461件の検索結果

以前にトラスチズマブ・エタンシンを単独で治療した参加者、または親研究の一つで他の抗がん療法と組み合わせて治療した参加者のトラスチズマブ・エタンシンの安全拡張研究

これは、グローバルなマルチセンター、オープンラベル安全拡張スタディです。 Genentech/Roche 主催の親研究で他の薬剤と組み合わせて投与された単剤型トラストツツマブエムタンシンまたはトラストツツマブエムタンシンを受けた参加者は、親研究の閉鎖時に有効で有益性を引き出す。

治験の実施期間: September 20, 2029 ~ 詳細

大腸がん(CRC)を含む進行性固形腫瘍の参加者におけるE7386の研究

本研究の主な目的は、CRCを含む固形腫瘍の参加者のE7386の安全性および忍容性を評価することである。

治験の実施期間: March 31, 2023 ~ 詳細

先端非小細胞肺がん参加者におけるヒト二特異性 EGFRおよびcMet 抗体 JNJ-61186372の研究

本研究の目的は、安全性と薬物動態を評価し、推奨される第 2 相線量(RP2D)レジメンを確立し、進行した非小細胞肺がん(NSCLC)の参加者におけるJNJ-61186372の予備効力を評価することである。

治験の実施期間: January 15, 2024 ~ 詳細

進行固体または原発性中枢神経系(CNS)腫瘍の小児患者における経口LOXO-292(セルペルカチニブ)の研究

これは、トランスフェクション(RET)変化中の活性化再配置および進行固体または原発性CNS腫瘍を有する小児患者における経口LOXO-292のオープンラベルの多中心相1/2研究である。

治験の実施期間: March 26, 2023 ~ 詳細

進行固形腫瘍の参加者における単独療法としておよびペンブロリズマブ(MK-3475)との併用によるMK-4830の研究(MK-4830-001)

この研究には、線量のエスカレーション(パートA、B、C)と線量拡張(コホートA-L)の部分があります。用量のエスカレーションは、MK-4830単独療法投与(パートAおよびB)およびペンブロリズマブ(パートC)との併用における安全性、忍容性、および予備的有効性を評価することです。用量拡張は、ペンブロリズマブと組み合わせてMK-4830の客観的奏効率(ORR)を評価し、ペンブロリズマブおよび化学療法と組み合わせて投与されるMK-4830の安全性、忍容性およびORRを評価することである。この研究には正式な仮説検定はない。

治験の実施期間: November 18, 2024 ~ 詳細

再発白金耐性または不応性卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がんの治療におけるセディラニブマレ酸およびオラパリブまたは標準化学療法

このランダム化III/III相試験は、マレイン酸セジラニブおよびオラパリブが併用または別々に投与された場合にどれだけうまく機能するかを研究し、それらを、化学療法を受けた後に再発した(再発した)卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がんの患者の治療において、標準的な化学療法と比較します。白金(白金耐性)を含む薬物、または白金ベースの化学療法薬(白金耐火性)による治療中に増殖を続けた薬物。 マレイン酸セディラニブおよびオラパリブは、細胞増殖に必要な酵素を遮断することにより、腫瘍細胞の増殖を止めることがある。 化学療法で使用される薬物は、細胞を殺害、分裂の阻止、または増殖の阻止のいずれかによって、腫瘍細胞の増殖を止めるために、さまざまな方法で作用します。 マレイン酸セジラニブとオラパリブを併用すると、薬物単独または標準的な化学療法と比較して、がん細胞に多くの損傷を与えるかどうかはまだ分かっていません。

治験の実施期間: June 30, 2023 ~ 詳細

高度な尿路上皮がんおよび選択された線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)遺伝子異常を有する参加者におけるエルダフィチニブまたはドセタキセルまたはペンブロリズマブと比較した研究

この研究の目的は、選択された線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)の異常を有する進行尿路上皮がんの参加者において、エルダフィチニブ vs 化学療法またはペムブロリズマブの有効性を評価することであり、そのうちの少なくとも1つは抗 PD-( L) 1 剤(コホート1)または抗 PD-(L)1 剤(コホート2)を含まない前治療 1 剤(コホート2)。

治験の実施期間: April 26, 2024 ~ 詳細

根治的前立腺全摘除術の候補である高リスク、限局性または局所的に進展した前立腺がん患者のアパラタミドに関する研究

この研究の目的は、高リスクの限局性または局所進行前立腺がんの参加者において、根治的前立腺全摘除術の前後にアンドロゲン除去療法(ADT)プラスアパルタミドによる治療が病理学的完全応答(pCR)率および転移の改善につながるかどうかを判定することである。 ADTプラスプラセボと比較して、無料生存(MFS)、。

治験の実施期間: April 22, 2024 ~ 詳細

以前に治療された相同性再結合修復突然変異(HRRm)または相同性再結合欠損(HRD)陽性先進がん(MK-7339-002 / LYNK-002)を有する患者におけるオラパリブ(MK-7339)の有効性と安全性

この研究では、複数の種類の進行がん(切除不能および/または転移性)を有する参加者におけるolaparib(MK-7339)単独療法の有効性および安全性を評価する。1)標準のケア療法に対して進行または耐性が認められ、2)相同性再併用修復突然変異(HRRm )または相同性再併用欠乏症(HRD)。

治験の実施期間: February 13, 2024 ~ 詳細

切除可能なII期、IIIA期、および切除可能なIIIB(T3-4N2)非小細胞肺がんの参加者のネオアジュバント/アジュバント療法としての白金ダブレット化学療法によるペンブロリズマブ(MK-3475)の有効性と安全性(MK-3475-671/KEYNOTE-671)

この試験は、切除可能なII期、IIIA期、および切除可能なIIIB(T3)を有する参加者において、手術前の白金ダブレットネオアジュバント化学療法(NAC)と組み合わせたペムブロリズマブ(MK-3475)の安全性および有効性を評価する。-4N2)非小細胞肺がん(NSCLC)。 この研究の主な仮説は、ネオアジュバントペムブロリズマブ(vs プラセボ)とNACとの併用、手術およびアジュバントペムブロリズマブ(vs プラセボ)が改善するというものである:1)盲目の中枢病理学者によって評価された生検または応答評価基準を使用したイメージングによる事象フリー生検(EFS)による生検(固形腫瘍バージョン1.1(RECIST 1.1)では、盲目の独立した中央レビュー(BICR)によって評価された;および2)全生存(OS)。

治験の実施期間: January 20, 2024 ~ 詳細

転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)参加者におけるペンブロリズマブ(MK-3475)+エンザルタミド対プラシーボ+エンザルタミドの研究 (MK-3475-641/KEYNOTE-641)

本研究の目的は、mCRPCに対する化学療法を受けていない転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)の男性の治療において、ペムブロリズマブ(MK-3475)とエンザルタミドの組み合わせの有効性および安全性を評価することである。酢酸アビラテロンに。 主な研究の仮説は2つあります。 仮説1:ペンブロリズマブとエンザルタミドの組み合わせは、全体生存率(OS)に関してプラセボプラスエンザルタミドよりも優れている。 仮説2:ペンブロリズマブとエンザルタミドの組み合わせは、固形腫瘍バージョン1.1(RECIST 1.1)における前立腺がんワーキンググループ(PCWG)改変応答評価基準に対するプラセボ+エンザルタミドよりも優れている(RECIST 1.1)独立した中央レビュー。

治験の実施期間: November 12, 2023 ~ 詳細

固形腫瘍および非ホジキンリンパ腫患者におけるPDR001との併用によるNIR178の相2研究

この第2相研究の目的は、複数の固形腫瘍およびびまん性大細胞リンパ腫(DLBCL)におけるPDR001と組み合わせたNIR178の有効性および安全性を評価し、A2aRの阻害による免疫活性化を最適化するためのNIR178のスケジュール変動をさらに検討することである。

治験の実施期間: March 31, 2022 ~ 詳細

進行固形腫瘍におけるペンブロリズマブと組み合わせたMK-1308の安全性、薬物動態(PK)、有効性(MK-1308-001)

本研究では、進行固形腫瘍の参加者にペンブロリズマブと組み合わせて使用した場合、MK-1308の用量を増強する場合の安全性、忍容性、薬物動態(PK)、および予備有効性を評価する。

治験の実施期間: December 27, 2023 ~ 詳細

AMG 176 再発または難治性の多発性骨髄腫および再発または難治性の急性骨髄性白血病の被験者におけるヒト試験で初めて

治験の実施期間: June 7, 2023 ~ 詳細

子宮内膜がんにおけるアテゾリズマブ試験-AtTEnd

アテゾリズマブは、PD-L1に選択的に結合し、PD-1およびB7-1との相互作用を防止するヒト化モノクローナル免疫グロブリンG1抗体である。 2016年5月、アテゾリズマブは、白金含有化学療法中またはその後に疾患が進行している局所進行性または転移性尿路上皮がんの患者、または手術前(ネオアジュバント)または手術後(アジュバント)の化学療法を受けてから12ヶ月以内に、FDAによって承認された。2016年10月、白金含有化学療法中またはそれに続く転移性非小細胞肺がん(NSCLC)患者に対してFDAによって承認され、腫瘍にEGFRまたはALK遺伝子異常がある場合、FDAが承認した適切な標的療法に進行している。 最後に、2017年4月に、シスプラチン化学療法に適格でない局所進行性または転移性尿路上皮がん患者の第一選択治療に対するアテゾリズマブがFDAによって加速承認された。 メラノーマ、NSCLC、腎細胞がん、結腸直腸がんなどの異なる固形腫瘍でアテゾリズマブと化学療法薬および/または標的療法の組み合わせが研究された。 これらの研究から、アゾリズマブの組み合わせのAEプロファイルは、個々の薬剤のAEプロファイルと一致していた。 最後に、再燃子宮内膜がんにおけるアテゾリズマブ(NCT01375842)単剤療法のIa相研究の予備的結果がASCO 2017で要約として報告された。 15人の患者が安全性と有効性を評価し、最低追跡は11.2ヵ月であった。 G4-5 関連する AE は発生しませんでした。 ORRの有効性については、RECISTによる13% [2/15] であった。 アテゾリズマブは、いくつかの患者において耐久性のある臨床的有益性を有する好ましい安全プロファイルを有するように見えた。 進行子宮内膜がんにおける有望な結果および現在の治療選択肢の限定的有効性を考慮して、atezolizumabによるさらなる研究が保証される。

治験の実施期間: July 2022 ~ 詳細

赤血球輸血を必要とするESA素朴な被験者におけるIPSS-Rによる貧血治療におけるLuspatercept(ACE-536)対エポエチンアルファの有効性と安全性研究

本研究は、ヒト用医薬品の登録に関する技術要件の国際調和評議会(ICH)および適用可能な規制要件に準拠して実施されます。 これは、RBC輸血を必要とするESAナイーブな被験者におけるIPSS-Rによる貧血の治療について、luspatercept(ACE-536)とエポエチンアルファの有効性と安全性を比較するための介入型アクティブコントロール、オープンラベル、ランダム化フェーズ3研究である。 この研究は、スクリーニング期間、治療期間および治療後フォローアップ期間に分けられる。

治験の実施期間: June 30, 2022 ~ 詳細

局所局所肝細胞がん患者におけるデュルバルマブおよびベバシズマブ療法との併用による経動脈性化学塞栓症(TACE)の評価に関するグローバル研究

局所局所肝細胞がん患者におけるデュルバルマブおよびベバシズマブ療法と組み合わせた経動脈化学塞栓症(TACE)を評価するためのグローバル研究

治験の実施期間: September 19, 2022 ~ 詳細

術前化学放射線療法後のニボルマブに関する研究

これは、抗 PD-1 抗体薬であるニボルマブによる単独療法の安全性、有効性、および概念証明(POC)を調査するためのIb/II 相、オープンラベル、単腕、マルチセンター研究であり、カペシタビンとその後の外科療法を用いた化学放射線療法(CRT)の後の逐次療法として、 局所進行切除可能な直腸がん。

治験の実施期間: December 2021 ~ 詳細

進行頭頸部扁平上皮がんに対する手術後の放射線療法と併用したペムブロリズマブの研究 (MK-3475-689)

これは、新たに診断されたIII/IVA期と診断された治療ナイーブな参加者における外科後療法として、手術前に投与されたペムブロリズマブ(ペンブロ)およびペムブロリズマブに対する無作為化、アクティブコントロール、オープンラベル研究であり、切除可能であり、局所的に進行した頭頸部扁平上皮がん(LA-HNSCC)。 有効性の結果は、プログラムされた細胞死リガンド1(PD-L1)複合ポジティブスコア(CPS)状態によって層別化される。 主な仮説は、手術前および手術後に放射線療法(シスプラチン有無にかかわらず)と組み合わせて投与されたペムブロリズマブは、手術後に投与された放射線療法(シスプラチン有無にかかわらず)と比較して、主要な病理学的反応および事象のない生存を改善することである。

治験の実施期間: July 30, 2025 ~ 詳細

高リスク非筋肉浸潤性膀胱がん(HR NMIBC)におけるペムブロリズマブ(MK-3475)のカルメットゲリン(BCG)との併用による有効性と安全性 (MK-3475-676/KEYNOTE-676)

本研究は、BCG単独療法と比較して、BCGと組み合わせたペムブロリズマブの抗腫瘍効果および安全性を評価することを目的としており、適切なBCG誘導後に持続的または再発する人事NMIBCに参加している。 主な仮説は、ペムブロリズマブとBCGの組み合わせは、in situ(CIS)がんの参加者のBCGと比較して、中枢病理学的レビューによって評価された完全応答率(CRR)が優れているというものである。

治験の実施期間: December 31, 2025 ~ 詳細
1 2 3 4 ... 24 »

オンコロトライアルサーチとは

日本で実施しているがんの臨床試験(治験)を一括で調べることの出来る臨床試験(治験)検索システムです。

現在のところ臨床試験(治験)の情報は、UMIN、JAPIC、ClinicalTrial.govの3つのいずれかに登録がされており、それらはすべて公開されています。しかし、掲載されている情報は重複していたり、1サイトのみ掲載であるなど、統一されていないため、それぞれのサイトで検索をかけなければなりません。さらに、サイトによっては検索システムが使いにくいものや、英語での表記であることなどの問題があります。そのために自身が探そうとしている情報にたどり着くのが難しい現状があります。

オンコロトライアルサーチではこれらの問題点を解決し、患者さんやご家族が必要とする治験の情報にたどり着けるようするサービスを目指していきます。

※現在JAPICの治験情報について掲載調整中です。

臨床試験(治験)の情報があるだけでは十分ではありません

参加をしたいと思える臨床試験(治験)が見つかっても、実際に参加するためには、まだいくつかのステップが存在します。
具体的には、①情報を探す、②参加条件を確認する、③参加方法を知る、ことが必要となります。

オンコロ治験問合せ窓口へご連絡ください

オンコロでは参加を検討するに当たり、情報を必要としている方にむけて、臨床試験(治験)について相談いただける「治験問合せ窓口」を設けています。患者さんが臨床試験(治験)に参加できる可能性があるかどうかや、問合せ内容によってはより詳しい情報提供が出来る場合もございます。

治験お問合せ窓口について
電話番号:0120-974-268 (平日:10:00~18:30)
メールアドレス:info_oncolo@clinical-t.com

免責事項

オンコロトライアルサーチで検索する臨床試験(治験)情報は一般公開されているUMIN、ClinicalTrial.govに掲載されている情報となります。したがって、元サイトの更新状況によっては募集中と記載されていても終了となっている場合がある等、実際の状況と異なる可能性がございます。