台風19号による被害を受けられた皆様へ

【治験広告】1歳から21歳の方対象 再発・難治性ALK陽性未分化大細胞型リンパ腫の治験


  • [公開日]2019.10.11
  • [最終更新日]2019.10.11

本ページは治験調整医師から委託された治験広告です。また、治験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載いたします。

はじめに

本治験はALK陽性未分化大細胞型リンパ腫の方を対象とした抗ALK抗体薬の治験です。
治験参加にはメリット、デメリットがございますので、十分に先生とご相談していただき、ご納得の上でご参加ください。

治験実施医療機関・所在地(10月11日更新)

治験実施医療機関および所在地は以下の通りとなります。
・名古屋医療センター(愛知県名古屋市)

※この治験は全国の複数の医療機関で実施しております。上記の治験実施都道府県は、各治験実施医療機関の治験審査委員会によって審査され、承認された順に掲載していきます。

未分化大細胞型リンパ腫とは

未分化大細胞型リンパ腫(ALCL)は、リンパ球ががん化する病気で、未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)蛋白の発現の有無により、ALK陽性と陰性に分類されます。首、脇の下、足の付け根などのリンパ節が大きくなったり、脾臓、肝臓など様々な臓器に病気が広がったりします。
治療法には、化学療法、放射線療法、造血幹細胞移植などがありますが、これらの治療が効きにくい場合もあり、新しい治療法の開発が必要とされています。

本治験の参加条件

・ 1歳以上、22歳未満の方
再発または難治性のALK陽性未分化大細胞型リンパ腫と診断された方
・ 病理組織の提出が可能な方
・全身状態がある程度保たれている方(17歳以上:身の回りのことが自分でできる状態、16歳以下:自分で着替えができる、活動的にはできないが遊ぶことや日常生活動作はできる状態)
その他にも参加条件があり、医師の診察や検査によって参加可能か判断されます。

治験薬ついて

治験薬クリゾチニブは経口の未分化リンパ腫キナーゼ(ALK)阻害剤です。がんの増殖に関与するALKを選択的に阻害することにより、腫瘍細胞の増殖を阻害し、抗腫瘍効果を示すことが期待されます。

治験中の通院について

治験期間中は、4週間に一度通院していただきます。治験薬の飲みはじめの4週間は、体の具合が悪くならないかを注意して観察するために、病院に入院して頂きます。※患者さんの体調によって入院期間が変更になることがございます。

治験に参加した場合の費用負担について

治験薬は製品を持っているファイザー社から無償提供されますが、それ以外の薬代、検査費用などは日常診療と同じ費用負担が発生します。保険の種類、扶養者の年収にも寄りますが、実質的費用で得られるメリットはありません。

患者さん・患者さんのご家族へ

下記ボタンをクリックし、お申し込みの流れをご確認ください。
一度オンコロへご連絡頂いたのちに、主治医とご相談いただきます。

主治医の先生へ

より詳細な内容を掲載しております。

お申し込み・お問い合わせ

お申し込み後の流れをご確認のうえ、お申し込みください。


オンコロフリーダイヤル:0120-974-268(平日10:00-18:30)
お電話口で「小児クリゾチニブの医師主導治験について」とお伝えください。


お申し込みフォームの題名を「小児クリゾチニブの医師主導治験について」としてください。


アンケートに最後までご回答いただきましたら、お申し込み完了です。
連絡先を必ずご記入ください。

個人情報の取り扱いについて

あなたの個人情報は保護され、あなたの許可するもしくは法律で必要とされる場合を除き、提供された情報は「オンコロ」の当該治験の担当スタッフ、患者さんの担当医、治験実施施設の担当医のみが共有します。それ以外の人には、あなたの情報が開示されることはございません。

※「オンコロ」の個人情報の取扱いについて

×