俳優の今井雅之(54)が30日、都内で、大腸がん治療のため降板した主演舞台「THE WINDS OF GOD」(5月1~31日、東京・新国立劇場ほか)の公開げいこ前に会見を行い、病状について、「末期がんのステージ4」と告白した。

病状経過についても説明した。昨年8~9月に風邪と診断されたが、胃など痛みが治まらず別の病院で検査。11月に大腸がんの手術を受けた。12月末に抗がん剤が合わず使用を中止したが、今年3月末に抗がん剤治療を再開したことも明かした。

~中略~

今後は、自身が主演する舞台「手をつないでかえろうよ」の映画版撮影が9月に控えている。5月下旬の舞台復帰も目指すなど、仕事が生きる支えになっているといい、「この仕事を命がけでやっていきます」と10秒間、頭を下げ約35分の会見を終えた。

デイリーオンラインニュースから引用 本文はこちらから

 

担当者コメント

今井さんのニュースの続報になります。大腸がんのステージ4だと打ち明けた今井さん。大腸がんのステージ4は5年生存率が13%というデータがあります。厳しい数字にみえるかもしれません。この5年生存率とは5年が経過したときににどのくらいの人が生存しているかという比率を表したものになります。ですので10年以上生き続ける方も当然います。仕事にかける情熱を持ち続ける今井さんが舞台復帰できることを心よりお祈りしております。

担当 HAMA

 


人気記事