化学(薬物)療法

子宮頸がんに対する薬物療法(化学療法)は、主に遠隔転移のある場合(ⅣB期)や再発した場合に行われます。シスプラチンを基本とした多剤併用療法が主流です。抗がん剤は、盛んに細胞分裂を繰り返し増殖するがん細胞に作用して死滅させます。経口、あるいは血管または筋肉内に注射で投与された後、血流に乗って全身を巡り、子宮頸部を越えて広がったがんにも効果を発揮します(全身療法)。薬物療法は、がん細胞が原発部位の子宮頸部周囲にとどまらず、遠く離れた臓器に広がっている遠隔転移がん(ⅣB期)や、骨盤内に再発して過去に放射線療法を行っている場合や、骨盤外に再発した場合に行われます。  

シスプラチンベースの多剤併用療法が有効

抗がん剤の種類としては、これまでの報告から、子宮頸がんにはシスプラチンという注射薬が最も効果が高いとされ、それと作用機序が異なる抗がん剤を同時に併用する多剤併用療法が行われています。現在、シスプラチンとパクリタキセルの併用が標準的で、カルボプラチンとパクリタキセルの組み合わせも使われるようになりました。抗がん剤は正常な細胞にも少なからず影響を及ぼすため、さまざまな副作用が現れます。

特に新陳代謝の盛んな細胞である髪の毛、口や消化管の粘膜、骨髄などが影響を受けやすく、脱毛や口内炎、下痢、骨髄抑制などが起こります。抗がん剤による治療は、日常生活にがんの影響が少なく、肝臓や腎臓、骨髄などの機能に大きな問題がない患者さんが対象ですが、副作用がひどければ、治療薬の変更や治療の休止なども検討されます。治療による副作用や適切な対処法をあらかじめ知っておくことが大切です。

本コンテンツは認定NPO法人キャンサーネットジャパンが出版する「もっと知ってほしい子宮頸がんのこと」より抜粋・転記しております。