化学(薬物)療法

男性ホルモンの分泌や取り込みを阻害する内分泌療法が中心で、手術効果が薄れて、がんが再燃した場合は抗がん剤を使います。

前立腺がんは男性ホルモン(アンドロゲン)の影響を受けて発生し、進行するホルモン依存性がんです。逆にいえば、男性ホルモンがなければ増殖できません。この特性を利用するのが、内分泌療法(ホルモン療法)です。手術で精巣を除去する方法もありますが、一般には薬物で男性ホルモンを抑制します。

最も多く使われるのは、LHRHアゴニストというホルモン注射薬です。この薬は脳下垂体に働きかけて、精巣からのホルモン分泌を抑制します。ただ、男性ホルモンは精巣のほかに、少量ですが副腎でもつくられます。LHRHアゴニストだけでは不十分と判断された場合は、前立腺の男性ホルモン取り込みを遮断する抗アンドロゲン剤の内服を併用します。

2012年にはGnRHアンタゴニストも承認されました。LHRHアゴニストと作用機序は少し異なりますが、同じく男性ホルモンの分泌を抑えます。

副作用としては、急な発汗やホットフラッシュ(のぼせ)など女性の更年期障害に似た症状が頻出するほか、体重増加、乳房痛なども見られます。性機能も障害されます。

主な適用は転移のある前立腺がん

内分泌療法は効果の高い治療法ですが、続けているうちに効果が薄れてきます。押さえ込まれていたがん細胞が、男性ホルモンがなくても増殖する性質(去勢抵抗性)を獲得して、再び活動を始めるからです(再燃)。去勢抵抗性前立腺がんに対しては、抗がん剤、女性ホルモン剤、ステロイドなどが用いられますが、これらも効果には限界があります。

内分泌療法は根治療法ではなく、すでに転移している場合が主な対象です。しかし、高齢、持病のため手術や放射線療法が困難などの理由で早期でも内分泌療法を選ぶ例もあります。治療開始から再燃までの期間はまちまちで、場合によっては10年近く再燃しない状態を維持できます。

本コンテンツは認定NPO法人キャンサーネットジャパンが出版する「もっと知ってほしい前立腺がんのこと」より抜粋・転記しております。


人気記事