544件の検索結果

原発部位不明のがん患者における標的療法またはがん免疫療法と白金ベースの化学療法の有効性と安全性を比較した第II相ランダム化研究

本研究では、第一選択白金ベースの誘導3サイクルの後に疾患コントロールを達成した未知原発部位(CUP;非特異的サブセット)の予後不良がん患者において、分子誘導療法の有効性および安全性と標準白金含有化学療法の有効性および安全性を比較する化学療法。

治験の実施期間: July 1, 2022 ~ 詳細

本研究は、BI 754091の安全かつ効果的な線量を見つけることを狙っている。 研究はまた、BI 754091とBI 754111の安全かつ効果的な用量を見つけることを狙っている。 この研究は、異なる種類のがんのアジア患者で行なった

この試験のBI 754091単独療法用量所見部分(パートI)の主な目的は、進行固形腫瘍における以下の項目を調査することである: 単独療法としてのBI 754091の安全性、忍容性、および薬物動態(PK)。 BI 754091単独療法の最大許容用量(MTD)および/または推奨用量(RD)。 試験の併用用量-所見部分(パートII)の主な目的は、進行固形腫瘍における以下の項目を調査することである: 安全性、忍容性、およびBI754091とBI754111の組み合わせ処理のPKです。 MTDおよび/またはBI754091およびBI754111の併用治療のRD。 試験の拡張部(パートIII)の主な目的は次のとおりです。 胃/食道接合がん、食道がん、または肝細胞がんの患者におけるBI 754091およびBI 754111のRDの安全性、忍容性、およびPKをさらに調査するため 胃/食道接合がん、食道がん、または肝細胞がんの患者におけるBI 754091とBI 754111の組み合わせのRDの有効性を調べるために

治験の実施期間: April 18, 2021 ~ 詳細

最近FLT3遺伝子突然変異を伴う急性骨髄性白血病と診断され、標準化学療法を受けない成人患者を治療するためにアザシチジンまたはアザシチジンと組み合わせたASP2215(ギルテリジニブ)自身によるASP2215(ギルテリジニブ)の研究

これは、最近急性骨髄性白血病またはAMLと診断された成人患者に対する臨床研究である。 AMLはがんの一種です。 骨髄が正常でない白血球を作るときです。 これらを白血病細胞といいます。 AML患者の中には、FLT3遺伝子に突然変異または変化がある患者もいます。 この遺伝子は、白血病細胞がFLT3と呼ばれるタンパク質を作るのに役立ちます。 このタンパク質は、白血病細胞をより速く増殖させる。 標準化学療法を受けられないAML患者では、アザシチジン(Vidaza® とも呼ばれる)は米国における現在の標準治療法の選択肢である。 この臨床研究では、ギルテリチニブとも呼ばれるASP2215と呼ばれる実験医学を検査しています。 ギルテリチニブは、白血病細胞がFLT3タンパク質を作るのを阻止することによって作用する。 これにより、白血病細胞の増殖が速くなるのを防ぐことができます。 この研究では、2つの異なる治療法を比較する。 患者は、偶然にこれらの2つのグループの1つに割り当てられます:アザシチジンと呼ばれる薬、またVidazaとして知られている® またはアザシチジンと組み合わせた実験薬ジルテリチニブ。 両方の医薬品をアザシチジン単独よりも組み合わせて受け取る機会は2倍あります。 この臨床研究は、どの治療法が患者の長期的な生活に役立つかを示すのに役立ちます。

治験の実施期間: December 2022 ~ 詳細

この研究は、異なる種類のがん(固形腫瘍)患者における安全な用量BI 905677を見つけて検査することを目的

この試験の主な目的は、静脈内注入として与えられたBI 905677の最大許容用量(MTD)を決定し、BI 905677の開発におけるさらなる試験の推奨用量および投与スケジュールを決定することである。 MTDは、MTD評価期間中に用量制限毒性(DLT)を経験した患者の頻度に基づいて定義され、治療の最初のサイクルとして定義される。 スケジュールAを投与し、スケジュールBを投与するために別々のMTDが決定されます。スケジュールBへの採用は、スケジュールAのMTDに達した後に開始されます。 試験の二次的な目的は次のとおりです。 -BI 905677の薬物動態プロファイルを決定するには

治験の実施期間: June 30, 2022 ~ 詳細

第一線進行胆道がん患者におけるデュルバルマブまたはプラシーボとゲムシタビン/シスプラチンとの併用(TOPAZ-1)

第一線進行胆道がん患者におけるデュルバルマブまたはプラシーボとゲムシタビン/シスプラチンとの併用(TOPAZ-1)

治験の実施期間: June 30, 2022 ~ 詳細

新たに診断された急性骨髄性白血病患者における誘導化学療法と統合化学療法の併用によるASP2215の研究

この研究の目的は、新たに診断された急性骨髄性白血病(AML)における用量制限毒性(DLT)の発症状態に基づいて、誘導化学療法としてシタラビン/イダルビシンと併用するASP2215の最大許容用量(MTD)および/または推奨拡張用量(RED)を決定することである。 ASP2215の安全性と許容性も評価されます。 この研究では、誘導および統合化学療法を伴うASP2215の薬物動態(PK)パラメータの特徴を示すとともに、ASP2215に付随するシタラビンのPKパラメータを評価する。

治験の実施期間: January 2021 ~ 詳細

異なる種類のがん(固形腫瘍)患者におけるこの研究は、ホルモン療法を併用するまたは併用しないアベマシクリブと組み合わせた安全な用量を見つけることを狙っている。 この研究では、肺がんおよび乳がん患者においてこれらの薬がどれくらい効果的かも検査されている。

コホート(A、B、CおよびD)を見つける各用量について: コホートを発見する各用量の主な目的は、最大許容用量(MTD)/推奨相xentuzumabの用量(RP2D)を決定することであり、ホルモン療法(レトロゾール、アナストロゾール、充実)の有無にかかわらず、アベマシクリブと組み合わせた。 線量制限毒性(DLT)は、最初の治療サイクル中に評価され、MTD/RP2Dを評価する。 MTDに達しない場合、RP2D用量は、安全データおよびその他の利用可能な情報を考慮して決定されます。 これは運営委員会と合意します。 各拡張コホート(E、F、D1、D2)について: 拡張コホートの目的は、非小細胞肺がん(コホートE)患者におけるベマシリブと組み合わせたキントゥズマブの抗腫瘍活性を評価することである。 前アロマターゼに続いて進行した局所進行/転移ホルモン受容体陽性(HR+)乳がん患者の片腕拡張群におけるトリプレットの組み合わせキサントゥズマブ/アベマシクリブおよび胸腺の抗腫瘍活性を評価するために、コホートFを一時的に開放することができる阻害剤療法およびCDK4/6以前の阻害剤治療が含まれる。 コホートFは、進行中の臨床試験からの新たなデータによって示された場合にのみ開放される。 コホートD1およびD2の主な目的は、以前の内分泌療法で進行した局所進行/転移性HR+乳がん患者におけるトリプレット組み合わせキントゥズマブ、アベマシクリブおよび胸腺の抗腫瘍活性を評価することである。 コホートD1は、内臓転移を有する被験者の抗腫瘍活性を評価し、非内臓転移を有する被験者のコホートD2を評価する。

治験の実施期間: August 26, 2022 ~ 詳細

以前に治療された相同性再結合修復突然変異(HRRm)または相同性再結合欠損(HRD)陽性先進がん(MK-7339-002 / LYNK-002)を有する患者におけるオラパリブ(MK-7339)の有効性と安全性

この研究では、複数の種類の進行がん(切除不能および/または転移性)を有する参加者におけるolaparib(MK-7339)単独療法の有効性および安全性を評価する。1)標準のケア療法に対して進行または耐性が認められ、2)相同性再併用修復突然変異(HRRm )または相同性再併用欠乏症(HRD)。

治験の実施期間: February 13, 2023 ~ 詳細

転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)におけるペンブロリズマブ(MK-3475)プラスオラパリブ vs アセテートアビラテロンまたはエンザルタミドの研究 (MK-7339-010/KEYLYNK-010)

本研究の目的は、酢酸アビラテロンまたはエンザルタミドのいずれかに反応しなかったmCRPCを有する参加者の治療におけるポリアデノシン5'-ジホスホリボースポリ(ADP-リボース)ポリメラーゼ(PARP)阻害剤オラパリブおよびペンブロリズマブの組み合わせの有効性および安全性を評価することである(両方ではない)と化学療法に用いられる。 主な研究の仮説は、ペムブロリズマブとオラパリブの組み合わせは、以下の点に関して酢酸アビラテロンまたはエンザルタミドよりも優れていることである: 総合サバイバル(OS)および 盲目の独立中央レビュー(BICR)によって評価された固形腫瘍バージョン1.1における前立腺がんワーキンググループ(PCWG)改変応答評価基準ごとの放射線画像進行フリー生存(rPFS)

治験の実施期間: April 26, 2022 ~ 詳細

転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)参加者におけるペンブロリズマブ(MK-3475)+エンザルタミド対プラシーボ+エンザルタミドの研究 (MK-3475-641/KEYNOTE-641)

本研究の目的は、mCRPCに対する化学療法を受けていない転移性去勢抵抗性前立腺がん(mCRPC)の男性の治療において、ペムブロリズマブ(MK-3475)とエンザルタミドの組み合わせの有効性および安全性を評価することである。酢酸アビラテロンに。 主な研究の仮説は2つあります。 仮説1:ペンブロリズマブとエンザルタミドの組み合わせは、全体生存率(OS)に関してプラセボプラスエンザルタミドよりも優れている。 仮説2:ペンブロリズマブとエンザルタミドの組み合わせは、固形腫瘍バージョン1.1(RECIST 1.1)における前立腺がんワーキンググループ(PCWG)改変応答評価基準に対するプラセボ+エンザルタミドよりも優れている(RECIST 1.1)独立した中央レビュー。

治験の実施期間: November 12, 2023 ~ 詳細

ペムブロリズマブ (MK-3475) +レンバチニブ (E7080/MK-7902) 対子宮内膜がんに対する化学療法 (ENGOT-en9/MK-7902-001)

本研究の目的は、III期、IV期、または再発子宮内膜がんの女性参加者の化学療法とペムブロリズマブ+レンバチニブの有効性を比較することである。 盲目の独立した中央レビュー(BICR)による固形腫瘍バージョン1.1(RECIST 1.1)における応答評価基準ごとの無進行生存(PFS)に対する化学療法よりもペムブロリズマブ+レンバチニブの組み合わせが優れていると仮説されている。 また、ペムブロリズマブ+レンバチニブの組み合わせは、全生存(OS)のための化学療法よりも優れているという仮説もある。

治験の実施期間: April 10, 2023 ~ 詳細

慢性骨髄性白血病患者におけるイマチニブと併用したアッシミニブの有効性と安全性に関する研究 (CML-CP)

慢性期における慢性骨髄性白血病(CML-CP)の前治療を受けた患者における腹筋 40mg + イマチニブ + イマチニブ + イマチニブ + イマチニブ + イマチニブの有効性、安全性および薬物動態プロファイルを評価するため、

治験の実施期間: November 23, 2021 ~ 詳細

進行固形腫瘍におけるペンブロリズマブと組み合わせたMK-1308の安全性、薬物動態(PK)、有効性(MK-1308-001)

本研究では、進行固形腫瘍の参加者にペンブロリズマブと組み合わせて使用した場合、MK-1308の用量を増強する場合の安全性、忍容性、薬物動態(PK)、および予備有効性を評価する。

治験の実施期間: March 6, 2023 ~ 詳細

胃または胃食道ジャンクション(GEJ)腺がんの参加者におけるペムブロリズマブ(MK-3475)+化学療法対プラシーボ+化学療法の研究 (MK-3475-585/KEYNOTE-585)

本研究の目的は、胃および胃食道接合部(GEJ)腺がんの未治療の成人のネオアジュバント(手術前)またはアジュバント(手術後)の治療におけるペムブロリズマブ(MK-3745)の有効性を評価することである。 主な研究の仮説は次のとおりです。 ネオアジュバントおよびアジュバントペムブロリズマブ+化学療法、続いてアジュバントペンブロリズマブは、ネオアジュバントおよびアジュバントプラセボ+化学療法よりも優れ、続いて全生存(OS)および固形腫瘍の応答評価基準に基づくイベントフリー生存(EFS)の観点から補助プラセボが続くバージョン1.1(リスト1.1)、および ネオアジュバントペムブロリズマブ+化学療法は、手術時の病理学的完全応答(pathCR)の割合の観点から、ネオアジュバントプラセボ+化学療法よりも優れている。

治験の実施期間: June 28, 2024 ~ 詳細

パン腫瘍ニボルマブロールオーバー研究

本研究の主な目的は、治療およびフォローアップの参加者におけるニボルマブの長期的安全性を検討することである。

治験の実施期間: August 25, 2025 ~ 詳細

アベルマブ・プログラム・ロールオーバー・スタディ

本研究の主な目的は、親アベルマブ研究と同じ治療レジメンでアベルマブによる治療を継続する固形腫瘍の参加者のアベルマブの安全性および忍容性を監視することである。

治験の実施期間: January 28, 2024 ~ 詳細

プログラム細胞死配位子1(PD-L1)陽性治療非小細胞肺がん(NSCLC)(MK-7902/E7080)の成人におけるペンブロリズマブ(MK-3475)の有効性と安全性研究 (MK-7902-007/E7080-G000-3141) リープ-007)

本研究の目的は、ペンブロリズマブ(MK-3475)とレンバチニブ(MK-7902/E7080)の安全性および有効性を評価することであり、転移性非小細胞肺がん(NSCLC)に対する事前全身療法が行われていない成人において、ペンブロリズマブ(レンバチニブに対してプラセボを伴う)単独の安全性および有効性を評価することである。腫瘍には、プログラムされた細胞死リガンド1(PD-L1)腫瘍比率スコア(TPS)が1%以上である。 主な研究の仮説は、以下のものである:1)固形腫瘍バージョン1.1(RECIST 1.1)および2)ペンブロリズマブおよびレンバチニブの応答評価基準ごとの無進行生存(PFS)によって評価されたペムブロリズマブ単独よりも優れている。全体生存率(OS)によって評価されたペムブロリズマブ単独で。

治験の実施期間: March 8, 2022 ~ 詳細

NTRK 1/2/3(Trk A/B/C)、ROS1、またはALK 遺伝子再配置(融合)を有する固形腫瘍患者の治療のためのエンストレクチニブ(RXDX-101)のバスケット研究

これは、NTRK1/2/3、ROS1、またはALK 遺伝子融合を有する固形腫瘍患者の治療のためのエントレクチニブ(RXDX-101)に関するオープンラベル、マルチセンター、グローバルなフェーズ2バスケット研究である。 患者は、腫瘍の種類と遺伝子融合に応じて異なるバスケットに割り当てられます。

治験の実施期間: December 1, 2022 ~ 詳細

IDH1 突然変異を伴う未治療の急性骨髄性白血病患者におけるAG-120(イボシデニブ)対プラセボとアザシチジンの併用に関する研究

研究 AG120-C-009は、以前に未治療のIDH1m AMLを有する成人被験者において、AG-120(イボシデニブ)+ アザシチジン対プラセボ + アザシチジンの有効性および安全性を評価するための、グローバルなフェーズ3、多施設、二重盲検、ランダム化、プラセボ対照臨床試験である。 -集中治療。 主なエンドポイントは全生存(OS)です。 主要な二次効力エンドポイントは、イベントフリー生存(EFS)、完全寛解率(CR)、CRの割合および部分血液学的回復(CRh)による完全寛解率、および全体的な応答率(ORR)です。 スクリーニング評価に基づく研究治療の対象となる被験者は、経口 AG-120またはマッチしたプラセボを受けるために 1:1 にランダム化され、両方を皮下(SC)または静脈内(IV)アザシチジンと組み合わせて投与する。 推定 392 人の被験者が研究に参加する。

治験の実施期間: June 30, 2022 ~ 詳細

転移性非平滑性非小細胞肺がん成人における第一線介入としてのペメトレキセド+白金化学療法+ペンブロリズマブ(MK-7902/E7080)の安全性と有効性の研究(MK-7902-006/E7080-G000-315/LEAP-006)

本研究の目的は、転移性非扁平上皮性肺がん成人の第一選択介入として、レンバチニブ(MK-7902/E7080)の有無にかかわらず、ペメトレキセド+白金化学療法+ペンブロリズマブ(MK-3475)の安全性および有効性を評価することである。 一次研究の仮説では、固形腫瘍バージョン1.1(RESIST 1.1)における修正された応答評価基準に基づくレンバチニブ+白金ダブレット化学療法+ペンブロリズマブの組み合わせは、盲目の独立中央レビュー(BICR)によって評価された非進行生存(PFS)を延長すると述べています。マッチングプラセボ+プラチナダブレット化学療法+ペンブロリズマブ、および2)レンバチニブ+プラチナダブレット化学療法+ペンブロリズマブの併用は、マッチングプラセボ+プラチナダブレット化学療法+ペンブロリズマブと比較して、全生存(OS)を延長する。

治験の実施期間: August 21, 2023 ~ 詳細
1 2 3 4 ... 28 »

オンコロトライアルサーチとは

日本で実施しているがんの臨床試験(治験)を一括で調べることの出来る臨床試験(治験)検索システムです。

現在のところ臨床試験(治験)の情報は、UMIN、JAPIC、ClinicalTrial.govの3つのいずれかに登録がされており、それらはすべて公開されています。しかし、掲載されている情報は重複していたり、1サイトのみ掲載であるなど、統一されていないため、それぞれのサイトで検索をかけなければなりません。さらに、サイトによっては検索システムが使いにくいものや、英語での表記であることなどの問題があります。そのために自身が探そうとしている情報にたどり着くのが難しい現状があります。

オンコロトライアルサーチではこれらの問題点を解決し、患者さんやご家族が必要とする治験の情報にたどり着けるようするサービスを目指していきます。

※現在JAPICの治験情報について掲載調整中です。

臨床試験(治験)の情報があるだけでは十分ではありません

参加をしたいと思える臨床試験(治験)が見つかっても、実際に参加するためには、まだいくつかのステップが存在します。
具体的には、①情報を探す、②参加条件を確認する、③参加方法を知る、ことが必要となります。

オンコロ治験問合せ窓口へご連絡ください

オンコロでは参加を検討するに当たり、情報を必要としている方にむけて、臨床試験(治験)について相談いただける「治験問合せ窓口」を設けています。患者さんが臨床試験(治験)に参加できる可能性があるかどうかや、問合せ内容によってはより詳しい情報提供が出来る場合もございます。

治験お問合せ窓口について
電話番号:0120-974-268 (平日:10:00~18:30)
メールアドレス:info_oncolo@clinical-t.com

免責事項

オンコロトライアルサーチで検索する臨床試験(治験)情報は一般公開されているUMIN、ClinicalTrial.govに掲載されている情報となります。したがって、元サイトの更新状況によっては募集中と記載されていても終了となっている場合がある等、実際の状況と異なる可能性がございます。