急性骨髄性白血病とギルテリチニブについて

血液の癌である急性骨髄性白血病は、骨髄における白血病細胞が異常に増殖し、正常な造血機能が阻害され、白血球減少・貧血・血小板減少などの症状が出ます。この病気の標準治療はアントラサイクリン+シタラビンによる化学療法で、この治療を受けた約80%の患者の治癒が期待されています。

血液の癌の中では比較的治癒の期待できる急性骨髄性白血病ですが、急性骨髄性白血病のうち約30%の患者さんはアントラサイクリン+シタラビンにより強力な化学療法の効果が期待できない可能性があります。

それは急性骨髄性白血病のうち約30%の患者さんはFLT3活性遺伝子変異があることが判っているからです。FLT3活性遺伝子変異を持つ患者さんはアントラサイクリン+シタラビンにより強力な化学療法に対して治療抵抗性を示します。そのため、この活性遺伝子変異がある患者さんの治療成績は悪かったのです・・・

ギルテリチニブ

が開発されるまでは。ギルテリチニブはがん細胞の増殖に関与する受容体型チロシンキナーゼであるFLT3およびAXLを選択的かつ持続的に阻害することで抗腫瘍効果を示す、急性骨髄性白血病の新薬です。

既存の治療薬では効果のなかったFLT3活性遺伝子変異を持つ患者さんに対しても、ギルテリチニブの抗腫瘍効果が治験で認められています。

ギルテリチニブは、再発率が高く生存期間が短いとされる白血病の約33%を占める急性白血病の約30%を占めるFLT3-ITD遺伝子変異を有する患者さんの期待の新薬なのです。

ギルテリチニブの薬剤概要

一般名

ギルテリチニブ

効能効果

急性骨髄性白血病

主な副作用

下痢、倦怠感、AST上昇

ギルテリチニブの作用機序

FLT3およびAXLの阻害

ギルテリチニブの最新文献

・2016年11月29日
Pre-clinical studies of gilteritinib, a next-generation FLT3 inhibitorl

ギルテリチニブの口コミ

医師のコメント

その他医療関係者のコメント

ギルテリチニブの治験情報

1)A Study of ASP2215 Versus Salvage Chemotherapy in Patients With Relapsed or Refractory Acute Myeloid Leukemia (AML) With FMS-like Tyrosine Kinase (FLT3) Mutation

参考資料

1)Blood Journal


この記事に利益相反はありません。

人気記事