がん患者が考える、がん患者のためのビジネス!?はたしてその行方は。。。 オンコロな人に出演頂いた胆管がん体験者の西口さんこと‘ぐっち’さん。 その軌跡をつづっていただく新コーナーがスタートです。 西口さんの体験談はコチラ(胆管がん体験者 西口洋平さん)

「子どもをもつがん患者専用のSNS」は世の中の課題を解決するか?

連載第2回:SNSを使ってもらうために

 

どうもぐっちです。

先週末、サバイバーが自分の体験を語る、「がんノート」というイベントに参加してきました。

(ちなみに、4月17日にはぐっちが出演予定です)

とりあえず、

初めてであたふたしましたが、、

微笑をうかべとけばなんとかなる、

その心意気ですごしました。

確かに、最初は緊張し、「とりあえず斜め下を眺めておく」という作戦で、

過ごしました。

image2

 

慣れてきてからは、微笑で、過ごすことができました。

image3

 

え?

 

笑っているようには、みえないですか?

 

よく口元をみてください。

image4

口角がわずかながら上がっていることが確認できるはずです。

 

「微笑のグッチ」

 

そう呼ばれるよう、これからも周知活動をしていこうとおもいます。

 

 

さて、

 

僕らは4月、5月、6月の3回、ビジネスコンテストにチャレンジします。

 

「ビジネスとして成立する可能性がある」

ということを少しでも世の中に証明できるからです。

 

そのためには、1.ユーザーを集める、2.マネタイズできる仕組みをつくる

という大きく2つのことに取り組まないといけません。

 

今日は、1.ユーザーを集めるについての取り組み、について。

3/7 週  1人でもいいから、対象となる人に入ってもらう →3/9に達成

3/14週 さらに1人でもいいからはいってもらう

3/21週 ぐっちとやりとりしてきた内容を振り返ってSNSサイトをカイゼン!

3/28 週 カイゼンカイゼン!

4/1 改善されたSNSをフェイスブックの胆管がんコミュニティに、告知

(キャンサーネットジャパンさんに協力をお願いしにいかないと)

 

こんな感じのスケジュールで考えています。

今はSNSのURLはまだ公開できず、細々と改善中ですが、

4/1か4/4週を正式リリースの日にしたいなと思っています。

 

理念に共感してくれる方を最初に集め、改善し、リリース、という作戦なので、

ぐっち&てつじの小中高大の友達、先輩、職場、仕事でのつながりなどの

手段をつかいました。

 

自分たちのパワーだけでは、

「子どもをもつがん患者」の方にお会いするのは難しいです。

 

先週なんとか1名、同じ境遇の方にお会いする予定でしたが、

スケジュールが合わず難しさを実感していました。

 

すると、

第1回目のこの連載を読んでくれた友人から、

小児がん経験者であるとの連絡をもらいました。

 

彼も子供をもつパパでした。

 

この連載がなければ、出会えていなかったと思います。

ありがとうございます。

 

4月以降、多くのユーザーに入ってもらうための、

お金のかからない方法は、他にもたくさんあります。

 

でも、少数のチームなので、時間という資源は限られています。

最も効果的な方法を今週・来週中にチームで議論して、決めようと思います。

 

(備忘)

・がん専門、あるいはがん治療に力を入れている病院にチラシ

・医師、看護師が集まるコミュニティサイトや雑誌に協力依頼

・がん関連の学会の広報誌に協力依頼

・がん保険の営業マンが読むメルマガに協力依頼

・がんと就労に取り組む企業が確か最近発表されたので、そのランキング企業に協力依頼

・マスメディアをやっている先輩友人知人に協力依頼

・保育所、託児所、児童館にチラシ、、、etc


人気記事