新型コロナウイルスの流行に伴うイベントの開催可否について

肺がんの新着ニュース


  • [公開日]2017.04.17
  • [最終更新日]2019.01.23

肺がんの新着ニュースをご紹介しています。

肝臓がんまたは肺がん患者さん アプリに関するインタビューにご協力ください

2020.10.16

  • リサーチ
  • 肝臓がん
  • 肺がん

インタビューに参加協力頂ける肝臓がんまたは肺がんの患者さんを募集しています。参加検討いただける方は、以下内容を確認頂き、「アンケートを開始する」ボタンを押してアンケートにご回答ください。 概要 ■対象 ...

【治験広告】第1・2世代EGFR阻害薬の治療後に増悪した、T790M変異陰性の肺がん患者さんを対象とした分子標的薬の治験

2020.10.01

  • 肺がん
  • 臨床試験(治験)一覧
  • 臨床試験(治験)広告一覧

本ページは、近畿大学病院(治験調整医師 腫瘍内科 中川和彦)からの委託による治験広告です。 また、治験を実施する実施医療機関の審査・承認を受けたものを掲載いたします。 はじめに KISEKI tria ...

T790M遺伝子変異を有するEGFR陽性非小細胞肺がんに対するアファチニブ、オシメルチニブ、治療選択肢として有望な結果

2020.09.28

  • ニュース

9月2日、独ベーリンガーインゲルハイム社は、T790M獲得遺伝子変異を有するDel19/L858R EGFR遺伝子変異陽性(EGFR M+)の非小細胞肺がん(NSCLC)患者への治療法について、リアル ...

新たなシークエンサーを活用したゲノム解析で新規ゲノム異常を発見

2020.09.24

  • ニュース

9月5日、東京大学大学院新領域創成科学研究科は、ナノポアシークエンサーを活用し、従来より長く遺伝子全体(ゲノム)の塩基配列を解析する方法を開発し、肺がんの検体において今まで発見できなかったゲノム異常を ...

EGFR-TKI治療後に病勢進行したEGFR T790M遺伝子変異の進行性非小細胞肺がんに対するタグリッソ単剤療法、全生存期間26.8ヵ月を示す

2020.09.23

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・EGFR-TKI治療後に病勢進行したEGFR T790M遺伝子変異の進行性非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・タグリッソ単剤療法の有効性・安全性をペメトレキセド+カルボ ...

MET遺伝子増幅および/またはMETエクソン14スキッピング変異進行非小細胞肺がんに対するカプマチニブ単剤療法、良好な抗腫瘍効果を示す

2020.09.17

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・MET遺伝子増幅および/またはMETエクソン14スキッピング変異を有する進行非小細胞肺がん患者が対象の第2相試験 ・カプマチニブ単剤療法の有効性・安全性を比較検証 ・全奏効 ...

MET遺伝子エクソン14スキッピング変異陽性の切除不能進行再発非小細胞肺がんに対するテポチニブ単剤療法、客観的奏効率46%を示す

2020.09.16

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・MET遺伝子エクソン14スキッピング変異陽性の切除不能進行再発非小細胞肺がん患者が対象の第2相試験 ・テポチニブ単剤療法の有効性・安全性を比較検証 ・客観奏効率は46%、奏 ...

世界初のスイッチ抗体STA551、非臨床の研究結果を米国科学誌で発表

2020.09.07

  • ニュース

8月26日、中外製薬株式会社は同社独自の抗体エンジニアリング技術「Switch-Ig」を用いた世界初のスイッチ抗体「STA551」に関する非臨床研究の成果が米国癌学会(AACR)発行のジャーナル「Ca ...

局所進行性/転移性非小細胞肺がんの1stラインに対するSintilimab+アリムタ+化学療法併用、無増悪生存期間を改善

2020.09.07

  • ニュース

この記事の3つのポイント ・局所進行性/転移性非小細胞肺がん患者が対象の第3相試験 ・Sintilimab+アリムタ+化学療法の有効性・安全性を比較検証 ・無増悪生存期間はSintilimab投与群の ...

MET阻害薬タブレクタ、切除不能な進行/再発非小細胞肺がんの治療薬として発売

2020.09.04

  • ニュース

8月26日、ノバルティスファーマ株式会社は、タブレクタ(一般名:カプマチニブ塩酸塩水和物、以下タブレクタ)錠150mgと同錠200mgをMET遺伝子エクソン14スキッピング変異陽性の切除不能な進行・再 ...