本ページは、長崎大学からの委託による医師主導治験の広告となります。また、治験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載します。

本ページは、「造血幹細胞移植を受けられた後に再発した成人T細胞白血病リンパ腫の方を対象とした、TCR遺伝子導入Tリンパ球の治験」の応募ページとなります。「参加を希望される方」や「試験内容について詳しくお知りになりたい方」など、下記の参加ボタンよりアンケートにお答えいただくか、お電話にてご連絡ください。メールでのお問合せも可能ですので下記をご参照ください。

【インターネットアンケートからのお問合せ】

【お電話でのお問合せ】

【メールでのお問合せ】
メールアドレス:info_oncolo@clinical-t.com
※件名を「移植後再発ATL治験」としてください。
※PCからのメールの拒否設定をされている場合は、上記アドレスからのメールを受け取れるよう設定をお願い致します。

【主治医の先生へ】
より詳細な内容を掲載しております。こちらをクリックしてください。

はじめに

  • 今後の治療の選択肢の1つとして本治験をご検討いただけますと幸いです。
  • 治験参加は、メリット、デメリットがございますので、十分に先生とご相談していただき、先生、患者さん本人のご納得の上でご検討ください。
  • この治験の募集期間等について
    この治験の募集期間や募集人数には限りがあります。そのため、参加者の登録状況によってはご参加いただけない可能性があります。詳細はお問合せください。

 

治験の概要

■治験について
ヒトを対象とする研究分野のことを臨床研究といいます。臨床研究の中でも、ヒトに実際に治療法を用いて実施するものを臨床試験といいます。中でも、承認されていない薬剤等を用いて、承認を目的としてデータを集める過程を治験といいます。

治験についての詳細はコチラ
・治験に関するQ&Aはコチラ

■今回の治験製品について
造血幹細胞移植後の成人T細胞白血病リンパ腫の再発に対しては、ドナーリンパ球輸注療法という選択肢があります。ドナーリンパ球輸注療法とは、ドナーさんのリンパ球を患者さんに点滴する方法で、点滴されたリンパ球のがん細胞を殺す力(移植片対悪性腫瘍(GMV)効果)を利用して再発した血液のがんを治療する方法です。 本治験製品はドナーリンパ球輸注療法と同様の治療法ですが、ドナーさんから提供されたリンパ球に対して遺伝子を導入したものを使います。遺伝子導入は、リンパ球にがん細胞を狙って殺すはたらきを付け加えるために行われ、併せてドナーリンパ球輸注療法の副作用である移植片隊宿主病(GVHD)を抑えるはたらきも期待されます。 本治験製品が、がん細胞を狙って攻撃する際の目印となる抗原は、正常な細胞ではほとんど存在せず、がん細胞では多く存在しており、正常な細胞とがん細胞を区別してがん細胞のみを攻撃することが期待されます。

■治験の参加条件
今回の治験は、「造血幹細胞移植を受けられた後に再発した成人T細胞白血病リンパ腫の患者さんを対象とした治験」です。

主な参加条件
・血縁者又は日本骨髄バンクに登録された非血縁者から造血幹細胞の提供を受けた後に
 再発した成人T細胞白血病リンパ腫の方
HLA型がHLA-A*02:01又はHLA-A*02:06であること
・20歳以上の方
・歩くことができ、身の回りのことが自分でできる状態の方
※その他にも満たさなければならない基準が多くあります。詳細はお問合せください。

■今回の治療方法について(この治験の流れについて)
今回、使用する治験製品は、造血幹細胞移植した際のドナーさんより、リンパ球を提供いただいて製造します。治験製品は、ドナーさんよりリンパ球が提供されてから完成するまでに約5~7週間の期間がかかります。 治験製品が完成した後に、入院していただき、前処置薬(シクロホスファミド)を2日間投与し、その後、治験製品を1回投与(点滴)します。

■治験に参加した場合の費用負担について
原則、治験に参加している間の「治験製品・前処置薬」、「副作用が起きた際に使用する一部の薬剤費」等は、長崎大学が負担しますが、治験に必要な検査、画像診断に関わる費用、治験に関係しない費用(診察料や他の病気に対する医療費などについてはご自身のご負担となります。また、治験に参加される場合の通院時の交通費等の負担を軽減するための費用を長崎大学が一定額負担します。
※詳しくは「オンコロ」へお問合せ時にご確認ください。

■自由意思による治験参加の取りやめ
治験への参加は完全な自由意思となります。治験参加中、理由に関係なく、いつでも参加を取りやめることができます。治験の参加を取りやめたい場合は、いつでも治験担当医師にご相談ください。

■治験参加中の他の医師の診察について
治験期間中でも、治験担当医師以外の診察を受けることは可能です。ただし、他の医師の診察を受ける場合は、治験担当医師にご報告ください。

治験実施医療機関所在地

・長崎県長崎市

※上記の医療機関は、がんセンターや大学病院等となります。
※実際の治験実施医療機関名は「参加の流れ」のページにあるWEBアンケートまたは「オンコロ」のこの治験の担当スタッフによる聞き取りの結果によりご連絡いたします。

※この治験は全国の複数の医療機関で実施しております。上記の治験実施都道府県は、各治験実施医療機関の治験審査委員会によって審査され、承認された以降に順次掲載していきます。よって、その他にも、治験実施医療機関所在地が追加される可能性があります。

主治医の先生へ

より詳細な内容を掲載しております。こちらをクリックしてください。

参加の流れ(お問合せ)

この治験に興味を持たれた方、疑問点がある方、参加希望の方は以下にお問合せください。お問合せされる方が患者さんのご家族である場合は、患者さん本人からの合意を得た上でお問合せください。

【インターネットアンケートからのお問合せ】

【お電話でのお問合せ】

【メールでのお問合せ】
メールアドレス:info_oncolo@clinical-t.com
※件名を「移植後再発ATL治験」としてください。
※PCからのメールの拒否設定をされている場合は、上記アドレスからのメールを受け取れるよう設定をお願い致します。

個人情報の取り扱いについて

あなたの個人情報は保護され、あなたの許可するもしくは法律で必要とされる場合を除き、提供された情報は「オンコロ」の当該治験の担当スタッフ、患者さんの主治医、治験実施施設の担当医のみが共有します。それ以外の人には、あなたの情報が開示されることはございません。

「オンコロ」の個人情報の取扱いについて

×

記事ランキング

がんの臨床試験(治験)をお探しの方へ

がん情報サイト「オンコロ」ではがんの臨床試験(治験)情報を掲載しています。

掲載中の臨床試験(治験)情報はこちら » 臨床試験(治験)とは »

オンコロリサーチ

患者さんやそのご家族のがんに関わるあらゆる声を調査(リサーチ)するための調査を実施しております。

実施中の調査一覧はこちら »

無料メルマガ配信中

メルマガ独自のコラム、臨床試験情報、最新情報を毎週配信しています。ぜひご登録ください。

メルマガ登録はこちら »