず、アビラテロン酢酸+プレドニゾンの研究

この研究は、転移性去勢抵抗性前立腺がん患者において、アセテート・アビラテロン+プレドニゾンと共に投与された場合のAbemaciclibがどれほど安全かつ効果的であるかを確認するために行われている。プレドニゾロンは、地域の規制ごとにプレドニゾンの代わりに使用することができる。

治験の実施期間: December 13, 2023 ~ 詳細

未治療または転移性尿路上皮がん患者の治療におけるケアの化学療法の標準と比較したイピリムマブまたはケアの化学療法の標準と組み合わせたニボルマブの研究

この研究の目的は、イピリムマブと組み合わせた調査免疫療法ニボルマブが、以前に治療不能または転移性を有する患者の治療において、ケア化学療法単独の標準よりも効果的かどうかを判定することである。 尿路上皮がん。

治験の実施期間: November 13, 2022 ~ 詳細
1 2 3 4 ... 12 »

オンコロトライアルサーチとは

日本で実施しているがんの臨床試験(治験)を一括で調べることの出来る臨床試験(治験)検索システムです。

現在のところ臨床試験(治験)の情報は、UMIN、JAPIC、ClinicalTrial.govの3つのいずれかに登録がされており、それらはすべて公開されています。しかし、掲載されている情報は重複していたり、1サイトのみ掲載であるなど、統一されていないため、それぞれのサイトで検索をかけなければなりません。さらに、サイトによっては検索システムが使いにくいものや、英語での表記であることなどの問題があります。そのために自身が探そうとしている情報にたどり着くのが難しい現状があります。

オンコロトライアルサーチではこれらの問題点を解決し、患者さんやご家族が必要とする治験の情報にたどり着けるようするサービスを目指していきます。

※現在JAPICの治験情報について掲載調整中です。

臨床試験(治験)の情報があるだけでは十分ではありません

参加をしたいと思える臨床試験(治験)が見つかっても、実際に参加するためには、まだいくつかのステップが存在します。
具体的には、①情報を探す、②参加条件を確認する、③参加方法を知る、ことが必要となります。

オンコロ治験問合せ窓口へご連絡ください

オンコロでは参加を検討するに当たり、情報を必要としている方にむけて、臨床試験(治験)について相談いただける「治験問合せ窓口」を設けています。患者さんが臨床試験(治験)に参加できる可能性があるかどうかや、問合せ内容によってはより詳しい情報提供が出来る場合もございます。

治験お問合せ窓口について
電話番号:0120-974-268 (平日:10:00~18:30)
メールアドレス:info_oncolo@clinical-t.com

免責事項

オンコロトライアルサーチで検索する臨床試験(治験)情報は一般公開されているUMIN、ClinicalTrial.govに掲載されている情報となります。したがって、元サイトの更新状況によっては募集中と記載されていても終了となっている場合がある等、実際の状況と異なる可能性がございます。