本ページは第一三共株式会社からの委託による治験広告となります。また、治験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載します。

本ページは、「神経膠腫(グリオーマ)の方対象 新規分子標的薬(変異型IDH1阻害剤)の治験」の応募ページとなります。治験への参加をご希望される方は、下記の参加ボタンよりアンケートにお答えいただくか、お電話にてご連絡下さい。メールでのお問い合わせも可能ですので下記をご参照下さい。



※インターネット上のアンケート回答ページに移動します。

【お電話でのご連絡先、またはメールでのお問合せ先】
オンコロ問合せ窓口:0120-974-268 (平日:10:00~18:30)
メールアドレス:info_oncolo@clinical-t.com

治験の対象となる患者さん


・神経膠腫(グリオーマ)と診断されている方
・20歳以上の方
・過去に放射線治療を受けられている方
※その他にも条件がございます。
本治験への参加条件は複雑となっているため、興味がある方はまずはお問い合わせ下さい。

神経膠腫(グリオーマ)とは?
<神経膠腫(グリオーマ)とは>
神経膠腫は、脳神経細胞(ニューロン)の支持組織である神経膠細胞(グリア細胞)から発生する悪性腫瘍です。
毛様細胞性星状細胞腫、びまん性星細胞腫、乏突起膠腫・乏突起星細胞腫、退形成性星細胞腫、退形成性乏突起膠腫・退形成性乏突起星細胞腫、膠芽腫などが挙げられます。
<罹患者数>
原発性脳腫瘍の25%前後を占め、日本では年間罹患者数は5000人程度です。
<悪性度>
悪性度に応じて4段階のグレードに分類されます。
<治療について>
手術による腫瘍摘出が基本的な治療ですが、一部の良性の神経膠腫を除いては、一般的に正常な脳へ浸み込むように広がること、脳機能を温存する必要があることから、手術で完全に摘出するのは難しいです。目に見える範囲の腫瘍を摘出しても、微小ながん細胞が残っていることがあります。
そのため再発を抑える目的で、神経膠腫の種類に応じて、手術後に放射線治療や化学療法が行われることが一般的です。しかし、神経膠腫はそれでも再発することが多く、さらに最初は低悪性度でも再発時に悪性度が増した状態に変化することも多いです。再発後はもう一度手術をしたり化学療法が試みられたりしますが、使用できる薬剤の種類も限られているため、再発後の予後は悪いのが現在の治療の現状です。そのため、新たな治療法の開発が求められています。

治験薬について

本治験で用いられる治験薬は「変異型IDH1阻害薬」という種類の経口の分子標的薬です。

がん細胞で認められる遺伝子異常は様々ありますが、そのひとつにIDH1という遺伝子の異常があります。IDH1遺伝子に変異が生じると、細胞内で作られる酵素が変化し(この酵素を「変異型IDH1」と呼びます)、2-ヒドロキシグルタル酸という正常細胞では少ししか存在しない物質が大量に作られ、細胞内に様々な異常を引き起こすことが明らかになっています。これが腫瘍(がん細胞)の発生や増殖に重要な役割を果たしていると考えられています。
本治験薬は、この変異型IDH1酵素を選択的に阻害するため、新たな抗腫瘍薬になる可能性が期待されています。
なお、IDH1遺伝子の変異は、原発性膠芽腫では低頻度ですが、グレード2~3の神経膠腫および続発性膠芽腫では約7~8割と高頻度に認められます。神経膠腫以外には急性骨髄性白血病、軟骨肉腫、胆管癌などの腫瘍でも一定割合の患者さんに認められます。
本治験薬は、脳への移行性が高いという特徴を有するため、IDH1変異を有する神経膠腫においても効果を発揮する薬剤となることが期待されています。

治験薬の投与方法

治験に参加された場合、治験薬はカプセルで毎日服薬頂き、がんが進行する等、使用継続が困難になるまで服用します。

治験実施医療機関の所在地

治験実施医療機関所在地は以下の通りとなります。

・東京都新宿区

※実際の治験実施医療機関名は本治験の広告事務局での聞き取り及びアンケート結果にて適格の場合にご連絡いたします。
※本治験は全国の複数の医療機関で実施していますが、本治験広告は、各治験実施医療機関の審査にて承認されてから順次掲載します。よって、上記以外にも、治験実施医療機関が追加される可能性があります。

参加の流れ(お問い合わせ)

本治験に興味を持たれた方、疑問点がある方、参加希望の方は以下にお問い合わせ下さい。
【インターネットでのお問い合わせ】

※インターネット上のアンケート回答ページに移動します。
【お電話でのお問合せ】
オンコロ問合せ窓口:0120-974-268(平日:10:00~18:30)
※第一三共株式会社の神経膠腫の治験のお問合せとお伝えください。
【メールでのお問合せ】
メールアドレス:info_oncolo@clinical-t.com
※件名を「第一三共株式会社の神経膠腫の治験」としてください。

治験とは

ヒトを対象とする研究分野のことを臨床研究といいます。臨床研究の中でも、ヒトに実際に治療法を用いて実施するものを臨床試験といいます。中でも、承認されていない薬剤等を用いて、承認を目的としてデータを集める臨床試験を治験といいます。

費用負担について

原則、治験に参加している間の「治験薬」、「一部の薬剤費」、「治験に必要な検査、画像診断に関わる費用」等は、この治験製品を開発している第一三共株式会社が負担します。また、治験に参加される場合の通院時の交通費等の負担を軽減するための費用を第一三共株式会社が一定額負担します。詳しくは本治験のオンコロ事務局や治験を実施している医療機関の治験担当スタッフにご確認ください。

治験についての詳細はコチラ※
治験に関するQ&Aはコチラ※

プライバシーポリシーについて

あなたのプライバシーは保護され、あなたの許可するもしくは法律で必要とされる場合を除き、提供された情報は「オンコロ」の当該治験の担当スタッフ、患者さんの担当医、治験実施施設の担当医のみが共有します。それ以外の人には、あなたの情報が開示されることはございません。


人気記事