化学療法(薬物療法)について

卵巣がんは抗がん剤や分子標的薬がよく効くため、手術後に抗がん剤などを投与する薬物療法を行うのが基本です。2種類以上の薬剤を組み合わせて、がんの進行や再発を防ぎます。

TC療法は全体の約7割で効果

薬物療法の初回治療では、ごく早期の人を除いて、手術後に抗がん剤のパクリタキセルとカルボプラチンの2剤を3~4週間ごとに3~6サイクル点滴注射するTC療法が標準治療です。標準治療とは、国内外の複数の臨床試験の結果をもとに専門家の間で検討され合意が得られている、現時点で最も効果が高い最適な治療法のことです。

TC療法には、再発予防効果があり、手術でがんが取りきれなかった人でも約7割の患者さんのがんが縮小し、生存期間の延長が証明されています。基本的に手術後の薬物療法は、入院せずに外来で行われます。TC療法の点滴時間は、副作用の予防薬や生理食塩水の投与を含め約5時間です。

日本で行われた臨床試験で、パクリタキセルを毎週投与して、全体の投与量を増やすdose-dense(ドーズ・デンス)TC療法が、一般的なTC療法より再発しにくく生存期間も延長したことから、dose-denseTC療法も有力な選択肢の一つとなっています。dose-denseTC療法では、パクリタキセルの点滴を週1回行い、カルボプラチンを3~4週間に1回点滴して1サイクルとなり、これを6~9サイクル続けます。

注目されるTC療法+ベバシズマブ

また、TC療法に分子標的薬のベバシズマブを併用すると、TC療法単独よりも再発が抑えられることがわかっており、初回薬物療法の選択肢の一つとして注目されています。ベバシズマブは、がん細胞に酸素や栄養を送る新しい血管がつくられるのを邪魔して、がんの増殖を抑える血管新生阻害薬と呼ばれる分子標的薬です。

TC療法にベバシズマブを併用する場合には、パクリタキセル、カルボプラチン、ベバシズマブを3~4週間ごとに3~6回点滴投与した後、3週間に1回ベバシズマブを点滴します。ベバシズマブの単独投与は16サイクル、あるいはそれ以上続けたほうが再発を抑えられることがわかっています。
 
TC療法とベバシズマブを併用したときの点滴時間は吐き気止めや生理食塩水の投与時間も含めて6~7時間、ベバシズマブ単独のときは1~2時間程度です。この治療もやはり、一般的には外来で行われます。ベバシズマブを使った場合、頻度は低いものの胃や腸に穴があく消化管穿孔が起こる恐れがあります。特に手術直後はそのリスクが高くなるため、1回目の薬物療法ではベバシズマブは投与せず、2回目以降から併用することになっています。

TC療法が行えない場合には、ドセタキセルとカルボプラチンを併用したDC療法が候補になります。長期的な予後はわかっていないものの、短期的にはTC療法とほぼ同等の効果があるとされています。このように、初回薬物療法には、複数の選択肢があります。効果、外来化学療法を受ける頻度、治療期間、費用、出やすい副作用などは薬物療法の種類によって異なりますし、どの治療法にもメリットとデメリットがあります。

自分のライフスタイルや価値観によってどれを選ぶのか、担当医とよく相談して決めるようにしましょう。

明細胞腺がんと粘液性腺がんの薬物療法

 
明細胞腺がんと粘液性腺がんでも、現時点での標準治療はTC療法です。しかし、これらのタイプの卵巣がんにはTC療法が効きにくい傾向があります。そのため、明細胞腺がんには、イリノテカンとシスプラチンを併用するCPT-P療法、粘液性腺がんには消化器がんに有効な薬物療法が模索され、これらの臨床試験が進められています。

本コンテンツは認定NPO法人キャンサーネットジャパンが出版する「もっと知ってほしい 卵巣がんのこと」より抜粋・転記しております。