279件の検索結果

化学療法およびベバシズマブと組み合わせたデュルバルマブ治療、進行性卵巣がん患者における維持デュルバルマブ、ベバシズマブおよびオラパリブ治療が続く。

本研究は第III相ランダム化二重盲検多センター研究で、ケアの標準白金ベースの化学療法およびベバシズマブと組み合わせてデュルバルマブの有効性および安全性を評価し、続いて維持ジュルバルマブおよびベバシズマブまたはデュルバルマブ、ベバシズマブおよびオラパリブと組み合わせて評価する。進行性卵巣がんと診断された。

治験の実施期間: June 23, 2023 ~ 詳細

以前にトラスチズマブ・エタンシンを単独で治療した参加者、または親研究の一つで他の抗がん療法と組み合わせて治療した参加者のトラスチズマブ・エタンシンの安全拡張研究

これは、グローバルなマルチセンター、オープンラベル安全拡張スタディです。 Genentech/Roche 主催の親研究で他の薬剤と組み合わせて投与された単剤型トラストツツマブエムタンシンまたはトラストツツマブエムタンシンを受けた参加者は、親研究の閉鎖時に有効で有益性を引き出す。

治験の実施期間: September 20, 2029 ~ 詳細

多発性骨髄腫被験者におけるAMG 701の第 1 相研究

このFirst in-Human Phase 1 研究の目的は、エスカレーション部分の間に、毎週の短期 IV 注入として投与されたAMG 701が安全かつ許容可能であるかどうか、その後に用量拡張部分が再燃または耐火性の複数の成人の被験者におけるAMG 701のさらなる有効性および安全性の経験を得ることである。 骨髄腫。 研究は、複数の部位で実施され、AMG 701の増加用量を試験する。 被験者の安全性は、バイタルサイン、心電図、身体検査、および実験室検査の集中的な評価によって監視される。

治験の実施期間: October 17, 2023 ~ 詳細

局所進行性腫瘍または転移性腫瘍におけるティラゴルマブの単剤およびアテゾリズマブおよび/または他の抗がん療法との併用による増量投与の安全性および薬物動態(PK)

このヒト初のオープンラベル、多施設、用量漸増および拡大研究は、局所進行性、再発性、または転移性難治性腫瘍の参加者におけるティラゴルマブ単独またはアテゾリズマブおよび/または他の抗がん療法と組み合わせた安全性、忍容性、およびPKを評価することを目的としています。標準療法が存在しない、効果がない、または耐えられないことが証明されている、または不適切と考えられる人、または治験薬の臨床試験が標準治療として認められている人。

治験の実施期間: October 5, 2024 ~ 詳細

原発部位不明のがん患者における標的療法またはがん免疫療法と白金ベースの化学療法の有効性と安全性を比較した第II相ランダム化研究

本研究では、第一選択白金ベースの誘導3サイクルの後に疾患コントロールを達成した未知原発部位(CUP;非特異的サブセット)の予後不良がん患者において、分子誘導療法の有効性および安全性と標準白金含有化学療法の有効性および安全性を比較する化学療法。

治験の実施期間: February 1, 2023 ~ 詳細

NTRK 1/2/3(Trk A/B/C)、ROS1、またはALK 遺伝子再配置(融合)を有する固形腫瘍患者の治療のためのエンストレクチニブ(RXDX-101)のバスケット研究

これは、NTRK1/2/3、ROS1、またはALK 遺伝子融合を有する固形腫瘍患者の治療のためのエントレクチニブ(RXDX-101)に関するオープンラベル、マルチセンター、グローバルなフェーズ2バスケット研究である。 患者は、腫瘍の種類と遺伝子融合に応じて異なるバスケットに割り当てられます。

治験の実施期間: December 31, 2024 ~ 詳細

ゲボキズマブ、転移性大腸がん、胃食道がん、腎がんに対する標準治療抗がん療法

本研究では、転移性大腸がん、転移性胃食道がんおよび転移性腎細胞患者におけるケアの抗がん治療の標準と組み合わせたゲボキズマブの薬力学的活性用量およびゲボキズマブの許容用量および予備有効性を決定する。がん。

治験の実施期間: January 18, 2023 ~ 詳細

以前に未治療マントル細胞リンパ腫を有する被験者におけるベンダムスチンとリツキシマブ単独 vs アカラブルチニブとの組み合わせに関する研究

この研究では、以前に未治療のマントル細胞リンパ腫を有する被験者におけるアカラブルチニブとベンダムスチンおよびリツキシマブ(BR)との組み合わせによるプラセボプラスBRの有効性を評価している。

治験の実施期間: April 30, 2023 ~ 詳細

クローディン18.2(CLDN18.2)陽性、転移性膵腺がんの被験者における第一線治療としてNab-パクリタキセルおよびゲムシタビン(Nab-P + GEM)と組み合わせたIMAB362の抗腫瘍活性および安全性を評価するための研究

本研究の目的は、Nab-P + GEMと組み合わせてゾルベツキシマブの推奨相2用量(RP2D)を確認し、全生存率を決定し、併用治療の安全性および忍容性を評価することである。 この研究はまた、ゾルベツキシマブ、Nab-PおよびGEMの他の抗腫瘍作用、腫瘍マーカーおよび薬物動態(PK)を評価する。

治験の実施期間: September 30, 2024 ~ 詳細

再燃および/または難治性固形腫瘍および非ホジキンリンパ腫を有する被験者におけるCC-90011の安全性および有効性研究

研究CC-90011-ST-001は、高度な切除不能固形腫瘍(グレード2NS、グレード2ネットおよびNECに富む)およびR/R NHL(MZL、外節MZL [EMZL]、脾臓MZL [SMZL] を含む被験者におけるCC-90011のオープンラベル、フェーズ1、線量のエスカレーションおよび拡張、ファーストインヒューマン(FIH)臨床研究です。節点 MZL [NMZL]、およびMZLの組織学的転換)。この研究の用量エスカレーション部分(パートA)は、CC-90011の最大許容線量(MTD)を推定するために、CC-90011の経口投与量のエスカレーションを検討する。拡張部(パートB)は、RP2Dをさらに定義するために、それぞれ約10-20の評価可能な被験者の3つの選択された拡張コホートにおいて、MTDまたはそれ以下で投与されるCC-90011の安全性および有効性をさらに評価する。

治験の実施期間: August 8, 2023 ~ 詳細

固形腫瘍の参加者におけるE7130の研究

本研究の主な目的は、進行性固形腫瘍の参加者のE7130の忍容性および安全性のプロファイルを評価することである。

治験の実施期間: April 30, 2024 ~ 詳細

[進行固形腫瘍患者におけるDKY709単独またはPDR001との併用による安全性と有効性の研究]

これはフェーズI/Ib、オープンラベルスタディです。 エスカレーション部は、以前に抗PD-1/PD-L1療法を受けたNSCLCまたは黒色腫を有する被験者、またはNPCを有する被験者におけるPDR001と組み合わせたDKY709およびDKY709の安全性および忍容性を特徴付ける。 特定の治療群に対するMTD/RDの決定後、用量拡張は、MTD/RDにおける各レジメンの安全性、忍容性、PK/PD、および抗腫瘍活性をさらに評価する。

治験の実施期間: April 15, 2024 ~ 詳細

初期期非小細胞肺がん患者における定位体放射線療法後のデュルバルマブ対プラシーボ

これは、切除されていない臨床病期I/IIリンパ節陰性(T1 ~ T3N0M0)NSCLCを有する患者におけるSoC SBRT 後のデュバルマブ対プラセボの有効性および安全性を評価する第 III 相無作為化、プラセボ対照二重盲検多中心研究である。

治験の実施期間: June 23, 2025 ~ 詳細

進行固形腫瘍の被験者におけるABBV-399の安全性、薬物動態(PK)、および予備有効性を評価する研究

これは、単剤療法としてのABBV-399の安全性、薬物動態(PK)、および予備的有効性を評価する1/1bのオープンラベル研究であり、c-Metを発現しそうな進行固形腫瘍を有する被験者におけるオシメルチニブ、エルロチニブ、ニボルマブおよびニボルマブとの組み合わせで評価する。 単独療法用腕、腕A、腕Dの入学は閉鎖されています。

治験の実施期間: December 8, 2023 ~ 詳細

上皮成長因子受容体(EGFR)チロシンキナーゼ阻害剤(TKI)再燃間葉-上皮転移因子(MET)増幅非小細胞肺がん(NSCLC)におけるテポチニブ+オシメルチニブの研究

本研究では、進行性または転移性のNSCLC参加者の第3世代EGFR阻害剤オシメルチニブと組み合わせたMET阻害剤テポチニブの抗腫瘍活性、安全性、忍容性、薬物動態(PK)を評価する。

治験の実施期間: November 30, 2022 ~ 詳細

再燃または難治性のB細胞非ホジキンリンパ腫患者におけるオドロネクスタマブの抗腫瘍活性および安全性の評価

主な目的は、悪性リンパ腫の反応のルガーノ分類(Cheson、2014)に従って客観的奏効率率(ORR)で測定し、以下の各B細胞非ホジキンについて独立した中央レビューにより評価して、オドロネクスタマブ単剤の抗腫瘍活性を評価することです。リンパ腫(B-NHL)サブグループ: 濾胞性リンパ腫(FL)の悪性度1-3a*1,2の患者 びまん性大細胞型B細胞リンパ腫(DLBCL)の患者さん*1,2 マントル細胞リンパ腫(MCL)の患者で、BTK阻害剤の後に再燃した、またはBTK阻害剤に不応性がある。このコホートには、再燃した患者、または以前の全身療法に抵抗性の疾患を有する患者、またはBTK阻害薬療法に対する耐性が示され、他の全身療法後に進行した患者も含まれる。 辺縁帯リンパ腫 (MZL) の患者さん*1 他のB-NHLサブタイプの患者*1 第2の目標は次のとおりです。 5つの疾患特異的コホートそれぞれにおいて、オドロネクスタマブ単剤による抗腫瘍活性を評価するには、以下で測定します: ルガーノ分類に従い、現地調査員の評価により評価されたORR ルガーノ分類に従い、現地の治験責任者による評価と独立した中央レビューにより現地で評価された完全奏効(CR)率 無増悪生存 (PFS) *3 全生存 (OS) 応答時間 (DOR) *3 疾病管理率 (DCR) *3 オドロネクスタマブの安全性と忍容性を評価するには オドロネクスタマブの薬物動態(PK)を評価するには オドロネクスタマブの免疫原性を評価するには 健康関連の生活の質(HRQL)を含む患者の報告された転帰に対するオドロネクスタマブの効果を評価するには、欧州がん研究・治療機構(EORTC QLQ-C30)、がん治療-リンパ腫の機能的評価(EORTC QLQ-C30)によって測定された検証済みの機器によって測定されます(Fact-lym)、および EuroQOL 5 ディメンション 3 レベル (EQ-5D-3L) 1回以上前の全身療法後に再燃した、または2系統以上の全身療法に抵抗性がある 抗CD20抗体とアルキル化剤を含む2 3 Lugano Classiationに従い、独立した中央レビューと現地調査員による評価により評価

治験の実施期間: December 18, 2025 ~ 詳細

原発腫瘍研究と転帰ネットワーク

原発脊柱腫瘍患者に特異的な臨床データ、診断データ、および治療データを収集し、評価し、原発脊髄腫瘍と診断された患者のサブグループにおける生存、局所再発、有害事象、術周期罹患率およびHRQOLに影響する予後因子を調査する。 カラム腫瘍。

治験の実施期間: December 2023 ~ 詳細

進行中または転移している固形がんにおける実験薬BMS-986207単独およびニボルマブとの併用による安全性と有効性を評価するための調査免疫療法研究

本研究の目的は、実験薬BMS-986207の安全性と有効性を単独で、および進行または拡がっている固形がんにおけるニボルマブと組み合わせて評価することである。

治験の実施期間: March 18, 2024 ~ 詳細

再発または難治性小細胞肺がんの参加者におけるABBV-011単独およびブジガリマブ(ABBV-181)との併用による研究

これは、再燃または難治性小細胞肺がん(SCLC)の参加者において、単一の薬剤として、およびブジガリマブ(ABBV-181)と組み合わせて、ABBV-011の多施設オープンラベルフェーズ1研究である。この研究は3つの部分からなる。パートAは単剤ABBV-011用量探索レジメンコホートであり、その後にパートB、単剤ABBV-011用量拡張コホートが続く。次にパートC、ABBV-011およびブジガリマブ(ABBV-181)のエスカレーションおよび拡張コホートを組み合わせた。

治験の実施期間: July 29, 2024 ~ 詳細

ノバルティニブ治療を受けている患者に対するセルチニブ(LDK378)へのアクセスを許可するロールオーバー研究

ロールオーバー研究では、ノバルティススポンサー研究の中で現在セリチニブによる治療を受けている患者にセリチニブを提供し、研究者の意見では、セリチニブによる継続的な治療の恩恵を受けるであろう。

治験の実施期間: June 9, 2025 ~ 詳細
« 1 2 3 4 5 6 ... 14 »

オンコロトライアルサーチとは

日本で実施しているがんの臨床試験(治験)を一括で調べることの出来る臨床試験(治験)検索システムです。

現在のところ臨床試験(治験)の情報は、UMIN、JAPIC、ClinicalTrial.govの3つのいずれかに登録がされており、それらはすべて公開されています。しかし、掲載されている情報は重複していたり、1サイトのみ掲載であるなど、統一されていないため、それぞれのサイトで検索をかけなければなりません。さらに、サイトによっては検索システムが使いにくいものや、英語での表記であることなどの問題があります。そのために自身が探そうとしている情報にたどり着くのが難しい現状があります。

オンコロトライアルサーチではこれらの問題点を解決し、患者さんやご家族が必要とする治験の情報にたどり着けるようするサービスを目指していきます。

※現在JAPICの治験情報について掲載調整中です。

臨床試験(治験)の情報があるだけでは十分ではありません

参加をしたいと思える臨床試験(治験)が見つかっても、実際に参加するためには、まだいくつかのステップが存在します。
具体的には、①情報を探す、②参加条件を確認する、③参加方法を知る、ことが必要となります。

オンコロ治験問合せ窓口へご連絡ください

オンコロでは参加を検討するに当たり、情報を必要としている方にむけて、臨床試験(治験)について相談いただける「治験問合せ窓口」を設けています。患者さんが臨床試験(治験)に参加できる可能性があるかどうかや、問合せ内容によってはより詳しい情報提供が出来る場合もございます。

治験お問合せ窓口について
電話番号:0120-974-268 (平日:10:00~18:30)
メールアドレス:info_oncolo@clinical-t.com

免責事項

オンコロトライアルサーチで検索する臨床試験(治験)情報は一般公開されているUMIN、ClinicalTrial.govに掲載されている情報となります。したがって、元サイトの更新状況によっては募集中と記載されていても終了となっている場合がある等、実際の状況と異なる可能性がございます。