320件の検索結果

転移性前立腺がんの新規診断を受けた男性における細胞減少性根治的前立腺全摘除術の治療効果

このランダム化第II相試験では、新たに診断された前立腺がんの男性の治療において、ドセタキセルによる前立腺および抗アンドロゲン療法の外科的切除が体内の他の部位に拡がっているかを研究しています。 アンドロゲンは、前立腺がん細胞の増殖を引き起こす可能性があります。 抗アンドロゲン療法は、体内で作られるアンドロゲンの量を減らす可能性があります。 ドセタキセルなどの化学療法で使用される薬物は、細胞を殺害、分裂の停止、または拡散の阻止のいずれかによって、腫瘍細胞の増殖を止めるために、さまざまな方法で働きます。 手術、抗アンドロゲン療法、ドセタキセルは、前立腺がんの参加者の治療においてより効果的である可能性がある。

治験の実施期間: September 1, 2022 ~ 詳細

AMG 176 再発または難治性の多発性骨髄腫および再発または難治性の急性骨髄性白血病の被験者におけるヒト試験で初めて

治験の実施期間: October 29, 2023 ~ 詳細

高リスク皮膚扁平上皮がん患者における手術および放射線治療後の補助セミプリマブ対プラシーボの研究

この研究の主な目的は、補助セミプリマブで治療された高リスク皮膚扁平上皮がん(CSCC)患者の無病生存(DFS)と、手術および放射線療法(RT)後にプラセボで治療された患者を比較することである。 この研究の二次的な目的は次のとおりです。 補助セミプリマブで治療された高リスクCSCC患者の全生存(OS)と、手術後、プラセボで治療された患者とRT 手術後の局所再発(FFLRR)からの患者の自由に対するアジュバントセミプリマブとプラセボの効果を比較し、RT 手術後の遠隔再発からの患者の自由(FFDR)に対するアジュバントセミプリマブとプラセボの効果を比較し、RT 手術後の二次原発性CSCC腫瘍(SPT)の累積発生率に対する補助セミプリマブとプラセボの効果を比較し、RT 手術後の高リスクCSCC患者におけるアジュバントセミプリマブとプラセボの安全性の評価

治験の実施期間: December 19, 2025 ~ 詳細

ダブラフェニブおよび/またはトラメチニブロールオーバー研究

本研究は、ノバルティス主催の腫瘍学グローバル開発、グローバルメディカルアフェア、または元GSKが後援した研究において、ダブラフェニブおよび/またはトラメチニブによる治療を受けている患者に、第一目的の要件を満たし、親研究の完了時に調査官が判断した親研究における継続的治療の恩恵を受けている研究者。

治験の実施期間: December 20, 2027 ~ 詳細

高度な固形腫瘍に対するDS-1062aのヒトでの最初の研究

この研究は、他の治療によって治癒されていないNSCLCを有する参加者の一つのグループである。 それは、薬物がヒトで使用された初めてであり、2つの部分に分かれています。 部品の主な目的は次のとおりです。 投与量エスカレーション:安全性と忍容性を調査し、DS-1062a の最大許容用量(MTD)と推奨用量(RDE)を決定する 用量拡張:DS-1062a の安全性と忍容性を調査する この研究は最後に期待される 最初の被験者が登録されてから最後の被験者が研究から外れた時点までの約 2.5 年。 この研究では、治療サイクル数は固定されていません。 研究の治療の恩恵を受け続ける参加者は、次の場合を除き、継続することができます: 彼らは撤退 病気が悪化する 彼らは容認できない副作用を経験する。

治験の実施期間: January 1, 2024 ~ 詳細

進行固形腫瘍の参加者のペムブロリズマブ(MK-3475)の研究 (MK-3475-158/ケイノテ-158)

本研究では、標準ケア療法で進行した複数のタイプの進行(切除不能および/または転移性)固形腫瘍を有する参加者は、ペンブロリズマブ(MK-3475)で治療される。

治験の実施期間: June 18, 2026 ~ 詳細

高度悪性腫瘍患者におけるREGN2810 (抗PD-1) の安全性と薬物動態

本研究の主な目的は、進行悪性腫瘍患者におけるREGN2810の安全性、忍容性、薬物動態(PK)を評価することである。 この研究の二次目的は、REGN2810の免疫原性を評価することである。

治験の実施期間: May 24, 2026 ~ 詳細

局所進行または転移性固形腫瘍の被験者におけるABBV-151の安全性、耐容性、薬物動態およびRP2Dを単剤として決定する研究

この研究では、単独療法として、およびABBV-181と組み合わせて投与されたABBV-151の推奨第2相用量(RP2D)を決定するとともに、ABBV-151の安全性、薬物動態(PK)、および予備的有効性を評価する。 この研究は、用量のエスカレーションと用量の拡張の2段階で構成されています。

治験の実施期間: April 23, 2023 ~ 詳細

以前に治療されたCLL/SLLまたはNHL患者における経口LOXO-305の研究

これは、CLL/SLLおよびNHL患者における口腔LOXO-305のオープンラベルマルチセンターフェーズ1/2研究で、標準治療に失敗した、または耐性がない患者における経口LOXO-305の研究である。

治験の実施期間: July 2023 ~ 詳細

赤血球輸血を必要としない日本人被験者におけるIPSS-Rリスク超低・低・中リスク骨髄異形成症候群(MDS)による貧血治療におけるLuspatercept(ACE-536)の有効性と安全性の研究

本研究は、ヒト用医薬品の登録に関する技術要件の国際調和評議会(ICH)および適用可能な規制要件に準拠して実施されます。 これは、国際予後スコアリングシステムによる貧血の治療のためのluspatercept(ACE-536)の有効性、安全性、薬物動態(PK)を評価するためのフェーズ2、多施設、シングルアーム研究-改訂(IPSS-R)非常に低い、低い、または中間リスクの骨髄異形成症候群(MDS)赤血球(RBC)輸血を必要としない人。 この研究は、スクリーニング期間、治療期間、治療後のフォローアップ期間に分けられます。

治験の実施期間: July 1, 2022 ~ 詳細

進行悪性腫瘍患者におけるNZV930とPDR001および/またはNIR178との併用によるNZV930の相I/Ib研究。

この研究の目的は、進行がん患者における実験的投薬 NZV930 単独およびPDR001および/またはNIR178と併用した場合の安全性、忍容性および予備的抗腫瘍活性を評価することである

治験の実施期間: September 16, 2022 ~ 詳細

転移性腫瘍研究と転帰ネットワーク

このレジストリは、転移性脊椎腫瘍患者に特異的な有害事象およびHRQOL 転帰に関する情報だけでなく、患者の人口統計、共罹患率、臨床、診断、治療データなどの患者情報を収集することを目的としています。

治験の実施期間: December 2023 ~ 詳細

高度悪性腫瘍患者におけるMAK683の安全性と有効性

このフェーズI/II研究の目的は、びまん性大細胞リンパ腫(DLBCL)などの進行悪性腫瘍患者におけるMAK683の安全性、抗腫瘍活性、薬物動態(PK)プロファイルを評価することです。上咽頭がん(NPC)または他の進行性固形腫瘍。これ以上の有効な標準治療は利用できない。

治験の実施期間: October 20, 2022 ~ 詳細

進行固形腫瘍におけるMK-7684単独およびペンブロリズマブとの併用による研究 (MK-7684-001)

これは、MK-7684を単独療法として、および転移性固形腫瘍を有する成人におけるペンブロリズマブ(MK-3475)またはペンブロリズマブ+ペメトレキセドおよびカルボプラチンと組み合わせた場合の安全性、有効性、および薬物動態(PK)研究であり、臨床的有益性を伝えることが期待される治療はない。 本研究のパートAは、MK-7684単独療法またはペンブロリズマブ、ペメトレキセド、カルボプラチンとの併用で推奨される第2相線量(RPTD)を推定するための用量のエスカレーションおよび確認段階である。 パートAはまた、ペムブロリズマブと組み合わせて、非小細胞肺がん(NSCLC)およびMK-7684(2つの用量レベルで)の参加者のペムブロリズマブプラスペメトレキセドおよびカルボプラチンと組み合わせたMK-7684の抗腫瘍活性を評価する。 パートBは、非ランダム化研究設計において、進行固形腫瘍の参加者の単独療法として、およびペムブロリズマブと組み合わせて使用した場合、RPTDにおけるMK-7684の抗腫瘍活性を評価する。 また、パートBでは、1:1のランダム化研究計画を用いて、プログラム死1(PD-1)治療ナイーブがんの参加者における2回のMK-7684をペンブロリズマブと組み合わせて評価する。 パートBは、MK-7684Aの固定用量の安全性とPKを比較する追加のアームを含むように改正11を用いて拡張され、MK-7684Aは、ペムブロリズマブとの組み合わせでMK-7684に、別々の静脈内注入として投与されたペムブロリズマブと組み合わせます。 主な仮説は、単剤療法として、またはペムブロリズマブと組み合わせて投与されたMK-7684は、RPTDで投与された場合に安全かつ許容可能であり、固定用量として投与された場合、MK-7684Aは安全かつ許容可能であることである。

治験の実施期間: January 24, 2025 ~ 詳細

固形腫瘍を有する被験者におけるE7389リポソーム製剤の研究

E7389リポソーム製剤(E7389-LF)の最大許容用量(MTD)は、用量エスカレーション部分で決定される。 拡張第1部およびアデノイド嚢胞がん(ACC)、胃がん(GC)、食道がん(EGC)、および小細胞肺がん(SCLC)の参加者の乳がん参加者の用量エスカレーション部分で評価された治療レジメンを用いて安全性、薬物動態(PK)および有効性を評価する。拡張パート 2、3、4、5。

治験の実施期間: February 28, 2023 ~ 詳細

進行性固形腫瘍の成人における単剤療法としてのMK-4280Aおよび化学療法を併用するまたは併用しないペンブロリズマブ(MK-3475)との併用によるMK-4280の研究 (MK-4280-001)

これは、臨床的有益性をもたらす可能性のある治療がない転移性固形腫瘍を有する成人における単独療法として、およびペムブロリズマブ(MK-3475)およびMK-4280Aとの併用によるMK-4280の安全性および薬物動態学的研究である。 本研究のパートAは、参加者がペムブロリズマブと組み合わせて単剤療法またはMK-4280としてMK-4280を受け取った線量エスカレーション設計である。 B部は、進行固形腫瘍の参加者のMK-4280とペムブロリズマブとの併用で、用量制限毒性によって決定される第2相用量(RPTD)を推定するための線量確認設計である。 パートBはまた、単独療法として、および拡張コホートにおける単剤療法としての化学療法およびMK-4280Aを併用したペンブロリズマブと組み合わせて、MK-4280の有効性を評価する。

治験の実施期間: December 13, 2023 ~ 詳細

大腸がん(CRC)を含む進行性固形腫瘍の参加者におけるE7386の研究

本研究の主な目的は、CRCを含む固形腫瘍の参加者のE7386の安全性および忍容性を評価することである。

治験の実施期間: March 31, 2023 ~ 詳細

ゲボキズマブ、転移性大腸がん、胃食道がん、腎がんに対する標準治療抗がん療法

本研究では、転移性大腸がん、転移性胃食道がんおよび転移性腎細胞患者におけるケアの抗がん治療の標準と組み合わせたゲボキズマブの薬力学的活性用量およびゲボキズマブの許容用量および予備有効性を決定する。がん。

治験の実施期間: November 6, 2023 ~ 詳細

以前に手術を受けたI-IIA 期の子宮頸がん患者における化学療法の併用または併用による放射線療法

このランダム化第 III 相試験では、化学療法による放射線療法を研究し、以前に手術を受けたI-IIA 期の子宮頸がん患者の治療において、放射線療法単独と比較してどれだけ効果があるかを調べる。 放射線療法は高エネルギーX 線を用い、腫瘍細胞を殺傷する。 シスプラチンなどの化学療法に使用される薬物は、細胞を殺すか、分裂するのを止めるか、または拡散を止めることによって、腫瘍細胞の増殖を止めるためにさまざまな方法で働く。 子宮頸がん患者の治療において、放射線療法と化学療法を併用する方が放射線療法単独よりも効果的かどうかはまだ分かっていません。

治験の実施期間: December 31, 2021 ~ 詳細

術前化学放射線療法後のニボルマブに関する研究

これは、抗 PD-1 抗体薬であるニボルマブによる単独療法の安全性、有効性、および概念証明(POC)を調査するためのIb/II 相、オープンラベル、単腕、マルチセンター研究であり、カペシタビンとその後の外科療法を用いた化学放射線療法(CRT)の後の逐次療法として、 局所進行切除可能な直腸がん。

治験の実施期間: December 2021 ~ 詳細
« 1 ... 3 4 5 6 7 ... 16 »

オンコロトライアルサーチとは

日本で実施しているがんの臨床試験(治験)を一括で調べることの出来る臨床試験(治験)検索システムです。

現在のところ臨床試験(治験)の情報は、UMIN、JAPIC、ClinicalTrial.govの3つのいずれかに登録がされており、それらはすべて公開されています。しかし、掲載されている情報は重複していたり、1サイトのみ掲載であるなど、統一されていないため、それぞれのサイトで検索をかけなければなりません。さらに、サイトによっては検索システムが使いにくいものや、英語での表記であることなどの問題があります。そのために自身が探そうとしている情報にたどり着くのが難しい現状があります。

オンコロトライアルサーチではこれらの問題点を解決し、患者さんやご家族が必要とする治験の情報にたどり着けるようするサービスを目指していきます。

※現在JAPICの治験情報について掲載調整中です。

臨床試験(治験)の情報があるだけでは十分ではありません

参加をしたいと思える臨床試験(治験)が見つかっても、実際に参加するためには、まだいくつかのステップが存在します。
具体的には、①情報を探す、②参加条件を確認する、③参加方法を知る、ことが必要となります。

オンコロ治験問合せ窓口へご連絡ください

オンコロでは参加を検討するに当たり、情報を必要としている方にむけて、臨床試験(治験)について相談いただける「治験問合せ窓口」を設けています。患者さんが臨床試験(治験)に参加できる可能性があるかどうかや、問合せ内容によってはより詳しい情報提供が出来る場合もございます。

治験お問合せ窓口について
電話番号:0120-974-268 (平日:10:00~18:30)
メールアドレス:info_oncolo@clinical-t.com

免責事項

オンコロトライアルサーチで検索する臨床試験(治験)情報は一般公開されているUMIN、ClinicalTrial.govに掲載されている情報となります。したがって、元サイトの更新状況によっては募集中と記載されていても終了となっている場合がある等、実際の状況と異なる可能性がございます。