36件の検索結果

IDH1 突然変異を伴う未治療の急性骨髄性白血病患者におけるAG-120(イボシデニブ)対プラセボとアザシチジンの併用に関する研究

研究 AG120-C-009は、以前に未治療のIDH1m AMLを有する成人被験者において、AG-120(イボシデニブ)+ アザシチジン対プラセボ + アザシチジンの有効性および安全性を評価するための、グローバルなフェーズ3、多施設、二重盲検、ランダム化、プラセボ対照臨床試験である。 -集中治療。 主なエンドポイントは全生存(OS)です。 主要な二次効力エンドポイントは、イベントフリー生存(EFS)、完全寛解率(CR)、CRの割合および部分血液学的回復(CRh)による完全寛解率、および全体的な応答率(ORR)です。 スクリーニング評価に基づく研究治療の対象となる被験者は、経口 AG-120またはマッチしたプラセボを受けるために 1:1 にランダム化され、両方を皮下(SC)または静脈内(IV)アザシチジンと組み合わせて投与する。 推定 392 人の被験者が研究に参加する。

治験の実施期間: June 30, 2022 ~ 詳細

最近FLT3遺伝子突然変異を伴う急性骨髄性白血病と診断され、標準化学療法を受けない成人患者を治療するためにアザシチジンまたはアザシチジンと組み合わせたASP2215(ギルテリジニブ)自身によるASP2215(ギルテリジニブ)の研究

これは、最近急性骨髄性白血病またはAMLと診断された成人患者に対する臨床研究である。 AMLはがんの一種です。 骨髄が正常でない白血球を作るときです。 これらを白血病細胞といいます。 AML患者の中には、FLT3遺伝子に突然変異または変化がある患者もいます。 この遺伝子は、白血病細胞がFLT3と呼ばれるタンパク質を作るのに役立ちます。 このタンパク質は、白血病細胞をより速く増殖させる。 標準化学療法を受けられないAML患者では、アザシチジン(Vidaza® とも呼ばれる)は米国における現在の標準治療法の選択肢である。 この臨床研究では、ギルテリチニブとも呼ばれるASP2215と呼ばれる実験医学を検査しています。 ギルテリチニブは、白血病細胞がFLT3タンパク質を作るのを阻止することによって作用する。 これにより、白血病細胞の増殖が速くなるのを防ぐことができます。 この研究では、2つの異なる治療法を比較する。 患者は、偶然にこれらの2つのグループの1つに割り当てられます:アザシチジンと呼ばれる薬、またVidazaとして知られている® またはアザシチジンと組み合わせた実験薬ジルテリチニブ。 両方の医薬品をアザシチジン単独よりも組み合わせて受け取る機会は2倍あります。 この臨床研究は、どの治療法が患者の長期的な生活に役立つかを示すのに役立ちます。

治験の実施期間: December 2022 ~ 詳細

多発性骨髄腫、NHL、AMLの被験者におけるAMG 397の安全性、忍容性、薬物動態および有効性

AMG 397の安全性と忍容性を評価します。最大許容線量(MTD)および/または生物学的に活性な線量を推定する。

治験の実施期間: October 14, 2022 ~ 詳細

赤血球輸血を必要とするESA素朴な被験者におけるIPSS-Rによる貧血治療におけるLuspatercept(ACE-536)対エポエチンアルファの有効性と安全性研究

本研究は、ヒト用医薬品の登録に関する技術要件の国際調和評議会(ICH)および適用可能な規制要件に準拠して実施されます。 これは、RBC輸血を必要とするESAナイーブな被験者におけるIPSS-Rによる貧血の治療について、luspatercept(ACE-536)とエポエチンアルファの有効性と安全性を比較するための介入型アクティブコントロール、オープンラベル、ランダム化フェーズ3研究である。 この研究は、スクリーニング期間、治療期間および治療後フォローアップ期間に分けられる。

治験の実施期間: April 6, 2021 ~ 詳細

慢性骨髄性白血病患者におけるイマチニブと併用したアッシミニブの有効性と安全性に関する研究 (CML-CP)

慢性期における慢性骨髄性白血病(CML-CP)の前治療を受けた患者における腹筋 40mg + イマチニブ + イマチニブ + イマチニブ + イマチニブ + イマチニブの有効性、安全性および薬物動態プロファイルを評価するため、

治験の実施期間: November 23, 2021 ~ 詳細

新たに診断された急性骨髄性白血病患者における誘導化学療法と統合化学療法の併用によるASP2215の研究

この研究の目的は、新たに診断された急性骨髄性白血病(AML)における用量制限毒性(DLT)の発症状態に基づいて、誘導化学療法としてシタラビン/イダルビシンと併用するASP2215の最大許容用量(MTD)および/または推奨拡張用量(RED)を決定することである。 ASP2215の安全性と許容性も評価されます。 この研究では、誘導および統合化学療法を伴うASP2215の薬物動態(PK)パラメータの特徴を示すとともに、ASP2215に付随するシタラビンのPKパラメータを評価する。

治験の実施期間: January 2021 ~ 詳細

未治療CCR4 陽性高齢者ATL に対するモガムリズマブ併用CHOP-14 の第Ⅱ相試験

モガムリズマブ併用CHOP-14 の有効性、安全性を検証 する

治験の実施期間: 2015年10月19日 ~ 詳細

血液疾患による化学療法治療を受ける患者を対象とした、加熱食制限の有無による治療への影響及び患者満足度を比較するランダム化比較試験

化学療法中に加熱食に制限した群と制限しない群において、治療完遂率や感染症発生割合に関し、差がないことを証明し、患者満足度において制限しない群が高いことを証明する

治験の実施期間: 2015年09月14日 ~ 詳細

未治療初発急性リンパ性白血病を対象としたSHP674 の第II相臨床試験

本試験では、1)日本人における未治療初発の急性リンパ性白血病を対象として、忍容性評価期間中におけるSHP674投与を単回投与した際の忍容性及び安全性を評価する、2)日本人における未治療初発の急性リンパ性白血病を対象としてSHP674の安全性、薬物動態及び有効性を評価する。

治験の実施期間: 2019年10月18日 ~ 詳細

非ホジキンリンパ腫(NHL)および慢性リンパ性白血病(CLL)患者におけるJNJ-67856633の研究

本研究の目的は、再燃/難治性B細胞非ホジキンリンパ腫および慢性リンパ性白血病患者における推奨第2相線量レジメンまたはJNJ-67856633の最大許容線量を決定することである。

治験の実施期間: February 16, 2021 ~ 詳細

AMG 176 再発または難治性の多発性骨髄腫および再発または難治性の急性骨髄性白血病の被験者におけるヒト試験で初めて

治験の実施期間: September 9, 2022 ~ 詳細

CMLまたはPh + ALL 患者における口腔 ABL001の一相研究

CMLおよびPh + 全患者において、TKI、およびABL001 + ニロチニブ、ABL001 + ニロチニブ、ABL001 + イマチニブ、ABL001 + イマチニブ、ABL001 + イマチニブおよびABL001 + ダサチニブおよびABL001 + ダサチニブのCML TKIに再燃または不応性の患者。

治験の実施期間: March 14, 2024 ~ 詳細

CD19陽性急性リンパ性白血病に対するpiggyBacトランスポゾン法によるキメラ抗原受容体遺伝子改変自己T細胞の安全性に関する臨床第Ⅰ相試験

非ウイルスベクター遺伝子導入法であるpiggyBacトランスポゾン法を用いて作製したキメラ抗原受容体遺伝子改変T細胞(CAR-T)を難治性のCD19陽性急性リンパ性白血病(ALL)患者に投与し、忍容性及び安全性を確認する。

治験の実施期間: 2018年03月01日 ~ 詳細

経口ベネトクラックス錠剤および注射可能なアザシチジンの安全性と有効性の研究 vs 再発のない生存の改善を評価するための急性骨髄性白血病の成人参加者における維持療法としての最良の支持療法

本研究の主な目的は、従来の化学療法後の最初の寛解における急性骨髄性白血病(AML)を有する成人参加者の維持療法としてBSCと比較して、アザシチジン(AZA)および最良の支持療法(BSC)と組み合わせたベネトクラックスの安全性および有効性を評価することである。 この研究は2つの部分で行われます。 パート1は、AZAと組み合わせたベネトクラックスの推奨フェーズ3用量を決定するための用量確認部分になります。 第2部は、ベネトクラックスがAZAと組み合わせて維持療法としてBSCと比較してRFSを改善するかどうかを評価するためのランダム化部分となる。 パート 2 は、パート 1 の完了後に開始されます。 この研究中、参加者は約2年間、ベネトクラックスとアザシチジンまたは最良の支持療法を受け、1ヶ月あたり1〜5回の研究訪問を受ける。

治験の実施期間: October 7, 2024 ~ 詳細

急性骨髄性白血病(AML)参加者の同種幹細胞移植(SCT)後のアザシチジンとの併用によるベネトクラックスの安全性と有効性の評価

本研究の主な目的は、AML患者における再燃フリー生存率(RFS)を改善するためにアザシチジンと組み合わせたベネトクラックスの有効性を評価することであり、同種幹細胞移植(SCT)後の維持療法として投与された場合のベストサポートケア(BSC)と比較した。 この研究には2つの部分があります:パート1(線量確認)。これには、18歳以上の参加者が含まれます。パート2(ランダム化)には、12歳以上の参加者が含まれます。 第1部では、アザシチジンと組み合わせたベネトクラックスの推奨フェーズ3用量が決定され、第2部では、アザシチジン(パート2アームA)とベネトクラックスの有効性および安全性がBSC(パート2アームB)と比較される。

治験の実施期間: June 29, 2024 ~ 詳細

IPSS-Rまたは慢性骨髄単球性白血病-2(CMML-2)による中間、高リスクまたは超高リスクの骨髄異形成症候群(MDS)の被験者におけるアザシチジンとの併用におけるMBG453の有効性および安全性の研究

これは、IPSS-R、または慢性骨髄単球性白血病-2(CMML-2)に従って、中間、高または非常に高リスクの骨髄異形成症候群(MDS)を有する成人被験者にアザシチジンに添加されたMBG453またはプラセボの第III相マルチセンター、ランダム化、2群並列群、二重盲検プラセボ対照研究である第一選択設定でのアザシチジンによる治療の適応であり、研究者による医学的判断による集中化学療法または造血幹細胞移植(HSCT)には適格ではない。

治験の実施期間: August 26, 2027 ~ 詳細

慢性骨髄性白血病及び骨髄異形成症候群における水痘生ワクチン接種による抗腫瘍免疫誘導の検証試験

チロシンキナーゼ阻害剤(TKI)治療中の慢性骨髄性白血病(CML)患者及びアザシチジン(Aza)治療中の骨髄異形成症候群(MDS)患者において水痘生(VZV)ワクチンが腫瘍抗原特異的細胞障害性Tリンパ球(CTL)を誘導できるか。また、VZVワクチンは安全に接種できるか検証する。

治験の実施期間: 2018年04月25日 ~ 詳細

慢性リンパ性白血病(CLL)および非ホジキンリンパ腫(NHL)患者におけるJBH492単独療法の安全性と予備的有効性

ファーストインヒト研究の目的は、JBH492の安全性、忍容性、薬物動態(PK)、免疫原性および予備的有効性を単一剤として評価することである。

治験の実施期間: April 6, 2023 ~ 詳細

急性骨髄性白血病または高リスク骨髄異形成症候群が新たに診断された日本人参加者におけるクサツズマブプラスアザシチジンの研究

本研究の目的は、集中治療候補ではないナイーブ急性骨髄性白血病(AML)を治療した日本人参加者のアザシチジンと組み合わせたクサツズマブの推奨用量を決定し、安全性プロファイルを評価することである。

治験の実施期間: December 31, 2021 ~ 詳細

ネオアンチゲン・ペプチドを抗原とした樹状細胞療法の安全性評価

安全性

治験の実施期間: 2018年10月01日 ~ 詳細
1 2 »

オンコロトライアルサーチとは

日本で実施しているがんの臨床試験(治験)を一括で調べることの出来る臨床試験(治験)検索システムです。

現在のところ臨床試験(治験)の情報は、UMIN、JAPIC、ClinicalTrial.govの3つのいずれかに登録がされており、それらはすべて公開されています。しかし、掲載されている情報は重複していたり、1サイトのみ掲載であるなど、統一されていないため、それぞれのサイトで検索をかけなければなりません。さらに、サイトによっては検索システムが使いにくいものや、英語での表記であることなどの問題があります。そのために自身が探そうとしている情報にたどり着くのが難しい現状があります。

オンコロトライアルサーチではこれらの問題点を解決し、患者さんやご家族が必要とする治験の情報にたどり着けるようするサービスを目指していきます。

※現在JAPICの治験情報について掲載調整中です。

臨床試験(治験)の情報があるだけでは十分ではありません

参加をしたいと思える臨床試験(治験)が見つかっても、実際に参加するためには、まだいくつかのステップが存在します。
具体的には、①情報を探す、②参加条件を確認する、③参加方法を知る、ことが必要となります。

オンコロ治験問合せ窓口へご連絡ください

オンコロでは参加を検討するに当たり、情報を必要としている方にむけて、臨床試験(治験)について相談いただける「治験問合せ窓口」を設けています。患者さんが臨床試験(治験)に参加できる可能性があるかどうかや、問合せ内容によってはより詳しい情報提供が出来る場合もございます。

治験お問合せ窓口について
電話番号:0120-974-268 (平日:10:00~18:30)
メールアドレス:info_oncolo@clinical-t.com

免責事項

オンコロトライアルサーチで検索する臨床試験(治験)情報は一般公開されているUMIN、ClinicalTrial.govに掲載されている情報となります。したがって、元サイトの更新状況によっては募集中と記載されていても終了となっている場合がある等、実際の状況と異なる可能性がございます。