がん患者が考える、がん患者のためのビジネス!?はたしてその行方は。。。 オンコロな人に出演頂いた胆管がん体験者の西口さんこと‘ぐっち’さん。 その軌跡をつづっていただく新コーナーがスタートです。 西口さんの体験談はコチラ(胆管がん体験者 西口洋平さん)

「子どもをもつがん患者専用のSNS」は世の中の課題を解決するか?

連載第8回:投資家に会いに行く

 

どうも、ぐっちです。

あたたかさを通り越して、暑さを感じるようになりましたが、

みなさま、いかがお過ごしでしょうか?

 

ぼうずは、髪の毛が伸びるスピードが速いため(正確には、伸びたらすぐにわかる)、

手入れ(バリカンで刈る)をマメにする必要があります。そう、週に一度はメンテナンスです。

最近は、金曜日に抗がん剤、土曜日にバリカンというペースが定着してきました。

はい、ぼうずあるあるでした。

 

先日、ビジネスのアイデアをもらうため、また、あわよくばお金を出してくれないかなーと考え、

エンジェルと呼ばれる、個人でお金を出す投資家の方々集まるイベントに行ってきました。

 

最初は、セミナー形式で、色んな話が聞くという感じで、その後、懇親会のような流れ。

そこで共有されていたことは、こんなことでした。

 

<投資をする判断基準やポイント>

・人間性9割、プロダクト1割

・創業者やチームメンバーが良いか

・累積改善数の勝負なので、それができるか

・誰もやらない、しばらく儲からないことを、潜ってできるか

・自分の得意領域、魂削ってやれる領域

・巻き込み力ある人

・差別と偏見に満ちていて、自信満々な人

・事業計画よりも、自己紹介で決める

・なんでやるの?っていう理由がちゃんとあること

・大きなビジョンがあること

などなどでした。

 

懇親会では、キャンサーペアレンツの名刺を持って、とにかく意見を聞きまくる。

 

一人の投資家の方から頂いたコメントが、僕には非常にグッときたので、下記に。

「同情を集めるだけなら、それで良い。」

「病気をきっかけにビジネスを、という方にたくさん会ってきたが、ビジネスマインドが低い」

「本当にビジネスをしたいなら、本気で考えてください」

「当事者だからこそできることは必ずあるし、絶対にチャンスです」

「ビジネスアイデアが固まってきたら、また話をしましょう」

 

ちょっと泣きそうな感じでした。なんとも言えない感覚。

悔しい気持ち、本当にできるかなという気持ち、よしやってやろう気持ち、複雑でした。

でも、こういったコメントをもらえたことが、私には非常に新鮮で、また前向きなパワーに

変わっていきます。

 

もちろん、今の気持ちは、

やってやるぜ!!

です。

 

いろんな困難はありますが、ひとつずつ乗り越えて、

爪痕、残します!

 

キャンサーペアレンツを、よろしくお願いします。

CanParbana

 

 

 

 

 

 

 


人気記事