211件の検索結果

転移性前立腺がんの新規診断を受けた男性における細胞減少性根治的前立腺全摘除術の治療効果

このランダム化第II相試験では、新たに診断された前立腺がんの男性の治療において、ドセタキセルによる前立腺および抗アンドロゲン療法の外科的切除が体内の他の部位に拡がっているかを研究しています。 アンドロゲンは、前立腺がん細胞の増殖を引き起こす可能性があります。 抗アンドロゲン療法は、体内で作られるアンドロゲンの量を減らす可能性があります。 ドセタキセルなどの化学療法で使用される薬物は、細胞を殺害、分裂の停止、または拡散の阻止のいずれかによって、腫瘍細胞の増殖を止めるために、さまざまな方法で働きます。 手術、抗アンドロゲン療法、ドセタキセルは、前立腺がんの参加者の治療においてより効果的である可能性がある。

治験の実施期間: November 30, 2023 ~ 詳細

III~IV期または再発子宮内膜がんにおける通常の化学療法治療(パクリタキセルとカルボプラチン)への免疫療法薬ペンブロリズマブの添加試験

この第III相試験では、III期またはIV期の子宮内膜がん、または再発した(再発した)子宮内膜がん患者の治療において、ペンブロリズマブ、パクリタキセル、カルボプラチンの併用がパクリタキセルおよびカルボプラチン単独と比較してどの程度有効であるかを研究している。ペンブロリズマブなどのモノクローナル抗体による免疫療法は、体の免疫系ががんを攻撃するのを助け、腫瘍細胞の増殖と拡がりの能力を阻害することがあります。パクリタキセルとカルボプラチンは、この種のがんに対する通常の治療法の一部として使用される化学療法薬です。この研究の目的は、これらの薬剤に免疫療法を追加することが、このがんの治療に対する通常のアプローチよりも良いか悪いかを評価することです。

治験の実施期間: June 30, 2023 ~ 詳細

多発性骨髄腫の被験者におけるCC-220単剤療法の用量、安全性、耐容性、有効性を決定する研究

これは、マルチセンター、マルチカントリー、オープンラベル、フェーズ1b/2a用量エスカレーション研究です:CC-220モノTのための線量エスカレーション(パート1)、DEXとDARAとの組み合わせでCC-220、DEXとCFZとの組み合わせでDEXおよびBTZおよびCC-220と組み合わせたDEXおよびCFZと組み合わせたCC-220。新たに診断された多発性骨髄腫のDEXおよびBTZと組み合わせた再発耐火性多発性骨髄腫およびCC-220との組み合わせでCC-220モノT、CC-220のためのRP2D(パート2)の拡大。

治験の実施期間: May 1, 2026 ~ 詳細

高度悪性腫瘍患者におけるMAK683の安全性と有効性

このフェーズI/II研究の目的は、びまん性大細胞リンパ腫(DLBCL)などの進行悪性腫瘍患者におけるMAK683の安全性、抗腫瘍活性、薬物動態(PK)プロファイルを評価することです。上咽頭がん(NPC)または他の進行性固形腫瘍。これ以上の有効な標準治療は利用できない。

治験の実施期間: September 27, 2023 ~ 詳細

NTRK 1/2/3(Trk A/B/C)、ROS1、またはALK 遺伝子再配置(融合)を有する固形腫瘍患者の治療のためのエンストレクチニブ(RXDX-101)のバスケット研究

これは、NTRK1/2/3、ROS1、またはALK 遺伝子融合を有する固形腫瘍患者の治療のためのエントレクチニブ(RXDX-101)に関するオープンラベル、マルチセンター、グローバルなフェーズ2バスケット研究である。 患者は、腫瘍の種類と遺伝子融合に応じて異なるバスケットに割り当てられます。

治験の実施期間: December 31, 2024 ~ 詳細

以前に治療された相同性再結合修復突然変異(HRRm)または相同性再結合欠損(HRD)陽性先進がん(MK-7339-002 / LYNK-002)を有する患者におけるオラパリブ(MK-7339)の有効性と安全性

この研究では、複数の種類の進行がん(切除不能および/または転移性)を有する参加者におけるolaparib(MK-7339)単独療法の有効性および安全性を評価する。1)標準のケア療法に対して進行または耐性が認められ、2)相同性再併用修復突然変異(HRRm )または相同性再併用欠乏症(HRD)。

治験の実施期間: December 1, 2025 ~ 詳細

クローディン18.2(CLDN18.2)陽性、転移性膵腺がんの被験者における第一線治療としてNab-パクリタキセルおよびゲムシタビン(Nab-P + GEM)と組み合わせたIMAB362の抗腫瘍活性および安全性を評価するための研究

本研究の目的は、Nab-P + GEMと組み合わせてゾルベツキシマブの推奨相2用量(RP2D)を確認し、全生存率を決定し、併用治療の安全性および忍容性を評価することである。 この研究はまた、ゾルベツキシマブ、Nab-PおよびGEMの他の抗腫瘍作用、腫瘍マーカーおよび薬物動態(PK)を評価する。

治験の実施期間: September 30, 2024 ~ 詳細

以前に治療されたc-Met+非小細胞肺がん被験者におけるテレソツマブベドチン(ABBV-399)の研究

この研究は、標的となる非小細胞肺がん(NSCLC)母集団を同定するように設計されており、c-Met(c-Met+)が2行目または3行目の設定(ステージ1)でテレソツマブベドチン療法に最も適しており、次にグループを拡張して、選択された個体群の有効性をさらに評価する()(ステージ 2)。

治験の実施期間: September 24, 2025 ~ 詳細

高リスク非筋肉浸潤性膀胱がん(HR NMIBC)におけるペムブロリズマブ(MK-3475)のカルメットゲリン(BCG)との併用による有効性と安全性 (MK-3475-676/KEYNOTE-676)

本研究は、BCG単独療法と比較して、BCGと組み合わせたペムブロリズマブの抗腫瘍効果および安全性を評価することを目的としており、適切なBCG誘導後に持続的または再発する人事NMIBCに参加している。 主な仮説は、ペムブロリズマブとBCGの組み合わせは、in situ(CIS)がんの参加者のBCGと比較して、中枢病理学的レビューによって評価された完全応答率(CRR)が優れているというものである。

治験の実施期間: December 31, 2025 ~ 詳細

特定のKRAS突然変異を認める固形腫瘍の被験者におけるAMG 510の安全性、耐容性、PK、有効性を評価する研究(コードブレーク100)

KRAS p.G12C変異体進行固形腫瘍を有する成人被験者におけるAMG 510の安全性および忍容性を評価する。 KRAS p.G12C変異体進行固形腫瘍を有する成人被験者における最大許容線量(MTD)および/または推奨相2用量(RP2D)を推定する。

治験の実施期間: December 8, 2025 ~ 詳細

小児におけるNTRK 融合腫瘍の治療に対するラロトレクチニブの安全性と有効性の検査に関する研究

この研究は、小児におけるラロトレクチニブと呼ばれるがん薬の安全性を検査するために行われている。 がんは特定の遺伝子(NTRK1、NTRK2またはNTRK3)に変化していなければなりません。 ラロトレクチニブは、がん細胞におけるこれらのNTRK 遺伝子の作用を阻止するため、がんの治療に使用することができます。 最初の研究部分(フェーズ1)は、ラロトレクチニブの用量レベルが子供にとって安全であるか、薬物がどのように吸収され、身体によって変化するか、がんが薬物にどれだけ反応するかを決定するために行われる。 第 2の研究部(第 2 相)の主な目的は、ラロトレクチニンブによる治療に対して異なる種類のがんがどれだけ良好で、どのくらいの期間で反応するかを調べることである。

治験の実施期間: July 1, 2026 ~ 詳細

慢性骨髄性白血病患者におけるイマチニブと併用したアッシミニブの有効性と安全性に関する研究 (CML-CP)

慢性期における慢性骨髄性白血病(CML-CP)の前治療を受けた患者における腹筋 40mg + イマチニブ + イマチニブ + イマチニブ + イマチニブ + イマチニブの有効性、安全性および薬物動態プロファイルを評価するため、

治験の実施期間: November 8, 2021 ~ 詳細

パン腫瘍ニボルマブロールオーバー研究

本研究の主な目的は、治療およびフォローアップの参加者におけるニボルマブの長期的安全性を検討することである。

治験の実施期間: August 25, 2025 ~ 詳細

胚細胞腫瘍を有する小児および成人患者の治療における活動的サーベイランス、ブレオマイシン、カルボプラチン、エトポシド、またはシスプラチン

この第III相試験では、胚細胞腫瘍の小児および成人患者の治療において、アクティブサーベイランス、ブルオマイシン、カルボプラチン、エポシド、またはシスプラチンがどれだけうまく機能するかを研究しています。 能動的なサーベイランスにより、腫瘍切除後に低リスクの生殖細胞腫瘍の被験者をモニタリングできる場合があります。 化学療法に用いられる薬物は、ブルオマイシン、カルボプラチン、エポシド、シスプラチンなど、腫瘍細胞の増殖を止めるために、細胞を殺害、分裂の阻止、または増殖の阻止などによって、さまざまな方法で作用します。

治験の実施期間: June 30, 2027 ~ 詳細

限られた病期小細胞肺がん患者の治療におけるアテゾリズマブの併用または併用による化学放射線療法

この第III相試験では、アテゾリズマブの併用または併用しない化学療法および放射線療法(化学放射線療法)が限限期小細胞肺がんの患者の治療にどの程度うまく機能するかを研究しています。エトポシド、シスプラチン、カルボプラチンなどの化学療法に使用される薬物は、細胞を殺すか、分裂を止めたり、拡散するのを止めることによって、腫瘍細胞の増殖を止めるためにさまざまな方法で働きます。放射線療法では、高エネルギーX線を使用して腫瘍細胞を殺傷し、腫瘍を縮小します。アテゾリズマブなどのモノクローナル抗体による免疫療法は、身体の免疫系ががんを攻撃するのに役立ち、腫瘍細胞の増殖および拡がり能力を妨げる可能性があります。アテゾリズマブの有無にかかわらず化学放射線療法を行うと、限られた病期小細胞肺がんの患者の治療に効果がある可能性があります。

治験の実施期間: December 28, 2026 ~ 詳細

再発または難治性小細胞肺がんの参加者におけるABBV-011単独およびブジガリマブ(ABBV-181)との併用による研究

これは、再燃または難治性小細胞肺がん(SCLC)の参加者において、単一の薬剤として、およびブジガリマブ(ABBV-181)と組み合わせて、ABBV-011の多施設オープンラベルフェーズ1研究である。この研究は3つの部分からなる。パートAは単剤ABBV-011用量探索レジメンコホートであり、その後にパートB、単剤ABBV-011用量拡張コホートが続く。次にパートC、ABBV-011およびブジガリマブ(ABBV-181)のエスカレーションおよび拡張コホートを組み合わせた。

治験の実施期間: July 29, 2024 ~ 詳細

前立腺がん患者におけるAbemaciclib(LY2835219)の有無にかかわらず、アビラテロン酢酸+プレドニゾンの研究

この研究は、転移性去勢抵抗性前立腺がん患者において、アセテート・アビラテロン+プレドニゾンと共に投与された場合のAbemaciclibがどれほど安全かつ効果的であるかを確認するために行われている。プレドニゾロンは、地域の規制ごとにプレドニゾンの代わりに使用することができる。

治験の実施期間: December 13, 2023 ~ 詳細

化学療法によるダルバルマブ、化学療法によるトレメリムマブとの組み合わせによるダルバルマブの研究、または切除不能な尿路上皮がん患者における化学療法

これは、デュルバルマブ ± トレメリムマブとケアの標準(SoC)化学療法(シスプラチン + ゲムシタビンまたはカルボプラチン + ゲムシタビンダブレット)を併用した場合の有効性と安全性を判定するためのランダム化されたオープンラベル対照多中心的なグローバルフェーズIII 研究であり、その後にデュルバルマブ単独療法とSoC 単独療法を併用した (腎骨盤、尿管、膀胱、尿道を含む)尿路上皮の組織学的または細胞学的に文書化され、切除不能、局所進行または転移性移行上皮がん患者における第一選択化学療法として実施される。

治験の実施期間: June 30, 2023 ~ 詳細

切除不能または転移性長管がんにおけるペミガチニブ vs 化学療法の有効性と安全性の評価に関する研究-(FIGHT-302)

この研究の目的は、FGFR2 再編成を伴う切除不能または転移性の胆管癌を有する参加者の第一回治療において、ペミガチニブ対ゲムシタビンプラスシスプラチン化学療法の有効性および安全性を評価することである。

治験の実施期間: March 20, 2027 ~ 詳細

ジェネンテックおよび/またはF・ホフマン・ラ・ロシュ(株)主催のアテゾリズマブ研究に以前に登録した患者の研究

これは、オープンラベル、マルチセンター、エクステンションスタディです。 Genentechまたはロッシュ主催の研究(親研究)への参加中に、他の薬剤または比較剤と組み合わせて、テゾリズマブ単独療法またはテゾリズマブによる臨床的利益を受けている患者。治療を継続する資格があり、その研究へのアクセス権を持たない患者治療を局所的に行う場合、親スタディからロールオーバーした後も、このエクステンションスタディで引き続き研究治療を受ける可能性があります。

治験の実施期間: July 5, 2028 ~ 詳細
1 2 3 4 ... 11 »

オンコロトライアルサーチとは

日本で実施しているがんの臨床試験(治験)を一括で調べることの出来る臨床試験(治験)検索システムです。

現在のところ臨床試験(治験)の情報は、UMIN、JAPIC、ClinicalTrial.govの3つのいずれかに登録がされており、それらはすべて公開されています。しかし、掲載されている情報は重複していたり、1サイトのみ掲載であるなど、統一されていないため、それぞれのサイトで検索をかけなければなりません。さらに、サイトによっては検索システムが使いにくいものや、英語での表記であることなどの問題があります。そのために自身が探そうとしている情報にたどり着くのが難しい現状があります。

オンコロトライアルサーチではこれらの問題点を解決し、患者さんやご家族が必要とする治験の情報にたどり着けるようするサービスを目指していきます。

※現在JAPICの治験情報について掲載調整中です。

臨床試験(治験)の情報があるだけでは十分ではありません

参加をしたいと思える臨床試験(治験)が見つかっても、実際に参加するためには、まだいくつかのステップが存在します。
具体的には、①情報を探す、②参加条件を確認する、③参加方法を知る、ことが必要となります。

オンコロ治験問合せ窓口へご連絡ください

オンコロでは参加を検討するに当たり、情報を必要としている方にむけて、臨床試験(治験)について相談いただける「治験問合せ窓口」を設けています。患者さんが臨床試験(治験)に参加できる可能性があるかどうかや、問合せ内容によってはより詳しい情報提供が出来る場合もございます。

治験お問合せ窓口について
電話番号:0120-974-268 (平日:10:00~18:30)
メールアドレス:info_oncolo@clinical-t.com

免責事項

オンコロトライアルサーチで検索する臨床試験(治験)情報は一般公開されているUMIN、ClinicalTrial.govに掲載されている情報となります。したがって、元サイトの更新状況によっては募集中と記載されていても終了となっている場合がある等、実際の状況と異なる可能性がございます。