16件の検索結果

周術的ペムブロリズマブ(MK-3475)プラスネオアジュバント化学療法 vs 周術プラシーボプラスネオアジュバント化学療法(MIBC)に対するシスプラチン適格筋浸潤性膀胱がん(MK-3475-866/KEYNOTE-866)

シスプラチン適格患者における化学療法 vs プラセボからペムブロリズマブ+化学療法による術周囲ペムブロリズマブを評価するためのグローバル研究。

治験の実施期間: June 15, 2025 ~ 詳細

尿路上皮癌シスプラチン不適格者におけるレンバチニブ(MK-7902/E7080)を伴う第一線ペンブロリズマブ(MK-3475)の研究(MK-7902/E7080)がプログラムされた細胞死配位子1を発現し、プラチナ含有化学療法を受けない参加者(MK-7902-011/E7080-3000-3000-/ LEAP-011)

本研究の目的は、プログラムされた細胞死リガンド1(PD-L1)とシスプラチン不適格な参加者の治療におけるペムブロリズマブ(MK-7902/E7080)との組み合わせでレンバチニブの有効性と安全性を評価することである(CPS)≥10、または参加者のいずれにも適格ではありませんCPSに関係なく白金含有化学療法(進行性/切除不能または転移性尿路皮がん(UC)を伴う。 この研究の主な仮説は次のとおりです。 ペンブロリズマブ+レンバチニブは、盲目の独立した中央レビュー(BICR)により、固形腫瘍バージョン1.1(RECIST 1.1)における応答評価基準ごとの無進行生存(PFS)に関してペンブロリズマブ+プラセボより優れ、および ペムブロリズマブ+レンバチニブは、全生存(OS)に関してペムブロリズマブ+プラセボよりも優れている。

治験の実施期間: October 31, 2023 ~ 詳細

高度な尿路上皮がんおよび選択された線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)遺伝子異常を有する参加者におけるエルダフィチニブまたはドセタキセルまたはペンブロリズマブと比較した研究

この研究の目的は、選択された線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)の異常を有する進行尿路上皮がんの参加者において、エルダフィチニブ vs 化学療法またはペムブロリズマブの有効性を評価することであり、そのうちの少なくとも1つは抗 PD-( L) 1 剤(コホート1)または抗 PD-(L)1 剤(コホート2)を含まない前治療 1 剤(コホート2)。

治験の実施期間: April 23, 2024 ~ 詳細

高リスク非筋肉浸潤性膀胱がん(HR NMIBC)におけるペムブロリズマブ(MK-3475)のカルメットゲリン(BCG)との併用による有効性と安全性 (MK-3475-676/KEYNOTE-676)

本研究は、BCG単独療法と比較して、BCGと組み合わせたペムブロリズマブの抗腫瘍効果および安全性を評価することを目的としており、適切なBCG誘導後に持続的または再発する人事NMIBCに参加している。 主な仮説は、ペムブロリズマブとBCGの組み合わせは、in situ(CIS)がんの参加者のBCGと比較して、中枢病理学的レビューによって評価された完全応答率(CRR)が優れているというものである。

治験の実施期間: May 19, 2022 ~ 詳細

化学療法によるダルバルマブ、化学療法によるトレメリムマブとの組み合わせによるダルバルマブの研究、または切除不能な尿路上皮がん患者における化学療法

これは、デュルバルマブ ± トレメリムマブとケアの標準(SoC)化学療法(シスプラチン + ゲムシタビンまたはカルボプラチン + ゲムシタビンダブレット)を併用した場合の有効性と安全性を判定するためのランダム化されたオープンラベル対照多中心的なグローバルフェーズIII 研究であり、その後にデュルバルマブ単独療法とSoC 単独療法を併用した (腎骨盤、尿管、膀胱、尿道を含む)尿路上皮の組織学的または細胞学的に文書化され、切除不能、局所進行または転移性移行上皮がん患者における第一選択化学療法として実施される。

治験の実施期間: April 28, 2023 ~ 詳細

進行性尿路上皮がんおよび線維芽細胞増殖因子受容体遺伝子収差を持つ参加者を特定するための研究

本研究の目的は、尿路上皮がん(UC)および選択された線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)異常の参加者を記録腫瘍組織の分子検査を通じて特定することである。

治験の実施期間: February 1, 2021 ~ 詳細

尿路上皮癌におけるアテゾリズマブと組み合わせたロガラチニブ(BAY1163877)の第 1b/2 相研究

FORT-2は、未治療 FGFR-陽性尿路上皮がん患者におけるアテゾリズマブと組み合わせてロガラチニブの安全性、有効性、RP2DおよびPKを評価するように設計されている。 このスタディは、フェーズ1b(パートA)とフェーズ2(パートB)の2つの別々の部分で構成されています。スタディの部分は、設計、目的、および処理が異なります。 この第 1b 相研究(パートA)の主な目的は、これらの患者のアテゾリズマブと組み合わせて、ロガラチニブの安全性、忍容性、RP2Dおよび薬物動態を決定することである。 パートBの主な目的は、FGFR-陽性または転移性尿路上皮がん未治療の患者において、アテゾリズマブと組み合わせて、ロガラチニブのRECIST v1.1による無増殖生存(PFS)を比較することである。 注目すべき点として、パートAに参加した患者はパートBに参加することはできません。 パートBは、パートAのデータがパートAの一次修了前に発生した場合でも、パートAからのデータが研究の継続をサポートすると開始されます。スポンサーは、 パートA:データがさらなる開発をサポートしていない場合。

治験の実施期間: March 18, 2024 ~ 詳細

高リスク非筋肉浸潤性膀胱がん参加者のペンブロリズマブ(MK-3475)に関する研究 (MK-3475-057/KEYNOTE-057)

この研究では、カルメッテ・ゲリン(BCG)療法に反応しない高リスクの非筋肉侵襲性膀胱がん(NMIBC)の患者で、根治的膀胱切除術に不適格であると考えられる、または拒否された患者は、ペムブロリズマブ療法を受けることになる。 主な研究の仮説は、ペムブロリズマブによる治療は臨床的に有意義な反応をもたらすことである。

治験の実施期間: June 15, 2022 ~ 詳細

未治療または転移性尿路上皮がん患者の治療におけるケアの化学療法の標準と比較したイピリムマブまたはケアの化学療法の標準と組み合わせたニボルマブの研究

この研究の目的は、イピリムマブと組み合わせた調査免疫療法ニボルマブが、以前に治療不能または転移性を有する患者の治療において、ケア化学療法単独の標準よりも効果的かどうかを判定することである。 尿路上皮がん。

治験の実施期間: October 16, 2023 ~ 詳細

MIBC 患者におけるデュルバルマブ + ゲムシタビン/シスプラチン(ネオアジュバント治療)およびダルバルマブ(アジュバント治療)

筋浸潤性膀胱がん患者におけるネオアジュバント治療のためのジェムシタビン + シスプラチンと併用したデュルバルマブの有効性と安全性を判定するためのグローバル研究

治験の実施期間: June 30, 2023 ~ 詳細

MIBC 患者におけるNivoまたはNivoおよびBMS-986205を用いた術後治療およびBMS-986205を用いた化学療法のみとケモプラスニボに関する研究

筋肉侵襲性膀胱がん(MIBC)患者におけるニボルマブ + 化学療法またはニボルマブ / BMS-986205 + 化学療法とその後の根治的膀胱切除後の継続的な免疫腫瘍療法(RC)療法と比較して、ネオアジュバント標準(SOC)化学療法単独を評価する研究

治験の実施期間: November 28, 2023 ~ 詳細

固形腫瘍および非ホジキンリンパ腫患者におけるPDR001との併用によるNIR178の相2研究

この第2相研究の目的は、複数の固形腫瘍およびびまん性大細胞リンパ腫(DLBCL)におけるPDR001と組み合わせたNIR178の有効性および安全性を評価し、A2aRの阻害による免疫活性化を最適化するためのNIR178のスケジュール変動をさらに検討することである。

治験の実施期間: December 1, 2021 ~ 詳細

ペミガチニブ+ペンブロリズマブ対ペミガチニブ単独対尿路上皮がんに対する標準治療法 (FIGHT-205)

本研究の目的は、ペミガチニブプラスペムブロリズマブまたはペミガチニブ単独単独の安全性および有効性を評価することであり、シスプラチンを受ける資格がなく、FGFR3突然変異または再配列を抱えている。前の治療を受けていない人。

治験の実施期間: November 30, 2022 ~ 詳細

カルメット・ゲラン菌(BCG)を受け、高リスク非筋肉侵襲性膀胱がん(NMIBC)を再発した参加者におけるエルダフィチニブ対静脈内化学療法の研究

本研究の目的は、線維芽細胞増殖因子受容体(FGFR)変異または融合を有する高リスク非筋肉浸潤性膀胱がん(NMIBC)を有する参加者に対して、エルダフィチニブvs Investigator's Choiceで治療された参加者における再発無生存(RFS)を評価することである。バチルスカルメットゲリン(BCG)療法。

治験の実施期間: October 26, 2022 ~ 詳細

膀胱がんに対する血尿患者の評価のための新規多重ELISAアッセイ

総血尿患者のボイド尿サンプルにおけるBCA関連診断シグネチャを対象とした多重ELISAアッセイをさらに検証することにより、BCaの非侵襲的検出を改善する。

治験の実施期間: December 30, 2021 ~ 詳細

膀胱がん病歴のある患者さんを対象とした新規多重ELISAアッセイ

排尿細胞学(VUC)は、膀胱がん(BCa)を検出するために最も広く使用されている尿ベースのアッセイです;しかし、最も治癒しやすい場合には低悪性度または初期段階のBCaの約50%を検出できません。 さらに、再発BCaに対するVUCの検出率はあまり良くありません。 この厳しい制限のため、再発BCaを監視するために監視下にあるすべての患者は、膀胱の侵襲的検査を受けなければなりません。尿膀胱の侵襲検査では、小型カメラが膀胱に挿入され、膀胱が検査されます(膀胱鏡検査)。 ボイド尿サンプル中のBCA関連診断シグネチャを対象とした多重ELISAアッセイをさらに検証することにより、再発BCAの非侵襲的検出を改善することを提案する。

治験の実施期間: December 30, 2021 ~ 詳細

オンコロトライアルサーチとは

日本で実施しているがんの臨床試験(治験)を一括で調べることの出来る臨床試験(治験)検索システムです。

現在のところ臨床試験(治験)の情報は、UMIN、JAPIC、ClinicalTrial.govの3つのいずれかに登録がされており、それらはすべて公開されています。しかし、掲載されている情報は重複していたり、1サイトのみ掲載であるなど、統一されていないため、それぞれのサイトで検索をかけなければなりません。さらに、サイトによっては検索システムが使いにくいものや、英語での表記であることなどの問題があります。そのために自身が探そうとしている情報にたどり着くのが難しい現状があります。

オンコロトライアルサーチではこれらの問題点を解決し、患者さんやご家族が必要とする治験の情報にたどり着けるようするサービスを目指していきます。

※現在JAPICの治験情報について掲載調整中です。

臨床試験(治験)の情報があるだけでは十分ではありません

参加をしたいと思える臨床試験(治験)が見つかっても、実際に参加するためには、まだいくつかのステップが存在します。
具体的には、①情報を探す、②参加条件を確認する、③参加方法を知る、ことが必要となります。

オンコロ治験問合せ窓口へご連絡ください

オンコロでは参加を検討するに当たり、情報を必要としている方にむけて、臨床試験(治験)について相談いただける「治験問合せ窓口」を設けています。患者さんが臨床試験(治験)に参加できる可能性があるかどうかや、問合せ内容によってはより詳しい情報提供が出来る場合もございます。

治験お問合せ窓口について
電話番号:0120-974-268 (平日:10:00~18:30)
メールアドレス:info_oncolo@clinical-t.com

免責事項

オンコロトライアルサーチで検索する臨床試験(治験)情報は一般公開されているUMIN、ClinicalTrial.govに掲載されている情報となります。したがって、元サイトの更新状況によっては募集中と記載されていても終了となっている場合がある等、実際の状況と異なる可能性がございます。