702件の検索結果

以前に治療された相同組換え修復突然変異(HRM)または相同組換え不全(HRD)陽性進行がん(MK-7339-002/LYNK-002)を有する参加者におけるオラパリブ(MK-7339)の有効性と安全性

本研究では、複数のタイプの進行がん(切除不能および/または転移性)を有する参加者におけるオラパリブ(MK-7339)単剤療法の有効性および安全性を評価する:1)が標準治療に進行しているか、および2)相同再組合せ修復突然変異(HRm)または相同組換え欠乏症(HRD)。

治験の実施期間: April 30, 2023 ~ 詳細

白金ダブレット化学療法および免疫療法後の転移性非小細胞肺がん(NSCLC)および進行性疾患(PD)の参加者におけるレンバチニブ(E7080/MK-7902)対ドセタキセル(MK-3475)の有効性と安全性(MK-7902-008/E7080-GG-316/リープ-008)

本研究では、白金ダブレット化学療法および1件の抗PD-1/PD-L1モノクローナルによる治療後の転移性非小細胞肺がん(NSCLC)および進行性疾患(PD)を有する参加者のペムブロリズマブ(MK-3475)とドセタキセルの有効性および安全性を評価する。抗体(mAb)。 この研究の主な仮説は、盲目の独立した中央レビュー(BICR)に基づく固形腫瘍バージョン1.1(RECIST 1.1)における応答評価基準ごとのペムブロリズマブ+レンバチニブ(ドセタキセルと比較して)が延長されることである。

治験の実施期間: August 21, 2023 ~ 詳細

非小細胞肺がん(NSCLC)患者に対する治療としての複数標的療法の有効性と安全性の評価に関する研究

これは、標的療法または免疫療法の安全性および有効性を単一の薬剤として、または切除不能な、進行性または転移性のNSCLCを有する参加者に評価するために設計された、グローバルな、多施設、オープンラベル、マルチコホート研究である、または2つの血液ベースの次世代シーケンシング(NGS)循環腫瘍DNA(ctDNA)アッセイによって同定された腫瘍変異負担(TMB)アッセイによって陽性。

治験の実施期間: September 18, 2020 ~ 詳細

化学療法と化学療法を併用したニボルマブとイピリムマブの一行NSCLCにおける化学療法単独の研究

本研究の目的は、IV期のNSCLCを疾患に対する最初の治療として治療する場合、化学療法と組み合わせたニボルマブ、イピリムマブが化学療法よりも効果的であるかどうかを判断することである。

治験の実施期間: February 25, 2020 ~ 詳細

最近FLT3遺伝子突然変異を伴う急性骨髄性白血病と診断され、標準化学療法を受けない成人患者を治療するためにアザシチジンまたはアザシチジンと組み合わせたASP2215(ギルテリジニブ)自身によるASP2215(ギルテリジニブ)の研究

これは、最近急性骨髄性白血病またはAMLと診断された成人患者に対する臨床研究である。 AMLはがんの一種です。 骨髄が正常でない白血球を作るときです。 これらを白血病細胞といいます。 AML患者の中には、FLT3遺伝子に突然変異または変化がある患者もいます。 この遺伝子は、白血病細胞がFLT3と呼ばれるタンパク質を作るのに役立ちます。 このタンパク質は、白血病細胞をより速く増殖させる。 標準化学療法を受けられないAML患者では、アザシチジン(Vidaza® とも呼ばれる)は米国における現在の標準治療法の選択肢である。 この臨床研究では、ギルテリチニブとも呼ばれるASP2215と呼ばれる実験医学を検査しています。 ギルテリチニブは、白血病細胞がFLT3タンパク質を作るのを阻止することによって作用する。 これにより、白血病細胞の増殖が速くなるのを防ぐことができます。 この研究では、2つの異なる治療法を比較する。 患者は、偶然にこれらの2つのグループの1つに割り当てられます:アザシチジンと呼ばれる薬、またVidazaとして知られている® またはアザシチジンと組み合わせた実験薬ジルテリチニブ。 両方の医薬品をアザシチジン単独よりも組み合わせて受け取る機会は2倍あります。 この臨床研究は、どの治療法が患者の長期的な生活に役立つかを示すのに役立ちます。

治験の実施期間: April 2021 ~ 詳細

未治療の進行濾胞リンパ腫患者におけるオビヌツズマブ短期間注入の開放ラベル片腕研究

このオープンラベルシングルアーム研究では、以前に未治療の進行性濾胞リンパ腫(FL)を有する参加者の化学療法と組み合わせて、サイクル2中およびサイクル2以降から短期間輸液(SDI;目標90分注入)として投与されたオビヌツズマブの安全性を評価する。 この研究には2つの段階があります。第1段階では、参加者は、サイクル1の1日目、8日、15日に定期的な注入速度で投与されたオビヌツズマブ(1000mg)の最初の3回の注入で、いつものようにオビヌツズマブに基づく化学療法(G化学)誘導療法の最初のサイクルを受け取る。 フェーズ2は、第1サイクル中にグレード≥3注入関連反応を経験しない参加者がサイクル2のより速い注入速度で与えられた最初のオブツマブ注入を受けたときに開始される。 サイクル2、1日目、および他のすべての注入(メンテナンスを含む)については、オビヌツマブは、参加者がグレード≥3注入関連反応を経験しない限り、90分のSDIの速い注入で投与される。 研究者は、各参加者の化学療法(ベンダムスチン、CHOP [シクロホスファミド、ドキソルビシン、ビンクリスチン、プレドニゾン/プレドニゾロン/メチルプレドニゾロン]、またはCVP [シクロホスファミド、ビンクリスチン、プレドニゾン/プレドニゾロン/メチルプレドニゾロン/メチルプレドニゾロン/メチルプレドニゾロン/ アイソロン]). G化学誘導療法の総サイクル数およびサイクルの長さは、各参加者に選択された化学療法によって異なる。

治験の実施期間: May 1, 2020 ~ 詳細

進行中または転移している固形がん参加者におけるBMS-986258単独およびニボルマブとの併用に関する調査免疫療法研究

本研究の目的は、BMS-986258単独で、およびニボルマブと組み合わせて、進行悪性腫瘍の治療において安全かつ許容可能かどうかを決定することである

治験の実施期間: July 4, 2023 ~ 詳細

進行大腸がん患者におけるアルフォリチキソリンとロイコボリンの効能を5種類のフルオロウラシル、オキサリプラチン、ベバシズマブと組み合わせた比較研究

これは、進行大腸がん患者440人以上を対象とした多施設、ランダム化パラレル群第III相研究であり、修正されたFOLFOX-6に従って5-フルオロウラシル、オキサリプラチン、ベバシズマブと併用したアルフォリティキソリンによる治療の有効性を比較する。1.1基準をリストします。

治験の実施期間: October 31, 2021 ~ 詳細

再発白金耐性または不応性卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がんの治療におけるセディラニブマレ酸およびオラパリブまたは標準化学療法

このランダム化III/III相試験は、マレイン酸セジラニブおよびオラパリブが併用または別々に投与された場合にどれだけうまく機能するかを研究し、それらを、化学療法を受けた後に再発した(再発した)卵巣がん、卵管がん、原発性腹膜がんの患者の治療において、標準的な化学療法と比較します。白金(白金耐性)を含む薬物、または白金ベースの化学療法薬(白金耐火性)による治療中に増殖を続けた薬物。 マレイン酸セディラニブおよびオラパリブは、細胞増殖に必要な酵素を遮断することにより、腫瘍細胞の増殖を止めることがある。 化学療法で使用される薬物は、細胞を殺害、分裂の阻止、または増殖の阻止のいずれかによって、腫瘍細胞の増殖を止めるために、さまざまな方法で作用します。 マレイン酸セジラニブとオラパリブを併用すると、薬物単独または標準的な化学療法と比較して、がん細胞に多くの損傷を与えるかどうかはまだ分かっていません。

治験の実施期間: June 30, 2023 ~ 詳細

ゲボキズマブ、転移性大腸がん、胃食道がん、腎がんに対する標準治療抗がん療法

本研究では、転移性大腸がん、転移性胃食道がんおよび転移性腎細胞患者におけるケアの抗がん治療の標準と組み合わせたゲボキズマブの薬力学的活性用量およびゲボキズマブの許容用量および予備有効性を決定する。がん。

治験の実施期間: December 19, 2022 ~ 詳細

進行前立腺がん男性におけるレウゴリクスの安全性と有効性評価に関する研究

本研究の目的は、アンドロゲン感受性進行前立腺がん参加者における血清テストステロン抑制を去勢レベル(≤50 ng/dL [1.7nmol/L] に維持する上で、48週間経口レウゴリックス120mgの利益および安全性を決定することである。

治験の実施期間: October 25, 2019 ~ 詳細

切除可能なII期、IIIA期、および切除可能なIIIB(T3-4N2)非小細胞肺がんの参加者のネオアジュバント/アジュバント療法としての白金ダブレット化学療法によるペンブロリズマブ(MK-3475)の有効性と安全性(MK-3475-671/KEYNOTE-671)

この試験は、切除可能なII期、IIIA期、および切除可能なIIIB(T3)を有する参加者において、手術前の白金ダブレットネオアジュバント化学療法(NAC)と組み合わせたペムブロリズマブ(MK-3475)の安全性および有効性を評価する。-4N2)非小細胞肺がん(NSCLC)。 この研究の主な仮説は、ネオアジュバントペムブロリズマブ(vs プラセボ)とNACとの併用、手術およびアジュバントペムブロリズマブ(vs プラセボ)が改善するというものである:1)盲目の中枢病理学者によって評価された生検または応答評価基準を使用したイメージングによる事象フリー生検(EFS)による生検(固形腫瘍バージョン1.1(RECIST 1.1)では、盲目の独立した中央レビュー(BICR)によって評価された;および2)全生存(OS)。

治験の実施期間: January 20, 2024 ~ 詳細

切除可能なIIBまたはIIIA 非小細胞肺がんの参加者に対するネオアジュバント/アジュバント療法としての白金ダブレット化学療法によるペムブロリズマブ(MK-3475)の有効性と安全性(MK-3475-671/KEYNOTE-671)

この試験では、手術前の白金ダブレットネオアジュバント化学療法(NAC)と組み合わせてペムブロリズマブ(MK-3475)の安全性および有効性を評価し、切除可能なIIB 期またはIIIA 非小細胞肺の参加者で手術後 [補助相] ペムブロリズマブ単体で評価する。 がん(NSCLC)。 本研究の主な仮説は、NACとの組み合わせによるネオアジュバントペムブロリズマブ(vs プラセボ)、その後の手術およびアジュバントペムブロリズマブ(vs プラセボ)が改善することである:1)盲目の中心病理学者によって評価された生検または応答評価基準を用いた画像による生検によるイベントフリー生存(EFS) は、盲目の独立した中央レビュー(BICR)によって評価された固形腫瘍バージョン1.1(RECIST 1.1);および2)全生存(OS)。

治験の実施期間: January 20, 2024 ~ 詳細

ヒト上皮成長因子受容体 2 陽性(HER2 +)進行胃食道接合部(GEJ)腺がん(MK-3475-811/KEYNOTE-811)におけるペンブロリズマブプラストラスチズマブプラス化学療法

この研究では、HER2 陽性胃がんの参加者におけるSOC 化学療法とトラストツズマブの併用によるペムブロリズマブ + トラストツズマブの有効性と安全性を比較する。 研究の主な仮説は、化学療法と組み合わせたペムブロリズマブ + トラストツズマブは、1)盲目の独立した中枢部で評価された固形腫瘍 1.1(RECIST 1.1)における進行無生存(PFS)の評価基準において、トラストツツマブプラス化学療法よりも優れているという点で、 レビュー(BICR)、および2)全生存(OS)。

治験の実施期間: June 1, 2023 ~ 詳細

化学療法ナイーブ転移性前立腺がん(mCRPC)におけるペムブロリズマブ(MK-3475)プラスドセタキセル対プラシーボプラスドセタキセルの研究 (MK-3475-921/KEYNOTE-921)

本研究の目的は、転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)の男性の治療において、ペムブロリズマブ(MK-3475)とドセタキセルの組み合わせの有効性および安全性を評価することである。ただし、mCRPCに対する化学療法を受けていないが、次世代に進行している、または耐性ではない。ホルモン剤(NHA)。 主な研究の仮説は2つあります。 仮説1:ペムブロリズマブ+ドセタキセル+プレドニゾンの組み合わせは、全生存(OS)に関してプラセボ+ドセタキセル+プレドニゾンよりも優れている。 仮説2:ペムブロリズマブ+ドセタキセル+プレドニゾンの組み合わせは、固形腫瘍バージョン1.1(RECIST 1.1)における前立腺がんワーキンググループ(PCWG)改変応答評価基準ごとの放射線画像進行フリー生存(rPFS)に関して、プラセボ+ドセタキセル+プレドニゾンよりも優れている盲目の独立した中央レビューによって評価される。

治験の実施期間: September 12, 2021 ~ 詳細

ペンブロリズマブ(MK-3475)プラスゲムシタビン/シスプラチン対プラシーボプラスジェムシタビン/シスプラチン(BTC)(MK-3475-966/KEYNOTE-966)

本研究は、進行性および/または切除不能な胆道がん患者における第一選択療法としてのペムブロリズマブ+ゲムシタビン/シスプラチン対プラセボ+ゲムシタビン/シスプラチンの研究である。 この研究には2つの主仮説があります:1。 ペンブロリズマブ+ゲムシタビン/シスプラチンは、盲目の独立した中央レビュー(BICR)および2により、無進行生存(PFS)に関して、プラセボ+ゲムシタビン/シスプラチンよりも優れている。 ペムブロリズマブ+ゲムシタビン/シスプラチンは、全生存(OS)に関してプラセボ+ゲムシタビン/シスプラチンよりも優れている。

治験の実施期間: August 31, 2023 ~ 詳細

チロシンキナーゼ阻害剤(TKI)耐性上皮増殖因子受容体-(EGFR)-変異転移性非扁平上皮性非小細胞肺がん(NSCLC)の成人におけるペメトレキセド+白金化学療法の研究 (MK-3475-789/KEN) テネリウム (電子)

本研究の目的は、以下のタイプのチロシンキナーゼ阻害剤(TKI)耐性、表皮成長因子受容体を有する成人の治療におけるペメトレキセド+白金化学療法(カルボプラチンまたはシスプラチン)の有効性および安全性を評価することである。(EGFR)変異性、転移性非扁平上皮性非小細胞肺がん(NSCLC)腫瘍:1)TKI不全(オシマーチニブ [TAGRISSO®] 不全を含む)、2)オシマーチニブへの先行曝露を伴うT790M陽性突然変異腫瘍、3)第一選択オシマーチニブ T790M に関係なく障害突然変異の状態。 一次研究の仮説は、pembrolizumab+化学療法の組み合わせは、以下の観点から、生理食塩水プラセボ+化学療法と比較して優れた有効性を有することである:1)盲目の独立した中枢に基づく固形腫瘍バージョン1.1(RECIST 1.1)における応答評価基準ごとの無進行生存(PFS)レビュー, と 2) 総合サバイバル (OS). この研究は、PFSまたはOSの観点から、ペムブロリズマブ+化学療法の組み合わせが生理食塩水プラセボ+化学療法よりも優れている場合、その成功基準を満たしていると考えられる。

治験の実施期間: June 15, 2023 ~ 詳細

この研究は、異なる種類のがん(固形腫瘍)患者における安全な用量BI 905677を見つけて検査することを目的

この試験の主な目的は、静脈内注入として与えられたBI 905677の最大許容用量(MTD)を決定し、BI 905677の開発におけるさらなる試験の推奨用量および投与スケジュールを決定することである。 MTDは、MTD評価期間中に用量制限毒性(DLT)を経験した患者の頻度に基づいて定義され、治療の最初のサイクルとして定義される。 スケジュールAを投与し、スケジュールBを投与するために別々のMTDが決定されます。スケジュールBへの採用は、スケジュールAのMTDに達した後に開始されます。 試験の二次的な目的は次のとおりです。 -BI 905677の薬物動態プロファイルを決定するには

治験の実施期間: June 30, 2022 ~ 詳細

切除不能な分化甲状腺がんと診断され、ソラフェニブで治療されたすべての患者を含むプロスペクティブ、非介入、承認後の安全性研究

これは非介入型マルチセンター承認後の安全性研究であり、一定期間内にソラフェニブで治療された切除不能な甲状腺がん(DTC)と診断されたすべての患者を含む。 研究者は、この研究に患者を登録する前に、日本のパッケージインサートに従って治療(NEXAVAR)の選択を行っている必要があります。 登録期間は9ヶ月です。 各患者の観察期間は、NEXAVARによる治療が開始されたときに開始される。 患者は9ヵ月間、またはそれが不可能になるまで(例えば、フォローアップのために失われた)追跡される。これは標準的な観察期間と見なされる。 合計 24ヵ月のフォローアップが可能な患者は、患者の治療期間および生存状態、角化アカント腫および/または扁平上皮がんの発達などの効果に関する情報を収集する。

治験の実施期間: March 31, 2020 ~ 詳細

進行固形腫瘍を有する被験者における単一薬剤およびペムブロリズマブとの併用による免疫チェックポイント阻害剤ASP8374の複数用量研究

本研究の主な目的は、局所的に進行した(切除できない)または転移性の固形腫瘍悪性腫瘍を有する参加者のペムブロリズマブと組み合わせて投与した場合のASP8374の忍容性および安全性のプロファイルを評価することである。 また、主な目的は、単一の薬剤として、およびペムブロリズマブと組み合わせて投与された場合のASP8374の薬物動態プロファイルを特徴付けることである。 この研究の最後の主な目的は、単一の薬剤として、およびペムブロリズマブと組み合わせて投与された場合のASP8374の推奨第2相用量(RP2D)を決定することである。 本研究の二次目的は、単剤として投与し、ペムブロリズマブと組み合わせて投与した場合のASP8374の抗腫瘍効果(客観的応答速度 [ORR]、応答持続時間 [DOR]、中止後の応答の持続性、および疾患対照率 [DCR])を評価することである。

治験の実施期間: July 2021 ~ 詳細
1 2 3 4 ... 36 »

オンコロトライアルサーチとは

日本で実施しているがんの臨床試験(治験)を一括で調べることの出来る臨床試験(治験)検索システムです。

現在のところ臨床試験(治験)の情報は、UMIN、JAPIC、ClinicalTrial.govの3つのいずれかに登録がされており、それらはすべて公開されています。しかし、掲載されている情報は重複していたり、1サイトのみ掲載であるなど、統一されていないため、それぞれのサイトで検索をかけなければなりません。さらに、サイトによっては検索システムが使いにくいものや、英語での表記であることなどの問題があります。そのために自身が探そうとしている情報にたどり着くのが難しい現状があります。

オンコロトライアルサーチではこれらの問題点を解決し、患者さんやご家族が必要とする治験の情報にたどり着けるようするサービスを目指していきます。

※現在JAPICの治験情報について掲載調整中です。

臨床試験(治験)の情報があるだけでは十分ではありません

参加をしたいと思える臨床試験(治験)が見つかっても、実際に参加するためには、まだいくつかのステップが存在します。
具体的には、①情報を探す、②参加条件を確認する、③参加方法を知る、ことが必要となります。

オンコロ治験問合せ窓口へご連絡ください

オンコロでは参加を検討するに当たり、情報を必要としている方にむけて、臨床試験(治験)について相談いただける「治験問合せ窓口」を設けています。患者さんが臨床試験(治験)に参加できる可能性があるかどうかや、問合せ内容によってはより詳しい情報提供が出来る場合もございます。

治験お問合せ窓口について
電話番号:0120-974-268 (平日:10:00~18:30)
メールアドレス:info_oncolo@clinical-t.com

免責事項

オンコロトライアルサーチで検索する臨床試験(治験)情報は一般公開されているUMIN、ClinicalTrial.govに掲載されている情報となります。したがって、元サイトの更新状況によっては募集中と記載されていても終了となっている場合がある等、実際の状況と異なる可能性がございます。