3月26日、国立がん研究センターが都道府県別のがんの罹患率、死亡率などの最新のデータを発表しました。

「女性自身」が国立がん研究センターが集計した部位別の罹患率(全国がん罹患モニタリング集計)をもとに、『がんになりやすい県ランキング』を独自に算出したものは以下の通りです。

【胃がん】

ワースト1位・秋田県/2位・山形県/3位・新潟県
日本海側に多く分布していることが特徴。ワースト1となってしまった秋田県庁の健康推進課がん対策室も、この結果を真摯に受け止めている。

【大腸がん】

ワースト1位・秋田県/2位・青森県/3位・鳥取県
食の欧米化による動物性脂肪の過剰摂取が起因として考えられ、添加物を使った加工肉の食べすぎも関係しているという指摘もある。

【肝臓がん】

ワースト1位・佐賀県/2位・大分県/3位・兵庫県
ワースト1の佐賀県庁健康増進課は「汚名を返上したい」と力を入れている。

【肺がん】

ワースト1位・香川県/2位・京都府/3位・北海道
喫煙との相関関係が疑われる肺がんだが、こちらは意外な結果になった。

 

>livedoor Newsより抜粋(詳細はコチラ)

元データ

がん情報サービス グラフデータサービス(さらに詳しく知りたい方はコチラ)


人気記事