423件の検索結果

切除可能非小細胞肺がん患者の治療のためのネオアジュバント/アジュバントダルバルマブの研究

これは、手術前に投与されたデュバルマブおよび化学療法の活性を評価する第 III 相ランダム化二重盲検プラセボ対照多施設の国際研究であり、手術前に投与されたプラセボおよび化学療法と比較して、主要な病理学的反応の観点から手術前に投与された化学療法と比較した。

治験の実施期間: April 30, 2024 ~ 詳細

胃および胃食道ジャンクション(GEJ)がんに対する治療としてのプラシーボプラスmFOLFOX6と比較したゾルベツキシマブ(実験薬物)プラスmFOLFOX6化学療法の有効性、安全性、耐容性の研究

クロウディン18.2陽性、HER2陰性、局所進行切除不能または転移性胃または胃食道接合腺がんの被験者におけるゾルベツキシマブ(IMAB362)+mFOLFOX6 vs プラセボ+mFOLFOX6の研究。 なぜこの研究が行われているのですか? SPOTLIGHTは、以下のいずれかを有する成人患者のための新しい臨床試験です: 切除不能の進行性胃がんまたはGEJがん 転移性胃がんまたはGEJがんこれらのタイプのがんには、固有のタンパク質(Claudin 18.2と呼ばれる)があります。 がん細胞を殺すためにタンパク質を標的とする治療法を使用できるかもしれません。 上記のいずれかのタイプのがんの患者では、mFOLFOX6(オキサリプラチン、ロイコボリン、フルオロウラシルと呼ばれる3つの化学療法の組み合わせ)が現在の治療法選択肢である。 本研究は、ゾルベツキシマブ(IMAB362)と呼ばれる実験薬をテストしている。 ゾルベツキシマブは、がん細胞死を引き起こすがん細胞上のクローディン18.2に付着する。 患者は、偶然に2つのグループのうちの1つに割り当てられ、以下のいずれかに与えられる: mFOLFOX6を伴うゾルベツキシマブ; または mFOLFOX6を有するプラセボプラセボは、実験薬のように見えるが、薬を含まない治療である。 この研究の目標は、mFOLFOX6を伴うゾルベツキシマブが、がんが悪化するのを阻止することによって患者が長生きするのに役立つかどうかを調べることです。

治験の実施期間: February 28, 2022 ~ 詳細

以前に未治療マントル細胞リンパ腫を有する被験者におけるベンダムスチンとリツキシマブ単独 vs アカラブルチニブとの組み合わせに関する研究

この研究では、以前に未治療のマントル細胞リンパ腫を有する被験者におけるアカラブルチニブとベンダムスチンおよびリツキシマブ(BR)との組み合わせによるプラセボプラスBRの有効性を評価している。

治験の実施期間: November 14, 2022 ~ 詳細

旧オシメルチニブに追従するEGFRm+/MET+ NSCLC中のオシメルチニブプラスサボリティニブ

本研究(SAVANNAH研究)は、オシメルチニブによる治療後に進行しているEGFRm+およびMET+、局所進行または転移性のNSCLC患者におけるサボリティニブと組み合わせたオシマーチニブの有効性を調査する。

治験の実施期間: February 1, 2022 ~ 詳細

進行性尿路上皮がんおよび線維芽細胞増殖因子受容体遺伝子収差を持つ参加者を特定するための研究

本研究の目的は、尿路上皮がん(UC)および選択された線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)異常の参加者を記録腫瘍組織の分子検査を通じて特定することである。

治験の実施期間: April 4, 2023 ~ 詳細

非ホジキンリンパ腫(NHL)および慢性リンパ性白血病(CLL)患者におけるJNJ-67856633の研究

本研究の目的は、再燃/難治性B細胞非ホジキンリンパ腫および慢性リンパ性白血病患者における推奨第2相線量レジメンまたはJNJ-67856633の最大許容線量を決定することである。

治験の実施期間: August 22, 2022 ~ 詳細

高度な尿路上皮がんおよび選択された線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)遺伝子異常を有する参加者におけるエルダフィチニブまたはドセタキセルまたはペンブロリズマブと比較した研究

この研究の目的は、選択された線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)の異常を有する進行尿路上皮がんの参加者において、エルダフィチニブ vs 化学療法またはペムブロリズマブの有効性を評価することであり、そのうちの少なくとも1つは抗 PD-( L) 1 剤(コホート1)または抗 PD-(L)1 剤(コホート2)を含まない前治療 1 剤(コホート2)。

治験の実施期間: April 26, 2024 ~ 詳細

先進または転移性固形腫瘍の被験者におけるONO-7475の相研究

進行性または転移性の固形腫瘍患者におけるONO-7475 単独療法およびONO-4538との併用の忍容性および安全性の評価

治験の実施期間: April 2023 ~ 詳細

進行固形がん患者における抗プログラム細胞死(PD)-1モノクローナル抗体JNJ-63723283の安全性、薬物動態、薬力学、免疫原性の評価に関する研究

本研究の主な目的は、JNJ-63723283の推奨相2線量(RP2D)を単剤療法(第1a相部分)として同定し、エルダフィチニブ(第1b相部分)と組み合わせて投与した場合のJNJ-63723283のRP2Dを同定することである。

治験の実施期間: August 31, 2022 ~ 詳細

根治的前立腺全摘除術の候補である高リスク、限局性または局所的に進展した前立腺がん患者のアパラタミドに関する研究

この研究の目的は、高リスクの限局性または局所進行前立腺がんの参加者において、根治的前立腺全摘除術の前後にアンドロゲン除去療法(ADT)プラスアパルタミドによる治療が病理学的完全応答(pCR)率および転移の改善につながるかどうかを判定することである。 ADTプラスプラセボと比較して、無料生存(MFS)、。

治験の実施期間: April 22, 2024 ~ 詳細

第一線進行胆道がん患者におけるデュルバルマブまたはプラシーボとゲムシタビン/シスプラチンとの併用(TOPAZ-1)

第一線進行胆道がん患者におけるデュルバルマブまたはプラシーボとゲムシタビン/シスプラチンとの併用(TOPAZ-1)

治験の実施期間: June 30, 2022 ~ 詳細

先端非小細胞肺がん参加者におけるヒト二特異性 EGFRおよびcMet 抗体 JNJ-61186372の研究

本研究の目的は、安全性と薬物動態を評価し、推奨される第 2 相線量(RP2D)レジメンを確立し、進行した非小細胞肺がん(NSCLC)の参加者におけるJNJ-61186372の予備効力を評価することである。

治験の実施期間: January 15, 2024 ~ 詳細

上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害剤(TKI)再燃間葉-上皮転移因子(MET)増幅非小細胞肺がん(NSCLC)におけるテポチニブ+オシメルチニブの研究

本研究では、進行性または転移性のNSCLC参加者の第3世代EGFR阻害剤オシメルチニブと組み合わせたMET阻害剤テポチニブの抗腫瘍活性、安全性、忍容性、薬物動態(PK)を評価する。

治験の実施期間: November 30, 2022 ~ 詳細

再燃および/または難治性固形腫瘍の成人におけるABBV-155単独およびタキサン療法との併用による研究

ABBV-155単独でパクリタキセルまたはドセタキセルと組み合わせて、安全性、薬物動態(PK)、および予備有効性を評価するためのオープンラベル、用量エスカレーション(第1部)、用量拡張(第2部)研究。 パート1(用量エスカレーション)では、被験者はパクリタキセルまたはドセタキセル(パート1b)と組み合わせたABBV-155単剤療法(パート1a)またはABBV-155のエスカレート用量を受け取る。 パート2(用量拡張)では、被験者はABBV-155単独療法または併用療法を受ける。 ABBV-155単独療法コホートは、再燃または難治性(R/R)小細胞肺がん(SCLC)(パート2a)の被験者を登録する;ABBV-155+タキサン(パクリタキセルまたはドセタキセル)の併用コホートは、R/R非小細胞肺がん(NSCLC)および乳がん(パート2b)に被験者を登録する。で指定します。

治験の実施期間: September 29, 2022 ~ 詳細

化学療法によるダルバルマブ、化学療法によるトレメリムマブとの組み合わせによるダルバルマブの研究、または切除不能な尿路上皮がん患者における化学療法

これは、デュルバルマブ ± トレメリムマブとケアの標準(SoC)化学療法(シスプラチン + ゲムシタビンまたはカルボプラチン + ゲムシタビンダブレット)を併用した場合の有効性と安全性を判定するためのランダム化されたオープンラベル対照多中心的なグローバルフェーズIII 研究であり、その後にデュルバルマブ単独療法とSoC 単独療法を併用した (腎骨盤、尿管、膀胱、尿道を含む)尿路上皮の組織学的または細胞学的に文書化され、切除不能、局所進行または転移性移行上皮がん患者における第一選択化学療法として実施される。

治験の実施期間: June 30, 2023 ~ 詳細

局所進行または転移性HER2発現がん患者におけるBTRC4017Aに関する第1相研究

本研究では、局所進行または転移性のヒト表皮成長因子受容体2(HER2)発現がん患者におけるBTRC4017Aにおける安全性、忍容性、薬物動態を評価する。

治験の実施期間: June 29, 2023 ~ 詳細

肺がん(POSEIDON)患者のための化学療法または化学療法によるデュルバルマブ+トレムリムマブの研究。

これは、無作為化、オープンラベル、マルチセンター、グローバルフェーズIII研究であり、デュルバルマブ+トレムリムマブ併用療法+ケアの基準(SoC)化学療法またはデュルバルマブ単独療法+ SoC化学療法 vs SoC化学療法単独のSoC化学療法転移性非小細胞肺がん(NSCLC)で、活性化表皮増殖因子受容体(EGFR)突然変異および退形成性リンパ腫キナーゼ(ALK)の融合が欠けている腫瘍。

治験の実施期間: March 12, 2021 ~ 詳細

進行性肝細胞癌患者におけるダルバルマブ及びトレメリムマブの第一次治療に関する研究

これは、切除不能なHCCに対して以前の全身療法を受けていない患者の治療において、デュルバルマブ + トレメリムマブ併用療法およびデュルバルマブ単独療法 vs ソラフェニブの有効性および安全性を評価するためのランダム化されたオープンラベル、マルチセンター、グローバルフェーズIII 研究である。 患者は局所領域療法の対象にはなりません。

治験の実施期間: August 27, 2021 ~ 詳細

再発または難治性多発性骨髄腫の被験者におけるポマリドマイドおよびデキサメタゾンと比較したベネトクラックスおよびデキサメタゾンの研究

t(11; 14)陽性の再発または難治性多発性骨髄腫の参加者におけるポマリドマイドプラスデキサメタゾン(PomDex)と比較して、ベネトクラックスプラスデキサメタゾン(VenDex)の安全性および有効性を評価するために設計された研究。

治験の実施期間: June 12, 2022 ~ 詳細

NTRK 1/2/3(Trk A/B/C)、ROS1、またはALK 遺伝子再配置(融合)を有する固形腫瘍患者の治療のためのエンストレクチニブ(RXDX-101)のバスケット研究

これは、NTRK1/2/3、ROS1、またはALK 遺伝子融合を有する固形腫瘍患者の治療のためのエントレクチニブ(RXDX-101)に関するオープンラベル、マルチセンター、グローバルなフェーズ2バスケット研究である。 患者は、腫瘍の種類と遺伝子融合に応じて異なるバスケットに割り当てられます。

治験の実施期間: December 1, 2022 ~ 詳細
« 1 2 3 4 5 6 ... 22 »

オンコロトライアルサーチとは

日本で実施しているがんの臨床試験(治験)を一括で調べることの出来る臨床試験(治験)検索システムです。

現在のところ臨床試験(治験)の情報は、UMIN、JAPIC、ClinicalTrial.govの3つのいずれかに登録がされており、それらはすべて公開されています。しかし、掲載されている情報は重複していたり、1サイトのみ掲載であるなど、統一されていないため、それぞれのサイトで検索をかけなければなりません。さらに、サイトによっては検索システムが使いにくいものや、英語での表記であることなどの問題があります。そのために自身が探そうとしている情報にたどり着くのが難しい現状があります。

オンコロトライアルサーチではこれらの問題点を解決し、患者さんやご家族が必要とする治験の情報にたどり着けるようするサービスを目指していきます。

※現在JAPICの治験情報について掲載調整中です。

臨床試験(治験)の情報があるだけでは十分ではありません

参加をしたいと思える臨床試験(治験)が見つかっても、実際に参加するためには、まだいくつかのステップが存在します。
具体的には、①情報を探す、②参加条件を確認する、③参加方法を知る、ことが必要となります。

オンコロ治験問合せ窓口へご連絡ください

オンコロでは参加を検討するに当たり、情報を必要としている方にむけて、臨床試験(治験)について相談いただける「治験問合せ窓口」を設けています。患者さんが臨床試験(治験)に参加できる可能性があるかどうかや、問合せ内容によってはより詳しい情報提供が出来る場合もございます。

治験お問合せ窓口について
電話番号:0120-974-268 (平日:10:00~18:30)
メールアドレス:info_oncolo@clinical-t.com

免責事項

オンコロトライアルサーチで検索する臨床試験(治験)情報は一般公開されているUMIN、ClinicalTrial.govに掲載されている情報となります。したがって、元サイトの更新状況によっては募集中と記載されていても終了となっている場合がある等、実際の状況と異なる可能性がございます。