がん患者が考える、がん患者のためのビジネス!?はたしてその行方は。。。
オンコロな人に出演頂いた胆管がん体験者の西口さんこと‘ぐっち’さん。
その軌跡をつづっていただく新コーナーがスタートです。
西口さんの体験談はコチラ(胆管がん体験者 西口洋平さん)

はじめまして!チーム紹介します。

「子どもをもつがん患者専用のSNS」は世の中の課題を解決するか?

はじめまして。

ぐっちです。新しく始まったこの連載。

題名の通り、僕は古くて新しい(??)SNSというテーマに取り組んでいます。

 

がんになった多くの人は、

「なぜ自分だけが?」という気持ちになります。

 

家族や友人の支えがあっても、とても孤独な気持になるんです。

 

そんなときに思ったこと。

 

「自分と同じ境遇の人がいたら会いたい。。。」

「その人と、他人にはなかなか打ち明けられない話がしたい。」

 

患者会、がんサロンなどいろいろと横のつながりの推進は世の中的に

進んでいます。でも、自分と同じ境遇の人はなかなかいない。

 

そんな時、2015年の暮れ、僕と同じような子どもを持つがん患者が、

毎年5万6千人も増えているという情報を目にしました。

http://www.ncc.go.jp/jp/information/press_release_20151104.html

 

子どもをもつがん患者が、もっともっと気軽にWebで、

でも安心できる空間で、同じ境遇の人とつながれる世の中にしたい。

そういうことを考えて、このテーマに取り組んでいます。

 

SNSを作って、運営していくにはお金が必要です。

また、できるだけたくさんの人に使ってもらえるSNSにしたいので、

広告宣伝費なんかも必要です。

 

この連載では、

SNS運営のための費用を、寄付やクラウドファンディングで調達するというよりも、

ビジネスとして成立させられないか?という観点で捉え、チャレンジする模様を

描いていければいいなーと考えています。

 

ですので、一旦、3ヶ月程度ですが、

ビジネスコンテストに挑戦している模様を、

不定期に、ゆるーく、できるだけポップにつづっていきたいなと思います。

 

今日は最後に、一緒にこのテーマに取り組むチームの紹介を。

image1

ぐっち(西口洋平)

2015年2月に胆管癌の告知(ステージ4)を受け、

目下抗がん剤治療中。

30代半ば。妻と小1の娘がいる。

どちらかというと性格は”奥手”系。スタンスは”堅実”派。

がんに罹患してからは、”アクティブ”派に脱皮中。

チームでの役割:「これがやりたいぜ!やろうぜ!」担当

 

神吉 (2)

てつじ(神吉徹二)

※ていうか、写真!?

ぐっちの高校の同級生。

どちらかというとスタンスは”前のめり”派。 妻と0歳の息子がいる。

ぐっちに「ビジネスコンテストに応募しねーか?」と言ってきた人。

チームでの役割:「こうやって物事を前に進めようぜ!」担当

 

 

さごうさん

さごーちゃん(佐郷顕)

今を時めくアイテー人材。

がんとは無縁だったが、理念に共感し、

子持ちのがん患者専用のSNSサイトをばりばりと構築中。

20代前半。彼女がいるか否かはまだベールに包まれている。

チームでの役割:あいてぃー担当

 

 

 

とりあえず、今年4月~6月頃のビジネスコンテストに応募し、

あわよくば合格するまでの道のりをゆるーく連載していきます。

 

よろしくお願いします。

 


人気記事