401件の検索結果

ノバルティニブ治療を受けている患者に対するセルチニブ(LDK378)へのアクセスを許可するロールオーバー研究

ロールオーバー研究では、ノバルティススポンサー研究の中で現在セリチニブによる治療を受けている患者にセリチニブを提供し、研究者の意見では、セリチニブによる継続的な治療の恩恵を受けるであろう。

治験の実施期間: January 31, 2023 ~ 詳細

胚細胞腫瘍を有する小児および成人患者の治療における活動的サーベイランス、ブレオマイシン、カルボプラチン、エトポシド、またはシスプラチン

この第III相試験では、胚細胞腫瘍の小児および成人患者の治療において、アクティブサーベイランス、ブルオマイシン、カルボプラチン、エポシド、またはシスプラチンがどれだけうまく機能するかを研究しています。 能動的なサーベイランスにより、腫瘍切除後に低リスクの生殖細胞腫瘍の被験者をモニタリングできる場合があります。 化学療法に用いられる薬物は、ブルオマイシン、カルボプラチン、エポシド、シスプラチンなど、腫瘍細胞の増殖を止めるために、細胞を殺害、分裂の阻止、または増殖の阻止などによって、さまざまな方法で作用します。

治験の実施期間: June 30, 2027 ~ 詳細

以前に手術を受けたI-IIA 期の子宮頸がん患者における化学療法の併用または併用による放射線療法

このランダム化第 III 相試験では、化学療法による放射線療法を研究し、以前に手術を受けたI-IIA 期の子宮頸がん患者の治療において、放射線療法単独と比較してどれだけ効果があるかを調べる。 放射線療法は高エネルギーX 線を用い、腫瘍細胞を殺傷する。 シスプラチンなどの化学療法に使用される薬物は、細胞を殺すか、分裂するのを止めるか、または拡散を止めることによって、腫瘍細胞の増殖を止めるためにさまざまな方法で働く。 子宮頸がん患者の治療において、放射線療法と化学療法を併用する方が放射線療法単独よりも効果的かどうかはまだ分かっていません。

治験の実施期間: December 31, 2021 ~ 詳細

切除不能または転移性長管がんにおけるペミガチニブ vs 化学療法の有効性と安全性の評価に関する研究-(FIGHT-302)

この研究の目的は、FGFR2 再編成を伴う切除不能または転移性の胆管癌を有する参加者の第一回治療において、ペミガチニブ対ゲムシタビンプラスシスプラチン化学療法の有効性および安全性を評価することである。

治験の実施期間: October 31, 2023 ~ 詳細

IV 期非小細胞肺がん患者における白金ダブレット化学療法と比較したニボルマブ、またはニボルマブ + 白金ダブレット化学療法の研究的免疫療法試験(NSCLC)

この研究の目的は、ニボルマブ、ニボルマブ + イピリムマブ、またはニボルマブ + プラチナ - ダブレット化学療法により、進行性肺がん患者の化学療法と比較して進行フリー生存および/または全生存を向上させることを示すことである。

治験の実施期間: August 28, 2024 ~ 詳細

子宮内膜がんにおけるアテゾリズマブ試験-AtTEnd

アテゾリズマブは、PD-L1に選択的に結合し、PD-1およびB7-1との相互作用を防止するヒト化モノクローナル免疫グロブリンG1抗体である。 2016年5月、アテゾリズマブは、白金含有化学療法中またはその後に疾患が進行している局所進行性または転移性尿路上皮がんの患者、または手術前(ネオアジュバント)または手術後(アジュバント)の化学療法を受けてから12ヶ月以内に、FDAによって承認された。2016年10月、白金含有化学療法中またはそれに続く転移性非小細胞肺がん(NSCLC)患者に対してFDAによって承認され、腫瘍にEGFRまたはALK遺伝子異常がある場合、FDAが承認した適切な標的療法に進行している。 最後に、2017年4月に、シスプラチン化学療法に適格でない局所進行性または転移性尿路上皮がん患者の第一選択治療に対するアテゾリズマブがFDAによって加速承認された。 メラノーマ、NSCLC、腎細胞がん、結腸直腸がんなどの異なる固形腫瘍でアテゾリズマブと化学療法薬および/または標的療法の組み合わせが研究された。 これらの研究から、アゾリズマブの組み合わせのAEプロファイルは、個々の薬剤のAEプロファイルと一致していた。 最後に、再燃子宮内膜がんにおけるアテゾリズマブ(NCT01375842)単剤療法のIa相研究の予備的結果がASCO 2017で要約として報告された。 15人の患者が安全性と有効性を評価し、最低追跡は11.2ヵ月であった。 G4-5 関連する AE は発生しませんでした。 ORRの有効性については、RECISTによる13% [2/15] であった。 アテゾリズマブは、いくつかの患者において耐久性のある臨床的有益性を有する好ましい安全プロファイルを有するように見えた。 進行子宮内膜がんにおける有望な結果および現在の治療選択肢の限定的有効性を考慮して、atezolizumabによるさらなる研究が保証される。

治験の実施期間: July 2022 ~ 詳細

術前化学放射線療法後のニボルマブに関する研究

これは、抗 PD-1 抗体薬であるニボルマブによる単独療法の安全性、有効性、および概念証明(POC)を調査するためのIb/II 相、オープンラベル、単腕、マルチセンター研究であり、カペシタビンとその後の外科療法を用いた化学放射線療法(CRT)の後の逐次療法として、 局所進行切除可能な直腸がん。

治験の実施期間: December 2021 ~ 詳細

進行期菌状息肉腫(MF)またはセザリー症候群(SS)患者の維持治療のためのレズミノスタット

この研究の目的は、最近、以前の全身療法で疾患管理を達成した進行期菌状息肉腫またはセザリー症候群の患者において、resminostatが疾患の悪化を遅らせたり予防したりできるかどうかを判断することにある。

治験の実施期間: July 2022 ~ 詳細

ロルブレナ (Lorbrena) の安全性と有効性

この薬を受けた患者におけるLorbrenaの販売後の使用の下で以下の事項を調査するため 中枢神経系障害の発症に影響を及ぼす要因 CYP3A 誘導物質と組み合わせたLorbrenaの肝機能障害の発症への影響

治験の実施期間: August 11, 2023 ~ 詳細

がん研究を受けた患者における孤立遠位深部部部血栓症に対する抗凝固療法の最適期間

本研究の目的は、単離された遠位深部静脈血栓症に対する直接経口抗凝固剤(エドキサバン)を用いた抗凝固療法の最適な期間(3ヵ月 vs 12ヵ月)を決定することである。

治験の実施期間: April 1, 2022 ~ 詳細

食道切除胸骨後経路胃挙上再建における幽門形成術の臨床的有用性に関するランダム化第II相比較試験

食道癌及び食道胃接合部癌の根治治療として食道切除再建手術は必要不可欠な治療法であり、再建臓器として多くの場合胃が選択される。胃を再建臓器として用いる場合、胃の腹腔内からの遊離・迷走神経の切離に伴って幽門狭窄・排出遅延が惹起される可能性がある。  幽門排泄遅延は周術期においては吻合部への負荷に伴う縫合不全発生リスクの上昇、長期的には経口摂取不良から栄養状態の悪化ひいては癌免疫も含めた免疫機能の低下により癌再発率上昇にも関与しうる病態であり、食道切除胃管再建術において幽門排泄遅延を予防する有効な処置及び手技を併施する必要があるものの、有効な方法に関しては明らかになっていない。 幽門狭窄・排泄遅延に対する予防的処置として幽門形成術を併施しているが、本研究の目的は同手技による経口摂取の改善、ひいては栄養状態改善効果も含めた臨床的有用性を検討することである。

治験の実施期間: 2021年08月24日 ~ 詳細

患者特異的な腹腔鏡手術シミュレータの臨床応用

患者特異的腹腔鏡手術シミュレータを臨床応用し、シミュレータの整合性を評価するとともに、腹腔鏡手術の手術成績、安全性の向上を目指す。

治験の実施期間: 2011年02月01日 ~ 詳細

大腸腫瘍に対する内視鏡的粘膜下層剥離術におけるバンドによるトラクション法の有用性に関する臨床試験

大腸腫瘍に対する内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)において、バンドを用いたトラクション法の有用性を検証すること。

治験の実施期間: 2020年09月14日 ~ 詳細

補助化学療法としてのフッ化ピリミジン+オキサリプラチン併用療法に不応となった再発結腸・直腸がんにおけるFOLFIRI+Ramucirumab併用療法の第Ⅱ相試験(RAINCLOUD)

補助療法としてのフッ化ピリミジン+オキサリプラチン併用療法に不応となった再発結腸・直腸がんにおけるFOLFIRI+Ramucirumab併用療法の有効性を検証する。

治験の実施期間: 2017年08月16日 ~ 詳細

Xalkori ROS1の安全性と有効性

このサーベイランスの目的は、1)LPDから期待されない有害薬物反応(未知の有害薬物反応)、2)このサーベイランスにおける有害薬物反応の発生率、3)本剤の安全および/または効力に影響を及ぼすと考えられる要因に関する情報を収集することである。

治験の実施期間: February 6, 2026 ~ 詳細

FGFR1転配列を伴う骨髄腫・リンパ様新生物の被験者におけるペミガチニブの有効性と安全性の評価に関する研究-(FIGHT-203)

本研究の目的は、線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)1転配置を有する骨髄様/リンパ様新生物の被験者におけるペミガチニブ(INCB054828)の有効性および安全性を評価することである。

治験の実施期間: July 31, 2022 ~ 詳細

血液疾患による化学療法治療を受ける患者を対象とした、加熱食制限の有無による治療への影響及び患者満足度を比較するランダム化比較試験

化学療法中に加熱食に制限した群と制限しない群において、治療完遂率や感染症発生割合に関し、差がないことを証明し、患者満足度において制限しない群が高いことを証明する

治験の実施期間: 2015年09月14日 ~ 詳細

食道癌切除後患者における退院後外来リハビリテーション実施の有用性検証

食道癌切除術を受けた患者を対象として、栄養介入及び運動介入による下肢筋力の減少抑制効果を無作為化群間比較試験にて検証する

治験の実施期間: 2021年09月01日 ~ 詳細

近赤外光カメラPhotodynamic Eye(PDE)を用いたIndocyanine Green(ICG)蛍光法による切除肺区域の正確な同定法の開発

肺区域切除後、1)再度PDEにて胸腔内を観察し、ICGの遺残の有無を確認して、肺区域切除が十分行われたかを検討する。2)切離肺にて腫瘍から肺切離面までの距離を測定し、必要な肺区域切除が行われたかを検討する。3)術後のCT撮影により、残存肺区域を調べ、目的領域が確実に切除されているかを検討する。4)本法が局所再発抑制効果を高めるかを検討する。

治験の実施期間: 2018年03月01日 ~ 詳細

腹腔鏡手術における気腹装置エアシール使用中に生じる水滴による術野汚染と気腹チューブ加温による水滴減少効果の検証

腹腔鏡手術における気腹装置エアシールを使用する際に生じる水滴形成が引き起こす術野の汚染(視野の汚染)を、気腹チューブを加温することで水滴形成を減少させ、さらに良好な術野(視野)の確保が行えるかどうかを検証する。

治験の実施期間: 2019年09月17日 ~ 詳細
« 1 ... 4 5 6 7 8 ... 21 »

オンコロトライアルサーチとは

日本で実施しているがんの臨床試験(治験)を一括で調べることの出来る臨床試験(治験)検索システムです。

現在のところ臨床試験(治験)の情報は、UMIN、JAPIC、ClinicalTrial.govの3つのいずれかに登録がされており、それらはすべて公開されています。しかし、掲載されている情報は重複していたり、1サイトのみ掲載であるなど、統一されていないため、それぞれのサイトで検索をかけなければなりません。さらに、サイトによっては検索システムが使いにくいものや、英語での表記であることなどの問題があります。そのために自身が探そうとしている情報にたどり着くのが難しい現状があります。

オンコロトライアルサーチではこれらの問題点を解決し、患者さんやご家族が必要とする治験の情報にたどり着けるようするサービスを目指していきます。

※現在JAPICの治験情報について掲載調整中です。

臨床試験(治験)の情報があるだけでは十分ではありません

参加をしたいと思える臨床試験(治験)が見つかっても、実際に参加するためには、まだいくつかのステップが存在します。
具体的には、①情報を探す、②参加条件を確認する、③参加方法を知る、ことが必要となります。

オンコロ治験問合せ窓口へご連絡ください

オンコロでは参加を検討するに当たり、情報を必要としている方にむけて、臨床試験(治験)について相談いただける「治験問合せ窓口」を設けています。患者さんが臨床試験(治験)に参加できる可能性があるかどうかや、問合せ内容によってはより詳しい情報提供が出来る場合もございます。

治験お問合せ窓口について
電話番号:0120-974-268 (平日:10:00~18:30)
メールアドレス:info_oncolo@clinical-t.com

免責事項

オンコロトライアルサーチで検索する臨床試験(治験)情報は一般公開されているUMIN、ClinicalTrial.govに掲載されている情報となります。したがって、元サイトの更新状況によっては募集中と記載されていても終了となっている場合がある等、実際の状況と異なる可能性がございます。