卵巣がんの治療について

どの進行期においても、まず手術を行い、できるだけがんを切除します。その後、進行期に応じて薬物療法を追加するのが基本です。 

標準化された治療法が確立されている

 
卵巣がんの治療は、日本婦人科腫瘍学会が作成した「卵巣がん治療ガイドライン」によって標準化されています。治療ガイドラインによると、卵巣がんが疑われる場合、どの進行期においても最初に手術が行われます。卵巣腫瘍が良性なのか悪性なのかを調べるためには手術で摘出した腫瘍を病理検査しなければ確実に判定できないからです。
 
手術中に行われる「術中迅速病理検査」による判定の結果、良性の場合は腫瘍が発症した卵巣を切除して手術は終了します。境界悪性と悪性の場合は両側の卵巣と子宮を摘出し、卵巣がんの転移が最も起こりやすい大網(胃から垂れ下がり、おなかの臓器を覆っている脂肪組織)を切除します。悪性の場合は、さらにおなかの中のがん細胞の有無を調べる腹腔細胞診や組織の一部を採取して顕微鏡で調べる生検(バイオプシー)も行われます。

卵巣がんが転移しやすい骨盤リンパ節と、傍大動脈(ぼうだいどうみゃく)リンパ節(後腹膜リンパ節)の切除も通常行われますが、この切除が生存期間を延長するかどうかは科学的に証明されていないため、患者さんの状態あるいは施設によって実施しないことがあります。

手術をした時点でおなかの中にがんが散らばっている(腹膜播種/はしゅ)ときは、がんをできるだけ摘出する腫瘍減量術が行われます。卵巣がんはがんの取り残しが少なければ少ないほど予後がよいことがわかっています。また、手術後に行う薬物療法もより効きやすくなるといわれています。

手術後に薬物療法を実施するのが基本

卵巣がんは抗がん剤がよく効くので、このような手術を行った後に薬物療法を追加するのが標準的な治療です。ⅠA期・ⅠB期の高分化型がん(最も悪性度の低いがん)の場合は経過観察となりますが、それ以外の場合は薬物療法を行うことになります。

また近年は、おなかの中にがんが散らばっていて、手術ではがんの取り残しが予測されるような場合は、手術前に抗がん剤を投与し、がんを小さくしたうえで手術を実施する術前化学療法も行われています。新しい治療法なので、慎重に検討していく必要はありますが、術前化学療法は進行卵巣がんの治療戦略の一つとして考えられるようになっています。

本コンテンツは認定NPO法人キャンサーネットジャパンが出版する「もっと知ってほしい 卵巣がんのこと」より抜粋・転記しております。