10件の検索結果

異なる種類のがん(固形腫瘍)患者におけるこの研究は、ホルモン療法を併用するまたは併用しないアベマシクリブと組み合わせた安全な用量を見つけることを狙っている。 この研究では、肺がんおよび乳がん患者においてこれらの薬がどれくらい効果的かも検査されている。

コホート(A、B、CおよびD)を見つける各用量について: コホートを発見する各用量の主な目的は、最大許容用量(MTD)/推奨相xentuzumabの用量(RP2D)を決定することであり、ホルモン療法(レトロゾール、アナストロゾール、充実)の有無にかかわらず、アベマシクリブと組み合わせた。 線量制限毒性(DLT)は、最初の治療サイクル中に評価され、MTD/RP2Dを評価する。 MTDに達しない場合、RP2D用量は、安全データおよびその他の利用可能な情報を考慮して決定されます。 これは運営委員会と合意します。 各拡張コホート(E、F、D1、D2)について: 拡張コホートの目的は、非小細胞肺がん(コホートE)患者におけるベマシリブと組み合わせたキントゥズマブの抗腫瘍活性を評価することである。 前アロマターゼに続いて進行した局所進行/転移ホルモン受容体陽性(HR+)乳がん患者の片腕拡張群におけるトリプレットの組み合わせキサントゥズマブ/アベマシクリブおよび胸腺の抗腫瘍活性を評価するために、コホートFを一時的に開放することができる阻害剤療法およびCDK4/6以前の阻害剤治療が含まれる。 コホートFは、進行中の臨床試験からの新たなデータによって示された場合にのみ開放される。 コホートD1およびD2の主な目的は、以前の内分泌療法で進行した局所進行/転移性HR+乳がん患者におけるトリプレット組み合わせキントゥズマブ、アベマシクリブおよび胸腺の抗腫瘍活性を評価することである。 コホートD1は、内臓転移を有する被験者の抗腫瘍活性を評価し、非内臓転移を有する被験者のコホートD2を評価する。

治験の実施期間: August 26, 2022 ~ 詳細

NTRK 1/2/3(Trk A/B/C)、ROS1、またはALK 遺伝子再配置(融合)を有する固形腫瘍患者の治療のためのエンストレクチニブ(RXDX-101)のバスケット研究

これは、NTRK1/2/3、ROS1、またはALK 遺伝子融合を有する固形腫瘍患者の治療のためのエントレクチニブ(RXDX-101)に関するオープンラベル、マルチセンター、グローバルなフェーズ2バスケット研究である。 患者は、腫瘍の種類と遺伝子融合に応じて異なるバスケットに割り当てられます。

治験の実施期間: December 1, 2022 ~ 詳細

固形腫瘍および非ホジキンリンパ腫患者におけるPDR001との併用によるNIR178の相2研究

この第2相研究の目的は、複数の固形腫瘍およびびまん性大細胞リンパ腫(DLBCL)におけるPDR001と組み合わせたNIR178の有効性および安全性を評価し、A2aRの阻害による免疫活性化を最適化するためのNIR178のスケジュール変動をさらに検討することである。

治験の実施期間: December 1, 2021 ~ 詳細

進行悪性腫瘍患者におけるPDR001と組み合わせたNIS793の相I/Ib研究。

NIS793の安全性と忍容性を単一の薬剤としてPDR001と組み合わせて特徴付け、将来の研究に推奨される用量を特定する。

治験の実施期間: July 6, 2021 ~ 詳細

BRCA1/2変異陽性邦人女性に対する予防的卵巣卵管切除の有用性の検証

日本人女性におけるリスク低減卵管卵巣切除の有効性について検証する

治験の実施期間: 2016年01月21日 ~ 詳細

[進行固形腫瘍患者におけるDKY709単独またはPDR001との併用による安全性と有効性の研究]

これはフェーズI/Ib、オープンラベルスタディです。 エスカレーション部は、以前に抗PD-1/PD-L1療法を受けたNSCLCまたは黒色腫を有する被験者、またはNPCを有する被験者におけるPDR001と組み合わせたDKY709およびDKY709の安全性および忍容性を特徴付ける。 特定の治療群に対するMTD/RDの決定後、用量拡張は、MTD/RDにおける各レジメンの安全性、忍容性、PK/PD、および抗腫瘍活性をさらに評価する。

治験の実施期間: April 14, 2023 ~ 詳細

進行悪性腫瘍患者におけるNZV930とPDR001および/またはNIR178との併用によるNZV930の相I/Ib研究。

この研究の目的は、進行がん患者における実験的投薬 NZV930 単独およびPDR001および/またはNIR178と併用した場合の安全性、忍容性および予備的抗腫瘍活性を評価することである

治験の実施期間: January 24, 2022 ~ 詳細

BRCA1/2遺伝子変異陽性症例に対するリスク低癌卵巣卵管切除術

BRCA1/2遺伝子変異陽性症例に対するリスク低減卵巣卵管切除術の安全性を評価する

治験の実施期間: 2015年08月01日 ~ 詳細

早期乳癌に対し腫瘍非切除で炭素イオン線治療を行い標準的補助療法を併用する治療法の第Ⅰ/Ⅱ相臨床試験

早期乳癌の原発腫瘍に対して腫瘍切除を行わず炭素イオン線の局所照射を行い、標準的補助療法を併用し、治療の安全性と有効性を確認する。

治験の実施期間: 2017年10月10日 ~ 詳細

BRCA1/2遺伝子変異陽性症例に対するリスク低減卵巣卵管切除術

BRCA1/2遺伝子変異陽性症例に対するリスク低減卵巣卵管切除術の安全性を評価する

治験の実施期間: 2017年05月01日 ~ 詳細

オンコロトライアルサーチとは

日本で実施しているがんの臨床試験(治験)を一括で調べることの出来る臨床試験(治験)検索システムです。

現在のところ臨床試験(治験)の情報は、UMIN、JAPIC、ClinicalTrial.govの3つのいずれかに登録がされており、それらはすべて公開されています。しかし、掲載されている情報は重複していたり、1サイトのみ掲載であるなど、統一されていないため、それぞれのサイトで検索をかけなければなりません。さらに、サイトによっては検索システムが使いにくいものや、英語での表記であることなどの問題があります。そのために自身が探そうとしている情報にたどり着くのが難しい現状があります。

オンコロトライアルサーチではこれらの問題点を解決し、患者さんやご家族が必要とする治験の情報にたどり着けるようするサービスを目指していきます。

※現在JAPICの治験情報について掲載調整中です。

臨床試験(治験)の情報があるだけでは十分ではありません

参加をしたいと思える臨床試験(治験)が見つかっても、実際に参加するためには、まだいくつかのステップが存在します。
具体的には、①情報を探す、②参加条件を確認する、③参加方法を知る、ことが必要となります。

オンコロ治験問合せ窓口へご連絡ください

オンコロでは参加を検討するに当たり、情報を必要としている方にむけて、臨床試験(治験)について相談いただける「治験問合せ窓口」を設けています。患者さんが臨床試験(治験)に参加できる可能性があるかどうかや、問合せ内容によってはより詳しい情報提供が出来る場合もございます。

治験お問合せ窓口について
電話番号:0120-974-268 (平日:10:00~18:30)
メールアドレス:info_oncolo@clinical-t.com

免責事項

オンコロトライアルサーチで検索する臨床試験(治験)情報は一般公開されているUMIN、ClinicalTrial.govに掲載されている情報となります。したがって、元サイトの更新状況によっては募集中と記載されていても終了となっている場合がある等、実際の状況と異なる可能性がございます。