食道がんとは

食道とは、のど(咽頭)と胃をつなぐ、長さにして約25cm、太さは約3cm、厚さ約4mmの管状の臓器です。食道の大部分は胸にあり、そして、首や腹部にも一部あります。食道は、身体の中心部に位置し、気管や背骨、心臓、大動脈や肺に囲まれ、食べ物が口から入ったときに胃に送る役割を果たしています。

食道の内側の壁は、外側に向かって粘膜、粘膜下層、固有筋層、外層の4つの層に覆われています。食べ物が通りやすいように粘液を分泌する粘膜、粘膜の下、筋層との間に血管やリンパ管などの粘膜下層があります。食道の壁は、食べ物を送るために動かす役割が必要なため、主に筋肉でできています。

食道は、食物を飲み込むと重力で下に流れるとともに筋肉でできた食道の壁が動いて食べ物を胃に流し入れる役割を果たします。食道の出口は、胃の中のものが逆流しないような仕組みになっています。主に筋肉でできた食道は、食べ物を胃に運び、逆流しないような食物の通り道です。

食道がんとは、食道の粘膜から発生するがんの種類です。消化管のがんのなかでは、比較的悪性度の高いがんだと言われています。多くの日本人の食道がんは、食道の中央付近から発生しています。そして、1/4が食道の下部に発生します。食道がんは、食道の内面を覆っている粘膜上皮から発生し、その食道がんの90%以上が扁平上皮(しんぺいじょうひ)とよばれ、体の表面や食道などの内部が空洞になっている臓器の内側の粘膜組織から発生するがんであると言われています。

食道の粘膜から発生したがんは、大きくなるにつれて粘膜下層、その下の筋層に広がります。より大きくなった物は、食道の外まで広がります。食道付近には、気管、気管支、肺、大動脈、心臓が隣接しているのでこれらの臓器に広がる恐れがあります、また、腹部や首のリンパ節に転移する恐れもあります

食道がんの原因

食道がんの原因は、喫煙、飲酒、嗜好品(甘いものや辛いもの)と関連していると言われています。毎日30本以上のたばこを吸う人や、人体にとって適量であると言われている1.5合の飲酒(ビールで500ml、アルコール度数14度のワインであれば、1/4本)以上の飲酒をしている人と比較すると、たばこを吸わない、お酒を飲まない人の40倍もリスクが高くなるとされています。特に喫煙の食道がんに対する危険率は、約50%と高い値が報告されています。また、遺伝との関連も指摘されており、年齢が若い人であっても、家系に食道がんの患者さんを有する場合は、リスクが高まると考えられています。しかし、食道がんの原因として挙げられている喫煙や飲酒の生活習慣が、親から子へ引き継がれている場合も考えられるので、直接的に遺伝との関連は言い難いかも知れません。しかしながら、食道粘膜を傷つけるような生活習慣は避けたほうが無難でしょう。

食道がんの症状

食道がんの症状は、初期にはほとんど自覚症状としてあわられない場合が多く、初期にがん細胞が発見される場合は、人間ドッグなどの健康診断や定期検診において発見される場合が多いことがわかっています。

自覚症状が出る場合には、食事のときにのどに食物がつかえる感じがする、しみる、体重が減る、声がかすれるなどの嗄声(させい/声の音質異常)、食物を飲み込むときに咳き込むといった症状が主にあらわれます。

食道がんの発生初期には、ほとんど無自覚な場合が多いですが、まれに刺激物(辛い、すっぱい)を食べたときにしみるような感覚を感じる場合があります。食道がんが進行している場合に顕著なのは、食物のつかえ感です。食道がんの患者さんの約70%の人が食物のつかえ感を訴えるとされています。

また、声帯を動かす神経である反回神経にがん細胞が広がった場合には、声がかすれる嗄声という症状が見られます。食道は、気管、気管支、肺などの気道系と隣接しているため、がんが気道系に広がると、食道気管支瘻になることもあります。

食道がんの疫学・統計・5年生存率

食道がんは、40歳代後半以降増加し始める傾向にあり、男女比は、6:1または、7:1で男性に多いとされています。これは、喫煙や飲酒の程度が女性よりも男性の方が多い影響もあるかもしれません。また、食道がんによる死亡率は、厚生統計局「国民衛生の動向」によるとがんによる死亡の第6位(人口10万人に対して8.9人)と報告されています。

食道がんの5年生存率は、全種類のがんの平均よりもすべてのStageで下回っており、約50%です。平均よりも予後が悪く、死亡率の高いがんです。この背景には、食道がんの発生初期には、自覚症状がほとんどあらわれることがなく、自覚症状が現れるころにはステージが進んでいること、また、食道は壁が薄く、さまざまな臓器が隣接しており、浸潤・転移しやすいことから死亡率が高いと考えられています。

リンパ節転移が見られると、5年生存率は約20%程度になると報告されています。しかし、反対に、人間ドックなどの検診で早期に発見できた場合の粘膜内にがん細胞がとどまっている段階(Stage0)で治療を開始した場合には、ほぼ100%完治することもわかっていますので、定期的に上部消化管内視鏡検査を受けるなどして早期発見を心掛けるのが大切です。


人気記事