検査と診断

頭頸部がんは、問診、視診、触診、喉頭鏡や内視鏡を用いた診察を行ったうえで、疑わしい組織の一部を採取し、顕微鏡で病理検査をして、確定診断します。超音波検査やCT、MRIなどの画像検査で、がんの広がりやリンパ節転移の有無も調べます。

頭頸部がんは、首のリンパ節の腫れやしこり(痛みを伴わない)、口やのどの痛み、声がれ、飲み込みにくさなどの自覚症状から、またほかの病気の診察時、検診や人間ドックなどでの上部消化管内視鏡検査で発見されることがよくあります。

診察では問診、目で観察する視診を行い、がんが触れられる部位であれば触診します。中・下咽頭がんでは丸い小さな鏡が付いた喉頭鏡を口に入れて、喉頭がんでは喉頭鏡検査のほか、鼻から入れる喉頭ファイバースコープで鼻やのどを観察します。さらに局所麻酔をかけたうえで疑わしい組織の一部を切除し、顕微鏡でがん細胞の有無を調べる病理検査を行って確定診断します。

下咽頭がん、喉頭がんでは病理検査用の組織の採取には内視鏡を用います。確定診断後は、超音波検査でリンパ節転移の有無を、CT(コンピュータ断層撮影)検査やMRI(磁気共鳴画像)検査、PET(陽電子放出断層撮影)-CTなどでがんの広がりの程度を調べます。

また、中・下咽頭がんでは、胃がんや食道がんの合併(重複がん)の有無を上部消化管内視鏡検査でチェックします。

本コンテンツは認定NPO法人キャンサーネットジャパンが出版する「もっと知ってほしい 頭頚部がんのこと」より抜粋・転記しております。